TOP > しべたんさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)
表示
一覧
個別

絞り込み:

560件中 1〜5件表示

しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿560
SUQQU(スック) / パウダー ブラッシュ コンパクト

SUQQU(スック)

パウダー ブラッシュ コンパクト

NEW

[パウダーチークメイクアップキット・パレット]

本体価格:16g・8,500円発売日:2020/8/1

7購入品

2020/8/7 13:56:02

発売情報を見た瞬間、購入を決めた多色チークパレット。
チーク色4色、ハイライトカラー2色のセットです。
結果、やはり大満足のパレットでした。メイク研究にも◎。

容量は16.5グラム、一色当たりでいえば2.75g。
ブルーベース夏の私には元来難しい下3段にむしろ惹かれました。私同様、ご自身のPCと違う色が入っている事こそが購入理由という方が多いのではないでしょうか。
欲しくても撃沈/お蔵入りする可能性の方が高いチークを、単色で(スックのレギュラー品の場合7.5g入り5500円(ハイライトとセットですが))購入する事は中々勇気が要る事ですから。セット品であれば、「ベストカラーからかなり離れてるけど常々欲しいと思ってる」色も、大手を振って(?)試す事が可能です。
そういう色はプチプラで試せば?というお声もありましょうが、異論はあるとは思いますが低価格帯と高価格帯のチークは、色出しのみならず、質感やモチ、メイクの完成度が著しく違う事が多いので、解決策とは私にはなりません。これは年齢が上がるごとに実感されている方が多いと思っています。

【色】 
上段、左から
<左>低彩度ローズ。グレイッシュなベージュローズ、ベージュビンク。アンティークな雰囲気で色自体に物語性があって全色の中で一番気に入ってます。ブルーベース夏向きですが、くすみが強いと似合わなくなる方にはベストとまでは言えないかもしれません。

<中央>高彩度ローズ。ビビッドというよりはわずかに黒みの入ったストロング〜ディープトーンの印象が、SUQQUらしいですしA/Wの雰囲気を醸し出しています。
ブルーベース冬向きで、私は量に気を付けてふわっと入れる必要ありです。

<右>明るめのシェルピンクで黄みのライトピンクですが、ブルーベースの多くの方にも難なく合う色です。ハイライトカラーが最もシマー質感ですが、大粒ラメは入っていない。


下段、左から
<左>テラコッタブラウン。セットの中で正に最も秋色。イエローベース秋向き。明るすぎず暗すぎず。私は似合うかの側面でいえば大変な鬼門色ですが、色としては大好き。右上のハイライトと重ねてなど工夫して、この秋冬使い切る位の気概で使いたいです。

<中央>ソフトトーンとダルトーンの中間のような絶妙オレンジ。セットの中での比較でいえば彩度はやや高めです。イエローベース春、秋の方どちらも似合いそう。これは、もう今の夏に纏いたいオレンジメイクに使っても違和感なしです。早速付けてみましたが、私にはベストとはいえなくても、上質なオレンジカラーが頬を彩ってくれて大満足でした。引きつづき秋も使います。

<右>シマーなサンドベージュ。イエローベース秋向き。これは、色としては大変良く大好きですが、私の場合ハイライトには暗すぎ、シェーディングにするにはシマーなので私には違う。(シェーディングマット質感のものを使います。シマーは、基本的には「出っ張って見せたい」ところに使うものなので。絶対ではないですが。)
なので私はアイカラーとして使います。なお他の色も全色アイカラーとして使えると思います。
勝手な欲を言えばこの色はゴールドをセットしてほしかったですが、そうすると同時発売のマルチグロウスティックの102とかぶっちゃうからかな。

総じて、チーク色4色はPCCSのトーンでいえばストロング、ソフト、ダル、ディープの範囲で更にその中間的なくすみ感を選んでいるような大変絶妙なカラー。
ハイライトを除くチーク4色のPC4シーズン、もう一度ざっくりいうと
夏 冬
秋 春
のパレット上での位置関係です。

【質感】
右2色のハイライトはパーリーなシマー質感ですが、大粒ラメはなく上品です。
チーク4色、バールは入っているんですが(こういった処方で絶妙に立体感が出るのだと思います)、頬での実質の質感はマットに近い。
オイル入り処方との事でしっとり吸い付くような質感。かなりの高発色。

【総評】
SUQQUかつ秋冬ものなので重厚感のある色と質感の設計。でも右2色、得に右上のライトピンクを重ねる事により、PC春夏タイプの方にも明度調整しやすいのが魅力。スキ無しに近いパレットですね。なかなかこういった高品質な多色チークパレットは出ないと思います。
これで税込み1万を切るのは大変お買い得だと感じます。そこも購入の大きなポイントで、たとえば1万円台後半などであれば、半分の色は厳しいから、やめた・・・となっていたと思います。
なお、付属ブラシ等はありません。
限定品ですが今のところ在庫はあるようでホッとしています。
こういった良いものはひとりでも多くの方にいきわたってほしいです。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿560
シャネル / クリスタル オードゥ トワレット (ヴァポリザター)

シャネル

クリスタル オードゥ トワレット (ヴァポリザター)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:60ml・8,000円 / 100ml・10,200円発売日:-

ショッピングサイトへ

7購入品

2020/6/13 07:53:45

最近とても愛用している香りです。今更ですが、こんなに良い香りだったとは驚き。クリスタルは本当に、「灯台もと暗し」の香りでした。あくまでトワレとしてですが星7。
知ってはいたのに、なんで今まで忘れていたのか、手に取ろうと(所持しようと)思わなかったのか。身近に居て、価格も手ごろなのになぜか縁のないまますれ違って何十年も隔たっていた、でも手にしたとたんにその年月が溶かされていくような、そんな素敵な香りでした。
同じアンリ・ロベールの手掛けた19番の面影もどこかしらありますね(発表年も4年しか違わない。なお19番は昔から大好きな香りです)。

1974年の発売当初は若さの弾けるフレッシュな香りだったのでしょうが、ベースが古風なシプレであるクリスタルは、今はミドルエイジ以降に向いている香りです。ともあれ私のこの夏のメインの香りになりそうです。
元々オードゥトワレットとして調香された元祖クリスタルは、身だしなみ用品のカテゴリであってアート作品では本来ないです。でも波長の合うフレグランスを嗅いだ時の、心の中から虚しさや哀しさが消えていく感覚、それをクリスタルは見事に実現してくれました。


クリスタルEDTの調香師はシャネル2代目専属調香師のアンリ・ロベール。

シトラスのフレッシュさと、シプレの潜んだフローラル。シトラスや明るいフローラルと、モスやウッディのアーシー要素がみごとにコントラストをなして、トワレながらも一つ
の絵あるいは映像を完成させています。木漏れ日の煌めきやそよ風を感じさせるのに都会的でもある。正反対の要素、甘辛バランスを絶妙にまとめ上げた名作です。
甘さもあるのに媚びは欠片も無し。男性も余裕で使えると思います。
まぁこれとて抽象的すぎますが・・・結局言い表せません(笑)。
クラシック香まではいかないものの、ややレトロな本品は今風の香りとは違います。
クリスタルの香りは、若年時分は、私の年齢からしても「やや歳上〜親世代が使う香り」のイメージでした。(発表年の1974年は私は7歳です)
子供時代に(鏡台というよりは洗面台から)なんとなく香ってきたり、大人たちから香っていた香りのように思います。必ずしもクリスタルでなくとも同時代の香りの主流は共通香調である事が多いですので。
(ところで19番も、80年代位までは若々しい香りに分類されていましたが、今やマダム香の扱いですもんね)
とにかく、全国のシャネルカウンターで試せる香りなので興味があれば試香するのが一番早いですね。

香りの遷移は早くて、私の肌ではシトラスとフローラル、モスが最初の一吹きから全部出ますが、最初ほどフレッシュ、ミドルで一番甘く(でも本当にさっばり系のヒヤシンスやハニーサックル)、ラストがアーシーかつほのかな甘さ、という感じです。
拡散が強すぎなくて扱いやすい。
シャネルの香りで初めて使い切れるんじゃないかなと思います。

それにしてもトワレとはいってもクリスタルのような素晴らしい香りがこの価格とは、質に比して高すぎるものが多い近年の香水の相場を考えると破格のお得さだと私は感じます。

次は、後年(1993年)制作されたジャックポルジュ作のクリスタルEDPも購入してみるつもりでいます。
でも、オリジナルであるところのトワレはやはり良いと思います。
1970年代から存続する香りというのは市場には大変稀なものとなってきました。願わくば末永く販売されていてほしい香りです。


余談ですが、アンリ・ロベールは、ギ・ロベール(名香を多く手掛けている調香師です)のおじだったのですね。最近まで知りませんでした。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿560
Amplitude(アンプリチュード) / コンスピキュアス クリームチークス

Amplitude(アンプリチュード)

コンスピキュアス クリームチークス

[ジェル・クリームチーク]

本体価格:4,000円発売日:2019/5/29

ショッピングサイトへ

6購入品

2020/6/2 21:41:43

所持色は04ローズピンクと 06べビーピンク。
どちらもシアーで洗練された発色、質感。先日発売された06ベビーピンクの方が、より気に入っています。今季サマーコレクションの新色のひとつです。

〈04 ローズピンク〉
確か1年ほど前に夏コレとして出た色。定番色です。
艶やかで立体感の出る深いブルーベースのローズで、レッド〜ボルドーに近いです。
こちらもラメ入り。次の06も同様ですがラメは悪目立ちは全くせず上品です。
口紅を淡めにしてチークをポイントにすればグッと顔の重心を引き上げてリフトアップ効果も。私はどちらかというと色的に夏メイクより秋冬に出番が多かったですね。

〈06 ベビーピンク〉
クリームチークスはこちらも含め今のところ全て定番色。
ブルーベースピンク。ラメは入っており艶やかです。
こちらの色がテンション上がりまくりで超お気に入りです。
粋です、自然なのにお洒落。
見ての通り、外観は玩具のようなギョっとするピンク。でもそれからは想像のつかないほど、実際に頬に載せると透明感のある洗練された彩りです。
そして、肌になじみ過ぎて野暮ったくなる事もなく、澄んだ色合いが抜け感と軽やかさを演出してくれます。
アンプリチュードはやっぱり大人向けの製品だとしみじみ実感。
どうしても年齢と共に安全策でくすんだ色やベーシックカラーにに逃げがちなミドルエイジ以降のカラーコスメですが、まだまだ、いや一生「色で遊んで大丈夫」とRUMIKOさんが背中を押してくれているような頼もしい製品群ですね。

〈塗布〉
特にテクニックいらず。
塗布は付属のブラシを一応使ってます。ムラになる事もなく素早く塗布できますが、もう少し大きめのブラシを使えばなおよいかもしれない。

〈他〉
クリームチークスの今季の3色の新色は、他の2色含めどれも澄んだブライトなトーンで大変魅惑的です。
07クリアオレンジも既存の03オレンジとは全く違いますし、08チェリーレッドも、
既存の04ローズピンクと似ているようでいて、もっとトーンの高いフレッシュな色合いです。
できれば、パーソナルカラーなど度外視で思い切ってクリアオレンジにも挑戦したくなりますね(私はブルーベース夏です)。

これからの梅雨の憂鬱も払拭し、真夏の太陽にも映えそうな今季の新色群。
本当に残念なのはまだまだマスク生活が続きそうな事。
ただ、私はマスク生活になってからも、きちんとチークも仕上げています。
今回の購入も全く躊躇しませんでした。
コロナ禍による逆風でメーカーも大変だと推察しますが、こういった気持ちが明るくなる新色を出してくれた事を本当に嬉しく思っています。

●ただひとつ残念なのは、パッケージにいまひとつプレステージラインらしい高級感がない事。私にはバラエティショップコスメのように見えてしまいます。
ただし大変コンパクトでミニブラシもカバー付きなので、持ち運びなどパウダーチークより遥かに省スペースでポーチに収まるとは思います。

●店頭では、テスターもひとつひとつBAさんに出して頂く現状ですが機会があれば是非ご覧になってみて下さい。
アンプリチュードはパウダーチークも大変秀逸で、年齢を経た大人でも本当に安心して使える製品だと感じます。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿560
ゲラン / オーキデ アンペリアル  ザ プロテクター

ゲラン

オーキデ アンペリアル ザ プロテクター

[日焼け止め・UVケア(顔用)化粧下地]

本体価格:30ml・19,200円発売日:2018/3/1

ショッピングサイトへ

7購入品

2020/5/16 10:47:35

高価格だけある素晴らしい仕上がり。上品で高精細、モチも万全、納得の逸品です。
高SPF・PA値の、サンスクリーン兼化粧下地。ブルーライトカット効果もあるとの事。
昨年〜今年にかけて使用中。

日焼け止めとしての実力は、元からインドアで過ごす時間の方が長い事や、今年は外出自粛で更に陽に当たる時間が減少していますのではっきりした事は言えません。
それでも、メイクアップ品としての実力だけでも星7です。

主旨は以上でして、以下は詳細です。もしよろしければどうぞ。
文中の価格は全て税抜です。

【購入のきっかけ】
リニュ前から評判はよく聞いていて、興味はありましたが下地に19200円はと・・・(笑)。
しかし、カウンターでのファンデのTUの際2度ほど本品を使って頂いて仕上がりのあまりの美しさに感動し購入に至りました。

【使用感】
スルスル伸びる瑞々しい感触です。
ナチュラルなベージュなので、軽いメイクであればこの一品+パウダーでも大丈夫。
でも基本的にはファンデと合わせる方がよいですね。

この下地と合わせているファンデは、ゲランのなかでも一番カジュアルでカバー力の最も低い、ランジュリードポーアクアヌード(6300円 廃番になりましたが)ですけど、ファンデの実力(仕上がり)が2倍にも3倍にもアップする印象です。
ナチュラルでありながら素肌の悪い意味での生っぽさは払拭されて、粗さの無い均一で端正な肌になります。とにかく、品があるというか。モチも良好で夜まで全く崩れません。
香りはゲランですのでもちろん強めですが、持続はしませんし私はとても好きな香りなので全く問題ないです。国産品には絶対ない香り。海外ブランドの着香は本当に「巧い」です。

なお乾燥もべたつきもないですが、通年高SPF値の製品を使う必要はないと私は考えており12〜3月は使用しない為、冬の乾燥等については不明です。

【他の高額ベースアイテムと比較してどうか】
オーキデ ザ プロテクター+アクアヌード(計25500円)の仕上がりは、
手持ちのクレドポーボーテのル・フォンドゥタン(30000円。単品使用、下地不要)の仕上がりと互角かカバーという点ではやや上回るでしょうか。方向性が違うので単純比較できないのですが、互角なのは価格的に辻褄は合っています。
クレドの方は下地いらずの超時短メイク可能な事や、肌負担が更に少ない等のアドバンテージがあるので総合の実力は互角でしょうか。ファンデ単品と、下地+ファンデを比較するというわかりにくさですみませんが・・・。

【他の下地と比べて】
化粧下地で所持しているのは現在他に、クレドのヴォワールコレクチュールn(6500円)と、コスメデコルテのエッセンスグロウプライマー(7000円)があるのですが、どちらもハイプレステージブランドゆえ当然のことながら十分過ぎる上質な下地です。しかしゲランのオーキデは更に遥かに上回ってます。
高精細感や、スキのない仕上がりが。つくづくなんでも上には上があるものですね。

【他】
下地省略で最高の仕上がりになる、同じく星7評価のクレドのル・フォンドゥタンがあるのだからアレコレ揃えなくても・・・と思うのですが、また違う肌感ですし、どうしてもどちらも捨てがたい。オーキデ ザ プロテクターも、可能な限りリピートしていくと思います。
しかし、ベースメイク道楽(ジプシー)もクレドのル・フォンドゥタンの出現でいよいよ終止符かと思っていたのですが、やはり奥が深くてまだまだ一つのアイテムには絞れそうもありません。ベースメイクは奥が深いです。

【画像】
中央:価格に見合わぬ簡素なチューブかに見えて、キャップにはオーキデらしい重みと高級感が。
最右:スウォッチ。ゲランらしい(?)オレンジ強めのベージュですが延ばすとなじみます。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿560
UR GLAM / パウダーブラシ 01

UR GLAM

パウダーブラシ 01

[メイクブラシ]

本体価格:200円発売日:-

6購入品

2020/3/17 00:51:15

先月上旬に購入しました。主に朝のメイクのルースパウダー塗布に使用。
ダイソー製品ではありますが、この「01」はさすがに100円ではなくて200円なのですが・・・
あまりに良すぎて驚くというか・・・。本当になぜこの価格で出来るのでしょうかね。
もっとも最近、中国製・人工毛のメイクブラシはセットものなどでも驚きの低価格かつ高品質のものが販売されていて大人気なようなので特にこのUR GLAMだけが突出しているわけではないと思いますが。

◆毛の材質はナイロン。柄はプラスチック×アルミニウム。中国製。

◆毛量たっぷり。(パッケージから出してしばらくすると、かさが増して立体的に復元しますが、平型ではなく丸型な事もあり、想像以上のたっぷりのボリュームに驚きました)

◆毛質は柔らかで全くチクチクしない。それでいてコシ不足でもない。

パフよりはるかに、〈速く均一に、薄いベールのように〉ルースパウダーが付けられる。
こころなしかパフ塗布よりメイク持ちが良いような気さえします。

◆洗浄もしましたが、毛質等に特に変化はなく問題なさそうです。毛が抜ける等も無し。

◆デザインも洗練されている。UR GLAM出現以前は、100〜300円ショップのツールのデザインはいかにもそれなりという物が多かった気がしますが、UR GLAMは問題ないですね。

◆100円ショップ商品は廃番が早いイメージがありますが、UR GLAMは単独公式サイトがあるなどダイソーがかなり力を入れているようで、一過性商品よりしっかり造っているであろう事と今後も安定供給されそうな安心感はありますね(こればかりは分からないですけれど)


今メインで使用しているルースパウダーは、コスメデコルテAQ フェイスパウダー001(12000円)なのですが、ピンクパープル系のカラーパウダーかつマットな粉の為、パフ付けするとメイク直後がやや不自然なのが気になっていましたが本ブラシであっさり解決。
パウダーブラシは、本ブラシ以前は某熊野メーカーの数千円の山羊毛ブラシを使用していたのですが、経年劣化による買い替えで、繋ぎで一時の試しのつもりで購入したこのダイソーブラシが普通にメインになってしまいました。
一昔前は、廉価ブラシは使用感が悪く肌を痛めたり、仕上がり感を含めて実用性に欠けるものが多かったですがここ数年で様変わりしましたね。

さて、しかし、

・まだ年単位などでの耐久性は見ていないですし、
・価格から考えると元来そこまで耐久性を期待していいものではないはずとの考えと、
・かといって、もしヘタるのが早かったとして安いものをどんどん買い替え、というのが自分のポリシーや時流に適しているかという疑問、
・あまりに高すぎるものと安すぎるものは諸々の理由から手放しで褒められない(理由は色々ありますが、ユーザー側の利を総合的・長期的に考えても物には適正価格というものがあるため)
等もあって星7にはしません。
しかし安いツールで現在、必要十分を超えた機能で大変助かっている事は全くの事実です。
なおプレストパウダーももちろん綺麗に載せられました。

10年程前に本格ブレイクした熊野筆・天然毛ブーム(私はその遥か以前90年代から愛用していましたが)からの極端な振れ方にまだついていけなく戸惑いも感じます。
人工毛に移行していくのは、賛成ではあるのですが・・・

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

560件中 1〜5件表示

しべたんさん
しべたんさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

しべたん さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・53歳
  • 肌質・・・混合肌
  • 髪質・・・硬い
  • 髪量・・・多い
  • 星座・・・射手座
  • 血液型・・・未選択
趣味
  • 音楽鑑賞
  • ショッピング
  • エステ・リラクサロン
  • 写真
  • ファッション

もっとみる

自己紹介

コスメ、それは【うつくしくたのしくすてきなもの】であると同時に、どうする事もできない【女性(または人)としての業(ごう)】を感じさせるもので、その【光… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ