TOP > 新真昼さんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)
表示
一覧
個別

絞り込み:

117件中 1〜5件表示

新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿117
ゲラン / クルーエル ガーデニア

ゲランゲランからのお知らせがあります

クルーエル ガーデニア

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:100ml・46,200円 / 200ml・66,000円発売日:2008/5/14

ショッピングサイトへ

5購入品

2022/1/28 20:07:55

今日はかの有名な香水評論家にゲランのラールエラマティエール作品を紹介する日だ。彼はとても気難しく、ゲランの作品でいうと、ミツコや夜間飛行を愛するような人らしい。現代的ないわゆる「高級シリーズ」の香りは彼のお気に召すのだろうか。

彼に「クルーエルガーデニア」のムエットを手渡した。この香水はゲランの専属調香師ではなく、シムライズ社のランダ・ハマイに依頼したものだ。
彼はひと嗅ぎすると、ティッシュで鼻をかんだ。
鼻に違う香水の残り香があると思ったようだ。

「いったいこれは何だ?」
「ほら…ガーデニアの香りですよ」
「ガーデニア?まさか!パウダリーなホワイトムスクで、それ以上でもそれ以下でもない」
「そうでしょうか……ガーデニアの感じ、出てませんか?」
「たしかに出てるよ……嫌な感じだけどな」


ひとふきするとすぐわかるムスキーな香り。真っ白くてパウダリーなムスクだ。ランスタンマジーやアンソレンスを手がけたゲランの元フレグランスディレクター、シルヴェーヌ・ドゥラクルト(ゲランのパンフレットやfragranticaだと調香師のような扱いだが厳密にいうと違う)がいかにも好みそうなパウダリーさ。その真っ白のムスクにほんの少しフルーティなアコードが溶けているが、明確に感じられるほどではない。

パウダリーなムスクは前面に出たままミドルへ。ホワイトフラワーの香りでふんわりとミドルノートとしてのボリュームが出てくる。真っ白なムスクのベールに隠れているのはガーデニア。ガーデニアといえばとろりと甘くて濃厚な白い花の印象だが、クルーエルガーデニアのガーデニアは甘くない。ほんのりグリーンのニュアンス、少しコクのある感じがするのはイランイランだろうか、生花の花びらを撫でたかのようなシルキーな質感。

ドライダウンもやはりムスキー。フローラル感が抜けて少しウッディとバニラの甘さが出てくるが、ふんわりとパウダリーなムスクが支配的だ。持続は4、5時間程度。トップからドライダウンまで、大きく印象が変わることはなくシングルノートに近い香り方をする。

昨年のオートパフューマリー再編に伴い、ラールエラマティエール全てがアート作品に例えられるような説明が追加され、このクルーエルガーデニアにはシャルル・ボードレールの「悪の華」があてがわれた。個人的には、印象派に近いかなと思う。


ガーデニアの感じ、出てるでしょ?


トップ:ローズ、ネロリ、ピーチ
ミドル:ガーデニア、バイオレット、イランイラン
ベース:ムスク、トンカビーン、サンダルウッド、バニラ
調香師は、ランダ・ハマイ(とシルヴェーヌ・ドゥラクルト)。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿117
フレデリック マル / ビガラード コンサントレ

フレデリック マル

ビガラード コンサントレ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)]

税込価格:100ml・33,000円発売日:-

5購入品

2022/1/14 12:00:25

この「ビガラードコンサントレ」の発売は2002年、2001年発売の「コロンビガラード」の濃度違い。柑橘精油といえばなんとなく黄色っぽいイメージがあるが、とにかく着色が大嫌いなJCエレナは精油の色を徹底して抜かせたみたいだ。すっきり無色透明なジュース、やっぱりエレナの作る香水はこうじゃなきゃね。そんなことを考えながらワンプッシュすると、立ち昇るのはツーンと鼻を刺すスパイシーなビターオレンジ。ピリッとしたピンクペッパーに、カルダモンのほろ苦さ、ちょいワキガチックに転がりそうなほどに効いたクミン。そして丸ごとかぶりついたときに香ってきそうなほどフレッシュなビターオレンジ。実際にビターオレンジをかじることはないけれど、そんな風に感じるくらいフレッシュ&スパイシー。

構成をみるとミドルにローズとあるが、フローラルに転ぶことなくオレンジのフレッシュさをキープしていく。スパイシー感は大人しくなっていき、少し果汁感が出てくるように思える。

ドライダウンになってもオレンジっぽさは色褪せることなく続く。そこにプチグレンの乾いたグリーンとシダーウッドで柑橘類の白い綿っぽさがプラスされるイメージ。持続はトップからミドルまでで30分、ドライダウンは4時間ほど。


このフレグランスには分子蒸留したビターオレンジ精油が贅沢に配合されているらしい(なんかよくわからんけどスゴいんだろうな、という感想しかわかないけど)。ミニマルでシンプルなエレナらしさを存分に感じられる香水だ。


トップ:ビターオレンジ
ミドル:ローズ
ベース:干し草、グラス(grass)、シダーウッド
調香師は、ジャン=クロード・エレナ。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿117
シャネル / レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル 1957

シャネルシャネルからのお知らせがあります

レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル 1957

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:200ml・50,600円発売日:2019/3/8

4購入品

2021/12/25 12:28:32

トップはシャネルらしいクラシカルなアルデヒド。5番や22番を思わせるスタート。そこにみずみずしいベルガモットと、軽く弾けるピンクペッパー、そして少しパウダリーなホワイトムスク。うーん、あまり面白みはないかも。

すぐにミドルへ移行し、クリーンなホワイトムスクを中心に、うっすらとホワイトフラワーを重ねた清潔な香りになる。ここのホワイトムスクがソーピーな印象が強いため、いわゆる石鹸風の香りに落ち着く。

ドライダウンになると、乾いた印象のシダーウッドに、ソーピーなホワイトムスクが少し暖かさを帯びてくる。おそらくカシュメランだろう。そこにほんのりバニラの白い甘さが出てくるともう終わり。ミドルまででニ、三時間、ドライダウンは四時間ほど。

トップからラストまで複数のムスク(8種類らしい)を効かせたこの1957、香り全体の印象は、徹底的に「清潔、クリーン」。トップのクラシカルなアルデヒドさえ消えれば、割と万人に好かれやすい香りだと思う。

しかし、どうにもこうにもお行儀が良すぎる。今のシャネルの香水のイメージを作り上げた三代目専属調香師ジャック・ポルジュのクリエイションとどうしても比べてしまう。こんな当たり障りない香りは、ココ・シャネルのイメージには合わないのだ。

かつてココ・シャネルは「センスのいい香りをほんの少し身につけろ」とは言ったけれど、そのセンスのいい香りはおそらくこんな香りではない。


トップ:ホワイトムスク、アルデヒド、ピンクペッパー、ベルガモット、コリアンダー
ミドル:ホワイトムスク、オレンジブロッサム、ジャスミン
ベース:ホワイトムスク、オリス、シダー、カシュメラン、ハニー、バニラ
調香師は、オリヴィエ・ポルジュ。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿117
ゲラン / ボ ジュール ドゥ マ ヴィ

ゲランゲランからのお知らせがあります

ボ ジュール ドゥ マ ヴィ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:60ml・38,500円発売日:2015/4/15

ショッピングサイトへ

5購入品

2021/12/17 13:04:39

「私の人生の最も美しい日」という名前のこのフレグランスは、ブーケドゥラマリエというかなり高価な限定香水のEDPバージョン。そのブーケドゥラマリエのテーマは結婚式、花嫁に捧げる香りだったそうだ。


一瞬弾けるピンクペッパーに、甘いシトラスフルーツ。オレンジの甘さがメインだと思う。さこにアンジェリカのハーバルな苦味が加わることで、フルーティな印象を引き締めていく。

オレンジの後ろから、マルトール的な甘さが強くなっていく。うん、けっこう甘い。parfumoや公式サイトによるとドラジェのアコードが入っているらしい。ドラジェは婚礼、洗礼等の慶事で配られる祝い菓子。花嫁イメージの香りにはぴったりだ。花嫁といえばもちろん、手にはブーケを持っている。彼女の持つブーケは、ローズとワサお得意のオレンジブロッサムだ。オレンジブロッサムの香りが優勢だが、ローズの甘さももちろん感じられる。

ドライダウンは真っ白に広がるムスクに、フランキンセンスの酸味、そして隠し味のパチュリの苦味。かなり甘いがグルマンというよりフロリエンタル系統、持ちも8、9時間とかなりいい。

甘いシトラスフルーツに、多幸感溢れるオレンジブロッサムと薔薇のブーケ、そしてドラジェアコードでボジュールドゥマヴィ(人生で最も美しい日)のイメージにぴったりの香りだ。しかし、気温や湿度によるのかたまにパチュリの苦味が妙に出てきやすいときがある。結婚式で終わりじゃない、人生はまだまだこれからだ、ということなのだろうか。


現在、公式サイトには記載がないがカラービーボトルにフィリングサービスを行なっている店舗で125mL44,400円+税でオーダーできる。元々の価格(60mL35,000円+税)を考えるとかなりお得だ。


トップ:アンゼリカシード、ピンクペッパー、シトラスフルーツ
ミドル:ドラジェ、ローズ、オレンジブロッサム
ベース:パチュリ、バニラ、ホワイトムスク、フランキンセンス
調香師は、ティエリー・ワッサー。
(parfumoより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿117
シャネル / ル リオン ドゥ シャネル オードゥ パルファム

シャネルシャネルからのお知らせがあります

ル リオン ドゥ シャネル オードゥ パルファム

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:200ml・50,600円発売日:2021/1/8

5購入品

2021/12/10 18:45:21

ガリガリと粗く挽いたブラックペッパーのようなスパイシーさに、生っぽいベルガモット。でもそれはすぐに荒っぽいウッディムスクにかき消される。レザーっぽさもあって、ムスクといえばふんわり広がる優しい香りと思っていると少しびっくりする。

続いてラブダナムとバニラが展開していくが、かなり辛口な甘さ。シャネルのバニラは甘いけど食べられないバニラ。たしかに、シャネルのファッションにわかりやすいグルマンな香りは似合わない。そしてこの段階でも、荒々しいムスクの影は充分過ぎるほど感じ取れる。

ラブダナム+バニラの甘さとベースの力関係が逆転するとドライダウン。トップから感じていたウッディムスクが全面に出てくる。ここまでくるとサンダルウッドのウッディだけでなくパチュリもかなり効いているのがわかる。持続は10時間以上、とても長持ちだ。

海外レビューを見ていると、「ゲランのシャリマー(ヴィンテージ)に似てる」という意見があった。たしか、シャリマーも昔のレシピは今よりもっとムスキーだったとワサ夫も言っていた。

でも、やっぱりこれはシャリマーではない。遠目だとちょっと似ているだけの別人だ。どちらかというとフレデリックマルのムスクラヴァジュールに近いと思う。


トップ:ベルガモット、レモン
ミドル:ラブダナム、アンバー
ベース:パチュリ、マダガスカル産バニラ、ムスク、サンダルウッド
調香師は、オリヴィエ・ポルジュ。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

117件中 1〜5件表示

新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済

新真昼 さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・32歳
  • 肌質・・・普通肌
  • 髪質・・・未選択
  • 髪量・・・未選択
  • 星座・・・双子座
  • 血液型・・・AB型
趣味
    未選択
自己紹介

香水大好きです!!! 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ