TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)
表示
一覧
個別

絞り込み:

329件中 1〜5件表示

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿329
ELLA K / サガノの詩

ELLA K

サガノの詩

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

本体価格:-発売日:-

4購入品

2020/11/21 14:02:00

エラケイの「サガノの詩」は、京都の嵐山にある鬱蒼とした竹林のイメージから創られた香水だ。

見渡す限り、青々とした数万本の竹。それらが天に向かって真っ直ぐにそそり立つ姿はどこか幻想的ですらある。その竹林の間を縫うように整備された遊歩道は「竹林の小径」と名付けられ、京都観光の中でもとりわけ人気のスポットとなっている。

風情ある茶色の小柴垣が両側に並ぶ竹林の小径に入ると、そこだけスッと空気が冷んやりするような、どこか鏡合わせの異空間に迷い込んだような不思議な雰囲気が味わえる。20m以上ある孟宗竹の先端を見上げると、幾重にも連なって空に向かう緑の柱の上空で、笹の葉が重なり合って空を覆い、陽の光を遮る緑の天井となっていて目眩がしそうになる。その巨大な緑の吹き抜け空間に佇んでいると、異世界の入口というのはもしかしたらこんな場所なのかもしれない、と思う。

サガノの詩を創った調香師ソニア・コンスタンもこの小径を歩いたのだろうか?エラケイのサイトにはサガノの詩のイメージボードが次のように紹介されている。

「遠くの地で、優しい緑の葉にうずもれて、目を閉じる。荘厳な竹の息遣いを感じる。竹の葉が空高く、太陽を覆うように茂り、こずえがゆっくりと左右に揺れて、風と共に私の魂を運んでいく。私のうなじに感じるあなたのかすかな息遣い。」

世界最大の香料会社ジボダンのパフューマーであるソニア・コンスタンが展開するエラケイは、「旅」を通して得た世界各地の自然や文化の息遣いを、女性調香師らしい柔らかく透明感ある香水作品に投影することで近年人気を博している。では、日本の京都、嵐山の竹林のイメージから創られたサガノの詩は、どんな香りだろうか?

ゴールドメタリックのキャップを取ってサガノの詩をスプレーする。その瞬間、まず立ち上るのは春の陽光を思わせるキラリとしたレモンの香りだ。ただレモンの香りの奥に独特の快い黄色い苦味がある。これはユズだろうか。グレープフルーツ香料の苦味にも似ている。

このトップのシトラスの一陣の風が吹いた後には、不思議な匂いが浮かび上がってくる。1つはやや生青い感じのグリーンな香りだ。メロンやキューカンバーを思わせる瓜系の匂いにグリーンなエッジが効いたような雰囲気。そして同時に立ち上ってくるのは、ミントやユーカリが呈する冷たくて清涼感あるノート。この2つが二重唱のように出てきて、まさに割いたばかりの青竹の匂いのように広がってくる。

5分ほどすると、ほんのり甘いジャスミン様のフローラルがわずかに出てきて生っぽい青竹の匂いにフェミニンな要素を添える。トップから感じられるユズ独特の黄色い苦味は上の方でまだ輝いていて、竹の青い香りをキリッと引き締めている。してみると確かにユズ香の使い方は納得がいく。日本古来の香りであり、同時に竹林の上空から差す木漏れ日の眩い陽光をも表しているのだろう。日本が好きなソニアならではの好手というべきか。

そしてその後はずっとこの3つの香りが穏やかに続いていく。ユズのビターシトラス、青竹の野菜っぽいみずみずしいアクアティック&グリーン、そして香水らしい華やかさをプラスするジャスミン系香料。これらがしっとり穏やかに、それでいてノーブルな気配を漂わせながら4〜6時間ほど続いてドライダウン。ラストもそれほど変化しないまま消えてゆく。

全体的に見ると、とてもナチュラルで洗練された透明感ある青竹の香り、といったイメージの香水。系統で言えばグリーン&アクアティックな感じで、ユズの小粒な酸味と苦味を添えた緑茶的な雰囲気も味わえる。

竹林を風が渡る。上空の笹の葉が静かに揺れて竹の枝をしならせ、昼なお暗い竹林にサラサラと音が鳴る。遠く近く、鳥の鳴く声がする。そこに緑の葉からこぼれた木漏れ日が、何条もの光線となって天使の梯子のように地面に降り注ぐ。

そのとき、不意に青竹の匂いが濃度を上げて鼻をかすめる。太陽を透かした竹の葉のざわめきと鳥たちの歌が聞こえる。

それはサガノの詩。風にそよぐ竹林の青く秘めやかな囁き。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿329
FUEGUIA1833 / ムスカラアピス

FUEGUIA1833

ムスカラアピス

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

本体価格:-発売日:-

5購入品

2020/11/14 14:17:03

「あ、すごい。これハチミツの香りがする!」

六本木。グランドハイアット内、フエギア1833。うす暗い店内にライトアップされた美しい香水ボトルたち。そこにかぶせられた逆さフラスコの球面が行儀よく並ぶ姿は、どこか非日常を思わせて心がときめく。と同時に「香水なんてよくわからない」と思っている方にしてみれば、興味はあってもかなり敷居が高く感じられるラグジュアリースペースかもしれない。

だからだろうか。緊張した面持ちで香水を試していた2人の女性が、隣でムスカラアピスを嗅いでハチミツの香りだと囁いた瞬間、ほっとしたような顔になって相好が崩れる。人は「その名を知っているシンプルな香り」が好きだ。そこには言葉と香りが一致して認知できた安心感もある。

店員さんが笑顔で簡単な説明をしていく。ムスカラの説明は特に力説しているようだ。「香りのない分子が〜」「肌本来のもつ香り分子を吸着して〜」「ラベンダーのハチミツが〜」そうだ。ムスカラアピスのハチミツはアロルナールに使われているラベンダーを使用していると以前聞いた。

ムスカラアピスは2017年にフエギア1833のムスカラコレクションから発売された香水だ。この香水を嗅いだ人は、ほとんどが「ハチミツの香りだ」と認識するほど分かりやすいので、とても人気がある。そこにフエギアの創設者、ジュリアン・ベデルが研究して名付けたムスカラというフェロモン類似の分子構造をもつ成分をプラスした作品だ。

ムスカラは植物由来の「香りのない分子」で、これを肌にのせるとその人自身がもつ匂い分子を吸着させて揮発を促す効果があるという。つまり、その人自身の肌がもつ匂いを引き出す成分だから、つけた人によって立ち上る香りが異なるということだ。ちなみに自分がムスカラ系香水をつけると、たいてい最後はくぐもったウッディアンバー調の香りになる。はいはい、確かに枯れてますよ。ムスカラをつけてフローラルが出る方が羨ましいよ。(←心にもないことを)

アピスというのは「蜂」を指すラテン語で、一般的に西洋ミツバチは「ハチミツを持つ」という意味のメルビラという語と組み合わせて「アピスメルビラ」と呼ばれるそうだ。こっくりとした濃密な蜂蜜の香りのムスカラアピスを嗅いでいると、これもっとシンプルに「ムスカラハニー」と名付けた方が今の10倍売れるんじゃないか?といつも思う。それほどハチミツの香りをよく再現していると思う黄色い香水だ。

ムスカラアピスをスプレーすると、最初はちょっとルナロハっぽい洋酒のような雰囲気のトップで始まる。その後は、ハチミツのもつロースティーな花蜜の香りと、暗く甘く深いコクが広がってきて、口中に唾液が出そうになる。このハチミツをホットミルクやカフェラテに入れたらどんなにおいしいだろう。そんな食欲をそそるグルマンフローラルな香りだ。

ただ、ハチミツ香だけでなく、ラベンダーの清涼感のあるエッジも確かにあって、ズーロジストのビーあたりと比べるとスッキリシャープ&ややクールな印象だ。ズーロジストのビーは蜂じたいのもつアニマリックな匂い&スパイスがかなり効いている感じだ。キリアンのゴールドナイトはハニー&パチュリだし、昔出ていたロクシタンのハニーレモンEDTはアイスレモンティーにちょっとハチミツ入れた感じだから、純粋にハチミツっぽさを求めるならムスカラアピスが一番近いと思う。

ムスカラアピスはつけた瞬間からハチミツの濃厚な香りが楽しめる香水だが、値段はそのへんの香水よりずっと高価だと感じられるだろう。パフューム50mlで27000円、100mlで43000円となっている。コロナ時代になってからはオンライン販売にも力を入れており、1mlサンプルを860円で取寄せ可能だ。小分けは手間がかかるので単価が高くつくが、全国どこからでもフエギアの香りを試せるようになったのは、時代的にいい攻めの姿勢だと思う。

くだんの若い女性たちが店を出ていきざま、外苑のイチョウが見頃だねと話していた。そうか、もうそんな季節か。ムスカラアピスのハチミツ香と黄色いイチョウ。何だかとてもいい取り合わせな感じがする。

フエギアを出て歩き始める。地下道を上がったところで、ビル風にあおられて肩をすくめる。手首をそっとマスクの下に入れると、こっくりとした甘く濃厚なハチミツの香りがした。今頃、言われているかな。あの人、私たちがいいって言ってたからアピスを手にのせてったね。はいはいごめんなさい。ちゃんと家にもありますって。エディション違いをチェックしたかっただけ。

これからアピスの香りを連れて、どこかイチョウのある公園にでも行ってみようか。

そんな秋の午後。陽射しも香りも、穏やかなハチミツ色に輝いていた。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿329
ミン ニューヨーク / シャーマン

ミン ニューヨーク

シャーマン

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

本体価格:-発売日:-

4購入品

2020/11/7 14:11:31

人には見えない物が見える。聞こえない音や声が聞こえる。そして、誰も気付かない匂いを嗅ぎとることができる。そういう人たちがこの世界にはいる。神のお告げを聞く者、精霊のメッセージを伝える者、そして死者の思いを語る者。彼らはときにシャーマンと呼ばれる。

シャーマンは広義によると、自らがトランス状態になることで超自然的存在と交信する現象を起こす者のことを言う。超自然的存在とは、霊的存在(神霊、精霊、死霊)などだ。彼らはそうした存在と交信し、そこから得た情報を用いて予言をしたり、霊的なお祓いをしたりするとされる。

シャーマンは実在する。それは自身の経験上、知っている。ただ本物ほど自身の力をひけらかさないし、必要以上に金銭を要求しない。竈門炭治郎が鬼の匂いを嗅ぎ取れても、それを声高に自慢しないのと同じだ。超自然的存在と交信する霊媒であり、予言者とも言われるシャーマンを名前にした香水。それは一体どんなメッセージを伝える香りなのか?

ミンニューヨークの黒木目のスクウェアキャップを外し、シャーマンをスプレーする。その瞬間、黒い煙が鼻に突き刺さる。それは透明な香りなのにはっきり黒い。漆黒ボトルからそのまま黒い煙が立ち上ったように。

その黒い煙からまず感じ取れるのはヴァイオレットリーフのくぐもった香りだ。強烈に暗いグリーンスパイシー。土っぽくてどこか海藻のような匂いもして、奥に深紫の哀しげなスミレの匂いがそっと置かれているような。同時に、スッと引き込まれるような冷たい香気、ペトロノートとでも言うべき誘引香も出ている。カルダモンだろう。さらに、このヴァイオレットリーフの複雑な香りを緩和するように、マイルドな柑橘香とこんもりしたラベンダー&カロンの香りがミックスされている。

このヴァイオレットリーフの重たいグリーン香のトップは、複雑すぎて好き嫌いが激しく分かれるかもしれない。ディオールのメンズ香水、ファーレンハイトによく似たトップといえば分かる方もいるだろう。暗い森、黒い木々のシルエットの間に、白いカルダモンの霧が立ちこめて流れている、といったイメージが思い浮かぶ。冷たく深い森の奥へ何かが吸い込まれてゆく。シャーマンはその霧が流れる森の奥へ歩みを進めていく。

やがてカルダモンの冷たい香りがスッと消失すると同時に、温かみのあるスパイスがじんわりと香ってくるようになってくるとミドル。わずかにローズの青み、それ以上に樹脂系のスパイシーなミックス香が広がってくる。重たいグリーン、ホットなスパイシー、そしてそこにパチュリの土っぽさがじわじわと広がってくる。どこまでも真っ黒な地面を感じさせる湿った暗いベース香、それはスモーキーなパチュリのようだ。四方から集まった白い霧が消える場所、そこにたどりついたシャーマンが見たものは、見上げるほどの巨大な老木だ。

その木の深く重い匂いがする。何千年もの間、人の侵入を拒んできた原生林の聖地。朽ちた葉が漆黒の腐葉土となって深く積もり、丈の高い植物が生い茂って番人のように立ちはだかっている。鳥や小動物の鳴き声が近くなり、アニマリックな気配も強くなる。そんなイメージ。

付けてから4〜5時間。あの重たく複雑なトップは何だったの?というくらい、ラストはほんのり甘さを残した木のまろやかな樹脂香で消失してゆく。それは、暗い森の奥で見つけた一条の光差す場所のように、温かく柔らかいラストだ。

全体的に見ると、シャーマンは暗く重たいグリーンのトップで開幕し、白いカルダモンの霧が流れる方へ導かれて進み、さまざまな木の樹脂の香りとスパイシーな土の香りが漂う森の聖地にたどり着いた、といった展開を見せる香水だ。ミンニューヨークの作品はノーズショップ等で扱っているが、現在シャーマンは終売のよう。英語の公式サイトから15mlや100mlボトル、さらに2mlサンプル等を直接購入することができる。

見上げるほどの巨木。そこに精霊の存在を感じたシャーマンは、命の樹を模したドリームキャッチャーを木に向けてかざす。あたりに深い精霊の息吹が漂い始める。空気が一段階温かくしっとりと感じられ、周囲の全ての匂いが混じり合いながら漂いはじめる。そのとき、シャーマンはエクスタシー(憑依)に達し、森の精霊の声を聴く。

”見えないものを見なさい。聞こえない声に耳を澄ましなさい。そして、常に大切なものの匂いを嗅ぎなさい”

草と木と風と土の匂いがあたりにたちこめている。シャーマンは今、その匂いと一つになる。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿329
セルジュ・ルタンス / Fumerie Turque(フュムリ テュルク)

セルジュ・ルタンス

Fumerie Turque(フュムリ テュルク)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

本体価格:- (生産終了)発売日:-

5購入品

2020/10/31 16:34:30

目を見張るまばゆい装飾に彩られたトプカプ宮殿。その一番奥に男子禁制の特別なエリアがある。そこはスルタン(王)に仕える女性達だけが千人以上暮らす禁断の地、ハレム。

全盛期、東ヨーロッパから西アジアにかけて広大な地域を支配し、地中海沿岸のキリスト教国家を心底脅かした強大な存在、オスマン帝国。トプカプ宮殿は、そのオスマン帝国のスルタンが住んだ広大な居城だ。スルタンをはじめ、常時八千人の家来や商業者が暮らしていたという。この宮殿の最も奥に作られたのがハレムだ。

ハレムと聞くと、どうしても「男性一人にたくさんの女性」といった官能的なイメージがつきまとうが、もともとは一夫多妻制のイスラム国家で「男性と女性は一定の距離を保つべき」という教えを厳しく守るために、男女の住み分けを推進すべく作られたとされている。実際、トプカプ宮殿のハレムは、奴隷として売られてきた各地の女性のみならず、王の母、正妻、側室、彼女らの世話をする女性達が大集団で暮らす女性社会が形成されていたという。彼女らはそこで教養や技能を身に付け、権力者に愛されるための素養を養った。そして一度ハレムに入った女性は、一生その扉の外に出られなかったという。

そんなトプカプ宮殿のハレムをモチーフにした香水がある。セルジュ・ルタンスのフュムリ・テュルクだ。直訳すると「トルコの紫煙」といったところか。

オスマン帝国はもともとオスマン・トルコとも呼ばれたように、トルコ系遊牧民族であったオスマン一世が興したムスリム国家だ。宮殿のハレムには常に、優雅な装飾が施された水タバコ器具から立ちのぼる紫煙がたゆたっていたことが絵画などで伝えられている。ルタンスは、閉ざされた扉の向こう、禁断のハレムに立ちこめる水タバコの紫煙をイメージしたようだ。それは一体どんな香りだろうか?

グラットシエルの縦長の漆黒ボトルからスプレーする。まず最初に感じられるのは、スッと鼻に抜けていく涼やかで透明な洋酒の香りだ。これはジンの香り付けに使われるジュニパーベリーだろう。すると、すぐあとからもうもうと煙の匂いが立ちこめてくる。スモーキーどころではない。完全に何かを燃やした煙の匂いだ。とても焦げくさい感じになる強烈なトップ。

2〜3分すると、その焦げくさい煙の奥からアンバーのくぐもった樹脂香、ドライなスパイス香が感じられてきてオリエンタル色全開となる。バーチタール系の焦げくささなので、馬革のようなレザー香も強い。この多層的な煙のすごいこと。ちょっとクラクラしそうなほど、あらゆる香料が饗宴している。スパイススーク(市場)の雑踏、革製品をなめした匂い、そして薔薇やリンゴのフレーバーをほどこした蜂蜜タバコの匂い。それらが一気に押し寄せてくるイメージ。それはまさに、ヨーロッパやエジプトや西アジアから連れてこられた奴隷女性たちの、あらゆる文化生活が入りまじった匂いのよう。

この複雑なアコードは、さながらピメントを燃やしたときに出る煙のように、ある種麻薬的な匂いで強烈に嗅覚と脳を刺激し続ける。これは、ただのタバコノートを模したものではないな、と思う。強烈ナルコティックなミドル。このミドルが2〜4時間続く。

ふと気付くと、くだんの煙たさは不意に消えている。そして柔らかいジャスミンの残り香が漂っていることに気付く。あっさり霧が晴れたような感じだ。そこにはずっと前からターキッシュローズのツンとした香りとジャスミンのふくよかな香りがあったことを知る。このフローラルなラストは、つけてから5〜6時間で静かに消失する。

してみると、フュムリテュルクの名のとおり、はじめは煙もくもく、そこに革の香りとドライなスパイス、樹の脂のようなこってりアンバー香が絡み合ってうごめいている。ミドルでは煙が薄くなるにつれ、ハニーの甘さ、薔薇やジャスミンの片鱗が次第に顔をのぞかせ、ラストは霧が晴れてそこにいくつもの花が咲いていたことを知る。そんな展開の香水。確かにハレムの扉の向こう側のイメージだ。

閉ざされたドアを開ける。とそこには、思い思いに水パイプをくわえ、退廃的な香りを漂わせる女性達が寝そべっている。スルタンの愛情を一身に受けるべく、身体に塗ったさまざまな花の香油の香りが妖しく広がっている。今夜、スルタンに気に入られて共にベッドに入れるのは誰?彼の子を身ごもれば、大部屋を出て個室と財宝を与えられる。煙の奥に、女性どうしの闘いと駆け引きが常に交錯する。

禁断の扉の奥へようこそ。強い王の帰還を待ちわびる女性たちの、私欲と陰謀うずまく弱肉強食の世界へ。そこには今日も、全ての輪郭と感覚を麻痺させる麻薬のような煙がたちこめている。甘く、狂おしく、どこまでも人の心を酔わせる紫のフュムリテュルクが。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿329
オーケストラ・パルファム / ピアノ サンタル

オーケストラ・パルファム

ピアノ サンタル

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)]

本体価格:-発売日:-

5購入品

2020/10/24 12:41:37

少し早く目覚めた朝、カーテンの隙間から外の様子をうかがう。重たげな空、ゆっくり流れている鉛色の雲。夜半から降り続いた雨はどうやら上がったようだ。

コーヒーを淹れて窓の外を眺めながら口元に運ぶ。温かい湯気とともに立ち上る香ばしい香り。この気分に合うBGMは?と考える。選んだのはピアニスト中村由利子の「風の鏡」。曇り空の向こうに柔らかなピアノのメロディーが流れてゆく。

ピアノ。ピアノの音。弦をたたくハンマーの音。その残響を最も効果的に拾うためのあの大きな木の箱。コーヒーをすすりながら、次第に明るくなってゆく空を眺め、しばしピアノの音に身をゆだねる。中村由利子のピアノは風のように軽やかだ。美しい「ファンタジア」のメロディーがモノクロの風景に色彩を与えてゆく。この気分に合う香りがあれば、とふと思い、セレクトしたのはオーケストラ・パルファムのピアノ・サンタル。

オーケストラパルファムは、2017年にフランスで生まれた香水ブランドだ。音楽と香水の融合ともいうべき「共感覚へのいざない」を大切にした作品作りで話題になっている。オーケストラパルファムの作品は、一つの楽器をテーマにして、まずその音色やリズムを基に調香師が香りの譜面台を創る。さらにその香水イメージからテーマ楽器を用いた曲が創られ、1つの楽器を香水と音楽の両方で楽しむ、というコンセプトになっているようだ。

人気が高いピアノサンタルは、その名のとおりピアノからイメージされた香水だ。サンタルはサンダルウッドのことだから、作品名が「楽器+香水のキー素材」という取り合わせになっていることがわかる。

ピアノといえば素材に用いられているのは木。通常ピアノに用いられる木材は、スプルース(松)やカエデなどであり、その使用率は楽器全体の50%ほどだという。サンダルウッドを使っているわけではないが、その香りのよさと木のイメージから選んだということだろう。

そんなピアノサンタルを肌にのせてみる。

ピアノサンタルをプッシュすると、まずはじめに感じられるのは、ほんのりカラメルの効いたミルキーな甘さと柔らかなレザー、そして香ばしい木の香りだ。これら3つのノートが同時に感じられる。

トップからミルキーでとても驚く。まるで香ばしい木くずとレザーに練乳をかけたような香りだ。温かみがあってとてもクリーミー。高音部はクリーミーサンダルウッド、その白い木の香りを支えているのは、低音部に響く黒いレザーの香り。と言ってもバーチタールなどの煙たい焦げた感じではない。ヌバックレザーを思わせる柔らかでなめらかな革の匂いだ。どこかカラメルっぽく感じる香りは、レザーノートとミルクノートのハーモニーによって生まれたスモーキーなファセットかもしれない。クリーミーウッディ、ソフトレザー、そしてカラメルノート、これらの和音が1つの香りとなってなめらかに響き渡る。それがピアノサンタルの香りだ。

トップ、ミドルと変化する感じではなく、どちらかというとこの3つのノートが同時に香るアコードで、つける日の気温や湿度、自分の肌の状態や体温によって、3つのノートの出方が変わる感じの展開を見せる。あるときは高音部の甘くミルキーなヴェールが強く香り、あるときはしっとり深みのあるレザーが香る。その白と黒の香りの間にある、肌色のサンダルウッドが香ばしく香るときもある。そんなシンクロノートな香調。持続時間は7時間ほどで長め。パフューマ―はジャン・ジャック。価格は100mlボトルが2万円となっている。日本ではノーズショップ系列で取り扱っている。

白いミルキー、黒いレザー、その間で温かく香る茶色のサンダルウッド。それはまさに、白と黒の鍵盤でできた木の楽器、ピアノのイメージ。その香りは甘くまろやかで、包み込むような温かさと穏やかさがある。ときに野を吹くそよ風のように柔らかくレガートに、ときに森を揺らす雨や嵐のように激しくアッレグロで。ピアノサンタルは、そのときどきによって感じ方が変わる香水だ。晴れの日、曇りの日、雨の日。季節や時間によって流れるメロディーは変わるだろう。

窓の外に明るい光が差してきた。雲間にライトブルーの空がのぞいている。窓を開けて涼やかな朝の空気を部屋に入れる。その瞬間、ピアノサンタルのミルキーサンダルウッドな香りがふわりと揺らぐ。空が高くなった。心地よい風が新しい季節を上書きする。ピアノの曲が「陽だまりの公園で」に変わる。まだ朝露の残る道をたどって、ぶらり歩いてみたくなった。

雨上がりの休日の朝。ピアノサンタルのメロディーを連れて。美しいピアノの香りをなびかせて。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

329件中 1〜5件表示

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・54歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • ブログ
  • 音楽鑑賞
  • Twitter
  • 読書
  • 映画鑑賞

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ