TOP > しべたんさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)
表示
一覧
個別

絞り込み:

563件中 1〜5件表示

しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿563
キリアン / ル ルージュ パルファム サテン

キリアン

ル ルージュ パルファム サテン

[口紅]

本体価格:6,200円発売日:2019/11/8

6購入品

2021/1/9 12:13:30

ル ルージュ パルファムは全く同一のシェード展開でマットとサテンがありますが、昨年7月にサテンを2本購入。
色は、
160 テンプティングローズ
162 ローズクリュエル

濃密で高発色、順当に高品質の口紅です。
中身だけなら4000円台でも対抗しうる製品は山とありますが、やはり香りとパケが付加価値。
本製品のシェード群は全体にビビッドまたはダークな、インテンスカラーが多いです。
その中ではデイリー使いしやすい、相対的には最も低彩度・中明度の2色を購入しましたが、あくまで相対的にであって、この160/162もフォーマルでも十分対応できる色です。

160と162は、ちょっと薄暗いところで見ると見分けがつかないほど近似色に見えますが、実際の発色は黄み/青みの色で、かなり対照的です。

【色】
160 テンプティングローズ
ローズの色名ですが、黄みのコーラルに近い色。
百貨店通販等の色見本では青みのようにも見えますが黄みの色です。
パーソナルカラーはイエローベース春向け。
私はブルーベース夏ですが、イエローベース色のポイントメイクもよくします。ティッシュオフで発色を調整したり、アイメイクとのバランスを工夫して使う必要あり。でも「似た2色」の違いを手元でじっくり確かめられて収穫だったので満足です。

162 ローズクリュエル
ややくすみの青みローズです。青みは極端すぎず、やや暗さがあるので落ち着いており、浮かずに使いやすい色。ブルーベース夏にはラインナップ中、一番合う色でしょう。
私はやはりこちらの162を主に使う事となりました。自然と手が伸びますね。

【香り】
言うまでもなく、この製品を特徴づけている要素ですが。
ラブドントビーシャイの香りがつけられています。私はフレグランスの方は試香のみ(近日購入予定)なのですが、とても好きな香り。グルマン系の香りなので、口紅との相性も◎です。強度は、よほど強い着香かと思いきやそうでもなかった。90年代位までの外資系の口紅は、飲食したらその味をかき消して口紅の味と香りしかしないほど強烈なものが多かったですが、それと比べたら遥かに控えめです。
付けた直後はよく香りますが、徐々に減じて時間が経つともう気にならない程度。
好きな香り、ほどよい強さというのはもう理想的ですね。

ところでこの製品を、着香された口紅が苦手な人がわざわざ買う事はないと思いますが、プレゼントにする場合は、相手の好みを十分確認した方がいいです。口紅の香りは徹底してNGという人は本当に多いですので。

【質】
こちらのサテンは、ハーフマット程度のツヤ感。
順当に、なめらか、色持ちもそこそこ良く、不満な点は特になし。

【パケ】
とてもいいと思います。
古代遺跡の神殿の柱みたいですね(笑)。
この意匠は、キリアンのボトルやトラベルスプレーに使われているものと共通と思いますが(何か正式名称があったと思いますが失念)、ボーダー状になっている立体文様が、蓋と本体の境目をカムフラージュして、まるで一塊に繋がっているように見えます。
フタに本体全体を収納する形のルージュ(Diorのルージュアディクト、シャネルのルージュアリュールなど)ではないのに「1本の棒」のように見える製品は私は他にはあまり知らないです。
高級感に不可欠な「重量」も大変優れています。
キリアンの口紅は心地よいズッシリ感があり手になじみます。何かに挿さずに立ててもこの重みのおかげで安定する位。

【他】
キリアンは香水以外の製品もこれから増えていくという情報を見ました。
もしかすると、香水ブランドから徐々に総合コスメブランドになっていくのかなと感じています。
トムフォードと似ていますよね。
この口紅はTFの「リップカラー」と同価格。
トムやキリアンご本人がビジュアルイメージに登場するところ、トムフォードも最初は香水のみからスタートした(日本上陸はコスメがフルライン揃ってからですが)、両方エスティローダー、日本語公式サイトがなぜかないところ。
次に出るキリアンのアイテムは何なんでしょうか。キリアンは、製品には必ず香りを付けるという事なので、トムほどのフルラインナップにはならず、双方棲み分けしていくのでしょうか。
私の勝手な願いとしては、次はルースフェイスパウダーを出してほしいです。
何も乗ってないドレッサーの上に、それらしくなるように3つアイテムを置くとしたら?
「香水、口紅、おしろい」私ならこの3つを載せます。香粧品の象徴はこの3アイテムだと思っているから。
ドレッサーを一度スッキリ片付けキリアンの3アイテムをシンプルに置いてみたいかな、と。余談失礼いたしました。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿563
シャネル / ガブリエル シャネル エッセンス オードゥ パルファム (ヴァポリザター)

シャネル

ガブリエル シャネル エッセンス オードゥ パルファム (ヴァポリザター)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:50ml・13,000円発売日:2020/4/3

6購入品

2020/10/17 12:54:34

50ml購入。とても気に入ってます。2017年に発売された「ガブリエル シャネル」の派生であり、日本では今年の4/3に発売されました。シンプルで、明るく、透明感のあるホワイトフローラルの香り。ややフルーティなアクセントが添えられています。ラストまで香りは濁らず綺麗に消えていく。なお、オリジナルのガブリエルより私はこちらの「エッセンス」の方が遥かに好きです(個人的な好みであって、香りの優劣ではありません)。私にとっては、オリジナルのガブリエルの好きな部分だけを切り取ったような香りで、かなり愛用できそうです。

※このフレグランスの正式名称?は、「ガブリエルシャネル エッセンスオードゥパルファム」ですが、以下「エッセンス」と略します。

<香り>
シトラスやフルーツ、かすかにアクアティックさを含んだトップは数分ほどちょっとファッションフレグランス的ですが、ほどなくしてホワイトフラワーが花開いてくるとほどよい落着きと華やかさを兼ね備えた綺麗なフローラルブーケになっていきます。
エレガントで都会的洗練を感じさせる香りですが、お高くとまっていたりピリピリとした神経症的な要素はなく、心を明るくリラックスさせてくれる香り。

オリジナルのガブリエルと同じく主軸となっている4つの花:オレンジフラワー・ジャスミン・イランイラン・チュベローズは同じだそうですが、チュベローズがオリジナルの10倍強化されているとの事で、確かによく香ってきます。チュベローズ以外は渾然一体のブーケ調となって個々の判別はできない中、チュベローズはよく分かる。
(ここまで強化してもチュベローズによく含まれるモヤっとした雑味が無いのですが、その理由としてシャネルのチュベローズアブソリュートの抽出法が優れているからという、本フレグランスについて書かれた海外ライターの記事がありました。(フレグランティカ、2019/7/31のSophie Normand氏の記事:“Chanel, L'Essence: A More Voluptuous Variant of Gabrielle New Fragrances”)

ラストノートらしいラストはないまま、香りは徐々にフェードアウトしていく消え方です。
オリジナルの方が、ラストノートはかなり強め。私はエッセンスの方が好きです(何度も書きますが、純然たる個人的好み)。

拡散も比較的控えめで、扱いやすい香りだと思います。
年齢も問わないと感じます。
トップのみちょっと若いかな〜と思いますが、ハートノートはトーンが高すぎも低すぎもしない。重すぎず軽すぎず。若すぎでもマダムすぎでもない。チュベローズが主体だからといって無駄にセンシュアルすぎる事も全くない。昼でも夜でも似合いそう(仕事向きではないですが)。なんというかバランスの取れたニュートラルな香り。かといってキャラクターが弱いとも私は思わない。なんだか不思議な感じです。

<他>
ボトルと液色の色彩がオリジナルより濃い事で、オリジナルより重い香りと思われるかもしれませんが、実際にはオリジナルより透明感がある(しかし「薄い」わけではない)。

日本では緊急事態宣言発令の数日前の4/3に発売されたこともあって、存在を知らない方ももしかしたら多いかもしれませんが、ぜひ一度試してみて頂きたい香りだと思っています。
ここ数年の、全国全カウンターで発売された香りには、かなり辛口評価が多かった私ですがこのガブリエルエッセンスは久しぶりにとても気に入った香りでした。
綺麗めのスタイルで瀟洒な街を歩くにももちろん適している香りですが、私は仕事から帰宅して気分を切り替えてリラックスする為の用途にも今、大いに活用しています。
かねてから書いていますように、アロマテラピーとフレグランスを混同するのは好きではないのですけれど、チュベローズのリラックス作用や心を明るくしてくれる作用、あまりにそのまんまなので驚いています。

エフォートレスな香りであるガブリエルエッセンス。品質も良く汎用性が高く、今の時代の空気に良い意味で適合していて、中々おすすめできる香りではないかと思っています。

<画像>
右の画像は、オリジナルのガブリエルと並べてみました。キャップ・ラベル・液色とも「エッセンス」の方が濃いです。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿563
シャネル / ル ライナー ドゥ シャネル

シャネル

ル ライナー ドゥ シャネル

[リキッドアイライナー]

本体価格:2ml・4,300円発売日:2020/7/17

6購入品

2020/8/15 14:00:12

新製品として定番3色・限定4色がまず発売されましたが、私は限定から3色を購入。大変良いアイライナー。とても気に入ってます。
ラインを引きやすく、質感も非常に綺麗。
このライナーをプラスするだけでベーシックなアイシャドウも華やかさと深みがプラスされ大変重宝です。
私はアイシャドウは、抑え目の質感(マット〜サテン)が好きですので、さりげなくアレンジ・ニュアンスチェンジをしてくるこのようなライナーはアイシャドウパレットを新調するよりも効果的だったりします。

【購入色】
518 モーヴ メタル ・・・暗めのパープル
522 ブロンズ ドレ・・・ブロンズ(明るめのブラウン)
524 グリ アルジャン・・・暗めのグレー
質感はどれもメタリックカラーです。なので524はシルバーとも言えます。

518モーヴメタルもやや暗めで「紫感」は強くない為、3色すべてベーシックカラーの感覚で使え、アイシャドウともコーディネートしやすいです。
個人的な一番のお気に入りは522 ブロンズドレ。かつて愛用していた数品のペンシルライナーに似た色と質感で、リキッドで出会えるとは思っていなくとても嬉しかった色番です。在庫があるうちにストックを買うが考え中。なお522のみ店舗も限定(オンラインは全色取扱)という事です。

【描きやすさ】
大変良好です。とてもラインが引きやすい。
私はリキッドライナー自体、40代終盤からのデビュー、今まで使用したことのあるリキッドライナーはとっつきやすいイメージから筆ペンタイプばかり使用してきました。
もう今は使用に十分熟達しまたし、それらも大変使いやすかったですが、シャネルのこれはラインの引きやすさが更に優っていました。
この、液を筆に付けて引くタイプが一番使いやすいという話は聞いた事があったのですが本当でしたね。(もちろん、ものによって全然違うであろうと思います。)
シャネル公式サイトの解説から引用すると、
「手元が安定しやすいフェルト チップで、均一で流れるようなラインが簡単に描けます。」
との事ですが、まさに看板に偽りなしでした。
リキッドライナー初心者の方は、筆ペンタイプより本品から入った方がいいのではと思う位。

【モチ】
ラインを引いた後の乾きは速く、乾いた後は少々のこすれには強い。
ただ、多量の水分には弱い。濡れた手で触ったりするのはNGです。
湿気程度であれば、この(超)高温多湿の環境で外を歩き回ってもほとんど崩れはないので強いと思います。
今まで使ったリキッドライナーは皆こういう感じの性質だったのでわたし的にはOK。
クレンジングはその分たやすく、負担にならないので良いと思います。

【他色】
TUできない昨今ですが、店頭で紙に色を出して頂いた中では、定番の516ルージュヌワールが大変魅力的でした。深みと紫みのあるバーガンディーで、目元がとても秋らしく、今年らしくなりそうで購入候補です。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿563
SUQQU(スック) / パウダー ブラッシュ コンパクト

SUQQU(スック)

パウダー ブラッシュ コンパクト

[パウダーチークメイクアップキット・パレット]

本体価格:16g・8,500円発売日:2020/8/1

7購入品

2020/8/7 13:56:02

発売情報を見た瞬間、購入を決めた多色チークパレット。
チーク色4色、ハイライトカラー2色のセットです。
結果、やはり大満足のパレットでした。メイク研究にも◎。

容量は16.5グラム、一色当たりでいえば2.75g。
ブルーベース夏の私には元来難しい下3段にむしろ惹かれました。私同様、ご自身のPCと違う色が入っている事こそが購入理由という方が多いのではないでしょうか。
欲しくても撃沈/お蔵入りする可能性の方が高いチークを、単色で(スックのレギュラー品の場合7.5g入り5500円(ハイライトとセットですが))購入する事は中々勇気が要る事ですから。セット品であれば、「ベストカラーからかなり離れてるけど常々欲しいと思ってる」色も、大手を振って(?)試す事が可能です。
そういう色はプチプラで試せば?というお声もありましょうが、異論はあるとは思いますが低価格帯と高価格帯のチークは、色出しのみならず、質感やモチ、メイクの完成度が著しく違う事が多いので、解決策とは私にはなりません。これは年齢が上がるごとに実感されている方が多いと思っています。

【色】 
上段、左から
<左>低彩度ローズ。グレイッシュなベージュローズ、ベージュビンク。アンティークな雰囲気で色自体に物語性があって全色の中で一番気に入ってます。ブルーベース夏向きですが、くすみが強いと似合わなくなる方にはベストとまでは言えないかもしれません。

<中央>高彩度ローズ。ビビッドというよりはわずかに黒みの入ったストロング〜ディープトーンの印象が、SUQQUらしいですしA/Wの雰囲気を醸し出しています。
ブルーベース冬向きで、私は量に気を付けてふわっと入れる必要ありです。

<右>明るめのシェルピンクで黄みのライトピンクですが、ブルーベースの多くの方にも難なく合う色です。ハイライトカラーが最もシマー質感ですが、大粒ラメは入っていない。


下段、左から
<左>テラコッタブラウン。セットの中で正に最も秋色。イエローベース秋向き。明るすぎず暗すぎず。私は似合うかの側面でいえば大変な鬼門色ですが、色としては大好き。右上のハイライトと重ねてなど工夫して、この秋冬使い切る位の気概で使いたいです。

<中央>ソフトトーンとダルトーンの中間のような絶妙オレンジ。セットの中での比較でいえば彩度はやや高めです。イエローベース春、秋の方どちらも似合いそう。これは、もう今の夏に纏いたいオレンジメイクに使っても違和感なしです。早速付けてみましたが、私にはベストとはいえなくても、上質なオレンジカラーが頬を彩ってくれて大満足でした。引きつづき秋も使います。

<右>シマーなサンドベージュ。イエローベース秋向き。これは、色としては大変良く大好きですが、私の場合ハイライトには暗すぎ、シェーディングにするにはシマーなので私には違う。(シェーディングマット質感のものを使います。シマーは、基本的には「出っ張って見せたい」ところに使うものなので。絶対ではないですが。)
なので私はアイカラーとして使います。なお他の色も全色アイカラーとして使えると思います。
勝手な欲を言えばこの色はゴールドをセットしてほしかったですが、そうすると同時発売のマルチグロウスティックの102とかぶっちゃうからかな。

総じて、チーク色4色はPCCSのトーンでいえばストロング、ソフト、ダル、ディープの範囲で更にその中間的なくすみ感を選んでいるような大変絶妙なカラー。
ハイライトを除くチーク4色のPC4シーズン、もう一度ざっくりいうと
夏 冬
秋 春
のパレット上での位置関係です。

【質感】
右2色のハイライトはパーリーなシマー質感ですが、大粒ラメはなく上品です。
チーク4色、バールは入っているんですが(こういった処方で絶妙に立体感が出るのだと思います)、頬での実質の質感はマットに近い。
オイル入り処方との事でしっとり吸い付くような質感。かなりの高発色。

【総評】
SUQQUかつ秋冬ものなので重厚感のある色と質感の設計。でも右2色、得に右上のライトピンクを重ねる事により、PC春夏タイプの方にも明度調整しやすいのが魅力。スキ無しに近いパレットですね。なかなかこういった高品質な多色チークパレットは出ないと思います。
これで税込み1万を切るのは大変お買い得だと感じます。そこも購入の大きなポイントで、たとえば1万円台後半などであれば、半分の色は厳しいから、やめた・・・となっていたと思います。
なお、付属ブラシ等はありません。
限定品ですが今のところ在庫はあるようでホッとしています。
こういった良いものはひとりでも多くの方にいきわたってほしいです。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿563
シャネル / クリスタル オードゥ トワレット (ヴァポリザター)

シャネル

クリスタル オードゥ トワレット (ヴァポリザター)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:60ml・8,000円 / 100ml・10,200円発売日:-

ショッピングサイトへ

7購入品

2020/6/13 07:53:45

最近とても愛用している香りです。今更ですが、こんなに良い香りだったとは驚き。クリスタルは本当に、「灯台もと暗し」の香りでした。あくまでトワレとしてですが星7。
知ってはいたのに、なんで今まで忘れていたのか、手に取ろうと(所持しようと)思わなかったのか。身近に居て、価格も手ごろなのになぜか縁のないまますれ違って何十年も隔たっていた、でも手にしたとたんにその年月が溶かされていくような、そんな素敵な香りでした。
同じアンリ・ロベールの手掛けた19番の面影もどこかしらありますね(発表年も4年しか違わない。なお19番は昔から大好きな香りです)。

1974年の発売当初は若さの弾けるフレッシュな香りだったのでしょうが、ベースが古風なシプレであるクリスタルは、今はミドルエイジ以降に向いている香りです。ともあれ私のこの夏のメインの香りになりそうです。
元々オードゥトワレットとして調香された元祖クリスタルは、身だしなみ用品のカテゴリであってアート作品では本来ないです。でも波長の合うフレグランスを嗅いだ時の、心の中から虚しさや哀しさが消えていく感覚、それをクリスタルは見事に実現してくれました。


クリスタルEDTの調香師はシャネル2代目専属調香師のアンリ・ロベール。

シトラスのフレッシュさと、シプレの潜んだフローラル。シトラスや明るいフローラルと、モスやウッディのアーシー要素がみごとにコントラストをなして、トワレながらも一つ
の絵あるいは映像を完成させています。木漏れ日の煌めきやそよ風を感じさせるのに都会的でもある。正反対の要素、甘辛バランスを絶妙にまとめ上げた名作です。
甘さもあるのに媚びは欠片も無し。男性も余裕で使えると思います。
まぁこれとて抽象的すぎますが・・・結局言い表せません(笑)。
クラシック香まではいかないものの、ややレトロな本品は今風の香りとは違います。
クリスタルの香りは、若年時分は、私の年齢からしても「やや歳上〜親世代が使う香り」のイメージでした。(発表年の1974年は私は7歳です)
子供時代に(鏡台というよりは洗面台から)なんとなく香ってきたり、大人たちから香っていた香りのように思います。必ずしもクリスタルでなくとも同時代の香りの主流は共通香調である事が多いですので。
(ところで19番も、80年代位までは若々しい香りに分類されていましたが、今やマダム香の扱いですもんね)
とにかく、全国のシャネルカウンターで試せる香りなので興味があれば試香するのが一番早いですね。

香りの遷移は早くて、私の肌ではシトラスとフローラル、モスが最初の一吹きから全部出ますが、最初ほどフレッシュ、ミドルで一番甘く(でも本当にさっばり系のヒヤシンスやハニーサックル)、ラストがアーシーかつほのかな甘さ、という感じです。
拡散が強すぎなくて扱いやすい。
シャネルの香りで初めて使い切れるんじゃないかなと思います。

それにしてもトワレとはいってもクリスタルのような素晴らしい香りがこの価格とは、質に比して高すぎるものが多い近年の香水の相場を考えると破格のお得さだと私は感じます。

次は、後年(1993年)制作されたジャックポルジュ作のクリスタルEDPも購入してみるつもりでいます。
でも、オリジナルであるところのトワレはやはり良いと思います。
1970年代から存続する香りというのは市場には大変稀なものとなってきました。願わくば末永く販売されていてほしい香りです。


余談ですが、アンリ・ロベールは、ギ・ロベール(名香を多く手掛けている調香師です)のおじだったのですね。最近まで知りませんでした。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

563件中 1〜5件表示

しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

しべたん さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・54歳
  • 肌質・・・混合肌
  • 髪質・・・硬い
  • 髪量・・・多い
  • 星座・・・射手座
  • 血液型・・・未選択
趣味
  • ファッション
  • エステ・リラクサロン
  • 読書
  • インターネット
  • 食べ歩き

もっとみる

自己紹介

コスメ、それは【うつくしくたのしくすてきなもの】であると同時に、どうする事もできない【女性(または人)としての業(ごう)】を感じさせるもので、その【光… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ