TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)
表示
一覧
個別

絞り込み:

271件中 1〜5件表示

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿271
ラボラトリオオルファティーボ / コズメル

ラボラトリオオルファティーボ

コズメル

[香水・フレグランス(メンズ)]

本体価格:-発売日:-

4購入品

2019/10/12 19:20:24

コズメル。それはメキシコの東海上に浮かぶ小さな島の名前。どこまでも野性味あふれる手つかずの自然が織りなす美しい風景がコズメル島の魅力。ラボラトリオ・オルファティーボのコズメル・オードパルファムは、そんなワイルドアイランドの香りをイメージしたメンズ向けのフレグランスだ。

「嗅覚の実験室」という名のラボラトリオ・オルファティーボが、ブランド創業時にリリースした最初のフレグランス4本のうちの1つ、コズメル。ブランドはこの作品を次のように紹介している。

「この情熱的なフレグランスは冷静と情熱の間をいとも簡単に行き来します。メキシコの太陽から、男性の素肌とハーブのアロマが混ざり合ったような親密な香りは、フレッシュなタバコ、インドヘンプ、ベルベットの木の芳香がアクセントに。そして、無人島の深い森の奥に流れる野性的な香り立ちへと変化を遂げるでしょう。」

30mlで8千円前後と価格はお手頃。調香師はマリー・デュシェーヌ。イタリア発の自由な香水メゾンであるラボラトリオの先陣を切った代表的なフレグランス、コズメルはどんな香りだろうか?

トップ。透明感あるスッキリしたベルガモット。と同時にアロマティックなハーブの香り。透明感があるバジルだ。同時に柔らかなスエードの香りがふんわりと包み込むように広がってくる。暑く乾いた大地を思わせるオープニング。

3分もしないうちに、ロースティーな茶色の香りが表出してくる。タバコの熟成されたコクのようだ。どこかグリーンなハーブの香りとタバコの苦く辛みの効いた風味がまじりあうように出てくるとミドル。ミドルはトップから続く柔らかなスエードレザー風の香りと、このまろやかなタバコの香りがメインとなって主張してくる。フローラルの気配は一切ない。まるで太陽に焦がされた砂浜、なめした革と焚き火と森の匂い。

柔らかなレザーノートの中に、次第にサンダルウッドの香ばしさ、シダーの清涼感が感じられてきたらラスト。持続時間は、体温高めの自分の肌で大体3〜4時間ほど。なめらかな革の香りからクリーミーなサンダルウッド系の香りを漂わせて終息する。

まとめると、コズメルは動物の皮で作った革製品の匂いと乾いた木々の香りを感じることができるフレグランスだ。スパイスもフローラルもなく、レザー&ウッディで展開し、自然を感じさせるような作りになっている。香り立ちが柔らかく、主張も穏やか。それでも、海や風のアクアやオゾニックな香料はあえて入れず、レザー調の香料を際だたせてウッディ系で支えている点はどこかモダンにも思える。あっさりとではあるが、トップ〜ミドル〜ラストと変わる展開を見ても、まばゆい太陽〜革の香り〜ジャングルの木々の匂いへと、島の奥へと進む風景の変化も描いているようだ。

調香師が自由に自分の作りたい香りを創造するのがブランドの意志だから、イタリアから大西洋を越えたカリブ海の島のイメージを投影した作品なのだろう。カリブ海に浮かぶ手つかずの大自然、特に美しい海の背後に広がるジャングルの木々の香りをフィーチャーしたように感じられる落ち着いた香りだ。

眼前に広がる紺碧のカリブ海。どこまでも広がる白砂のまばゆいビーチ。男たちは世界中からダイビングのためにこの島に訪れる。彼らがくゆらすタバコの煙。強いアルコールの香り。灼けた肌とナイフを研ぐ革研の匂い。海の底には宝石のような美しい珊瑚礁が広がっている。男たちはそこに神秘的なグランブルーの夢を見る。

ひとしきりダイビングを楽しんでビーチに帰港するとき、彼らが見るもの。それは人間の侵入を拒むかのようにそそり立つジャングルの猛々しい緑。そのむせかえる樹々の匂い。灼けた頬に触れるのは、自然に回帰せよと告げる荒々しいコズメルの風。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿271
リキッドイマジネ / ブラディウッド

リキッドイマジネ

ブラディウッド

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

本体価格:-発売日:-

5購入品

2019/10/5 15:18:34

ブラディウッド、「血濡れの木」とネーミングされた香水がある。「香りは神への供物」といういにしえのパフュームの由来を大切にする香水メゾン、リキッドイマジネから2013年にリリースされた美しいワインレッドのオーデパルファムだ。

リキッドイマジネは2016年日本デビューを飾った。その際には3つのテーマををトリロジー(三部作)に位置づけている。このブラディウッドは「レ・ゾウ・サンギーヌ(血の水)」というトリロジーの3作品の一つ。レ・ゾウ・サンギーヌは、「血液を彷彿させる聖なるワイン」を体現したラインナップだ。ブランドの紹介文には次のようなミステリアスな言葉が並ぶ。

「ワイン、それは神々からの贈り物。古代から知性と官能、そのどちらも掻き立てるものです。ブラッディウッドのジュースは、知性と官能の静かな決闘です。闘いながら真実だけが潜んでいくかのように。」

そう。このブラディウッドはワインの香りが楽しめる香水だ。今までありそうでなかったワインの香り。それはもしかしたらフランス人にとってワインがあまりにも日常生活の一部であり、命の水とも言うべき飲み物であったからかもしれない。リキッドイマジネはそんなワインの香りをどのように香水で表現しようとしたのだろうか?

アンフォラの壺のメタリックキャップをとってスプレーする。その瞬間、わずかに硬い金属的な酸味がツンとかけ抜ける。まるで今とったばかりのシルバーメタリックキャップの冷たい香りのような。硬くて金属的な酸味が刺激的なトップ。

やがて1分もせず、まろやかなワインと木の香りが漂ってくる。あ、赤ワインの香りだと感じ取れるほどに特徴的な酔わせる葡萄酒の香り。同時に、背後から同じくらいの強さでかなりスモーキーなウッディも主張してくる。焼きを入れた樽のような暗くて煙たい木の香り。この赤ワインの香りと木樽の香りが一緒に広がってくる。

ベースになっているのはサンダルウッドやオーク香。スモーキーな香料を重ねることで、暗い地下室に眠る木樽の感じを出しているのだろう。それらが赤ワインやチェリー、べリー系の香料によって引き上げられて一緒に香っているようなミドル。どちらかというと、ワインよりも木樽のウッディが強く出ている印象だ。

ワイン樽は生きている。生きて呼吸をしている。木樽が中のワインに酸素を送って酸味を変化させ、樽から溶出したタンニンがワインにコクと深い味わいを与え、ワインはじっくりと樽の中で熟成してゆく。焼き入れされた樽のロースト香をはらみながら、ゆっくりとまろやかに。

ラストは思いのほか早くおとずれる。トップからミドルにかけてワインの香りが感じられるのは大体30分〜1時間。それ以降はスモーキーなサンダルウッドの香りがややしばらく続き、付けてから2時間程度でうすれてゆく。リキッドイマジネはインセンスや香り高いウッディを効かせた瞑想を誘う香りが多いものの、ブラディウッドに関してはサイレージが短めだと感じる。ワインの香りやスモーキーウッディをしばらく楽しみたいときは、ウエスト周りに4プッシュ〜6プッシュ、場合によっては胸元あたりにも2プッシュという感じだ。使っているアルコールがとてもよく、香料がきれいに香るよさがある反面、香料じたいがとても上品に淡く香るので、タッチアップが必要なタイプ。あるいは香りが消えかけたら別の香りをレイヤーするのもいいと思う。

昨日、歩いていたら、民家の軒先から不意にキンモクセイの甘くて切ない香りが鼻をかすめた。見ると小さなオレンジの星の花が咲いている。気が付くと空は高くなり、美しいひつじ雲が空の果てまで続いている。ああ季節が変わったんだな、そう思った瞬間、ワインの匂いが恋しくなった。

ワインボトルを手に取る。大切な儀式のようにコルクを丁寧に引き抜く。ポンとコルクが抜けた瞬間、閉じ込められていた時間が空気にふれて、眠っていたワインが目を覚ます。ワイングラスについでゆっくりとスワリングして空気に触れさせる。グラスの壁に流れるワインレッドの波。その美しい色と粘度を確かめてそっと香りをかぐ。ほのかなチェリー香、薔薇のふくよかさ、ヴァイオレットの暗さ、ベリーのニュアンスが感じられる強い果実の香り。ピノ・ノワール独特のフルーティーを鼻の奥まで吸いこむ。

そして口の中にワインを含み、ワインを舌で転がす。スッキリした甘味、なめらかな酸味、ほどよい渋み、ロースティーな苦みを楽しむひととき。遠い異国の地のワイナリー、ほの暗い地下貯蔵庫に並ぶオーク樽を思い描く。そのひんやりとした空気がこのワインを樽の中で静かに酸化熟成させてきたのだろう。

ブラディーウッドはそんなワインと木樽の香り。神より授かりし、赤き血のごとき聖なる贈り物。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿271
キリアン / プリンセス

キリアン

プリンセス

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:-発売日:-

4購入品

2019/9/28 17:00:41

「あたしがプリンセスになるために隣に王子様はいらない。」とボトルに書いた香水がある。キリアンが2018年にリリースした”My kind of love”シリーズのうちの1本、プリンセスというオーデパルファムだ。

キリアンがセフォラ系列で出したこの新しい「黒いたまボトル」シリーズは、10代〜20代の若い女性をターゲットにした作品群で、これまでのメインシリーズより価格も抑えめになっている。本国では30mlボトルで75ドル。セフォラ系列とドル価格でピンときた方もいると思うが、こちらは現在まだ日本では販売されていないシリーズ商品。もちろんネットでは海外サイト等から普通に買うことができる。

キリアン自身はこの「俺の愛の形」シリーズ(←何だそれは?)リリースに向けて、特徴を次のように挙げている。

1点目は、シンプルで分かりやすいノートを強調した作品群ということ。4作品は「不良少年」と「プライドの高い少女」が出会い、「キス」してベッドで「アダルト」な夜を過ごす、というラノベにありがちなストーリーボードを背景にもっており、それぞれの作品でキーノートがとても明確であること。

2点目は、「真っ黒いでかいたま」ボトルを採用したということ。実はこの新しいたまのボトルは、上の大きなたまの部分がジュースの入ったボトルで、キャップが下の直方体の部分という作りになっている。つまり、スプレー口が逆さまに収まっているボトルデザインだ。ノーズショップにあるハウスオブウードの石ボトルと似た意匠。ここはキリアン氏自身強くこだわったらしく「このボトルはミニ彫刻であり、現代アートにインスパイアされた小さな爆弾だ。重たい球体を上からつかんで伝統をひっくり返し、下の四角い台座をとってスプレーする。」と語っていてかなりご満悦な様子。この「伝統をひっくり返す」とか「小さな爆弾」とか言うあたりに、自分の中にある腐れパンクスな部分が共鳴して困る。もはや彼を「厨二の同志よ」とハグしたいくらいだ。(←蛇とかドクロとか好きだしな)

さて、前置きがトゥーマッチロングになったが(←やめろ)プリンセスの香りはというと。

キリアンの「黒いたまのやつ」。敬意と愛情の全てをこめて自分がそう呼んでいるボトルのたまをつかんで逆さにし(←伝統をくつがえし)、四角い台座キャップをはずす。するとボトルは本当に黒いミニ爆弾のよう。最高。外した四角い台座キャップには、そのままスプレー口を上にしてボトルをのせておくこともできるようになっていて、確かに魅せるデザインとしても秀逸。

そんな「黒いたまのやつ」からスプレーすると、何とも分かりやすい香りに包まれる。とても甘くてクリーミーで、それでいてどこか涼しげにおすまししている香り。プリンセスは、少しくすんだ陰をもつマシュマロクリームの香りがする。

香りの構成にも「ジンジャー、グリーンティー、マシュマロ」としかのせていないプリンセス。ただ結構ベースはしっかりしていて、ウーマンインゴールドのベース香を流用したんじゃないかと思うほど、アニス香が出てスーッと清涼感を漂わせている。甘さは綿あめライクなエチルマルトール系にピーチやアップルなどを少し効かせて、マイルドフルーティー方向に振っている模様。こっくりと甘くて、その下からロースティーなヴァニラとベンゾインの樹脂っぽさ、ジンジャーのじんわりした温かみも感じられ、そこはかとなく煽情的。あー、これはロリータレンピカをマイルドにして甘さを強調した感じだなという印象。夜遊びの闇の姫様。

香り変化はほぼなくてシングルノートのよう。マシュマロの香りと言い切っていいくらい、このキーノートは突出している。ただわずかに漢方薬っぽいスパイシーも下からのぞいていて、さながら「甘い蜜は出してるけど、あんたのためじゃないから。それ以上近寄ったら刺すわよ」というような陰がある。それは気に入らないものは本気で刺す蜂の雰囲気に近い。若さゆえの辛辣さと真剣さ。

少女は心の中に小さな透明なたまを抱えている。そこに映る街の風景や人の姿、それらは美しいだろうか?汚れてないだろうか?人生は甘くない。王子様なんていつまで待ってたって来やしない。チャンスは自ら作るものだし、自分の手でつかむもの。たまは鈍く光りはじめている。

だから。

「そばに王子様なんていらない」その真意は、男なんかいらないという意味じゃない。真の成功を勝ち取るためには男の力なんて借りない、自分の力でプリンセスになる。そういう意味なのだろう。

胸のすくメッセージだ。もしも己の汚れた欲望を満たすために貴女方に札束をちらつかせてくる親父どもがいたら、女性たちよ、どうか笑いながら蹴っ飛ばしてやってほしい。

やつらの黒いたまを。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿271
トム フォード ビューティ / ヴェール ボエム オード パルファム スプレィ

トム フォード ビューティ

ヴェール ボエム オード パルファム スプレィ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:50ml・28,000円発売日:2016/9/23

ショッピングサイトへ

4購入品

2019/9/21 19:06:50

季節の変わり目は、なぜか心がトーンダウンしやすいもの。トム・フォードのヴェール・ボエムは、そんなときに静かに心に寄り添ってくれそうなフローラル・グリーンのオーデパルファムだ。

ヴェールボエム、直訳すると「緑のボヘミアン」。ボヘミアンと言えば、昨今クイーンブームリバイバルでよく聞いたワードだが、これは北インドからヨーロッパに向かって移動生活をしている者たちを若干揶揄した言い方だ。そういえば映画でも根底に人種のテーマが流れていた。

ヴェールボエムは、2016年にプライベートブレンドシリーズ(PB)の新ラインとして登場したレ・エクストレ・ヴェール・コレクションのうちの1本。このシリーズはこれまでPBになかったグリーン系の香りのラインナップが特徴。調香師はディオールのハイヤーやPBのタバコヴァニラなどを手がけたオリヴィエ・ギロチン。では、緑のボヘミアンと題した作品、いったいどんな香りだろうか?

ヴェールボエムをスプレーする。その瞬間感じられるのは、ほのかに甘くジューシーなマンダリンの香りだ。だが、5秒もせずに強烈なグリーンノートが広がってくる。「お、ガルバナムだ」と分かるほどの青臭いグリーン。シャネルの19番やクリスタルのイントロを思わせる香り。

ほどなく、クリーミーなファセットがグリーンノートの周りを包んで広がってくる。ガルバナムの青さはすぐに消え、人工的なグリーンノートが一直線に伸びてくるイメージ。あまり鼻を近づけてずっと嗅いでいると少し頭がクラクラしてくるような香りだ。このミドルは、どこか車用芳香剤やガラス用洗剤の匂いを彷彿させるような香りで、正直最初はあまり好きになれなかった。理由は明白。グリーンノートの名香に必ず含まれているオークモスのキリッとした苦味がないせいだ。

天然のオークモスは香料規制の波を受けてほぼ使えなくなった香料だが、香り全体のエッジを引き締め、ビターグリーン感と森の香りを彷彿させるにはなくてはならない香料だった。19番にもクリスタルにもかなり入っており、ガルバナムのグリーンとの相性はすばらしいものがある。だが、ヴェールボエムはオークモスを使えない。ではどうしたか?だったら最初からまろやかなグリーンのシングルノートを出す。それがこの作品の提案なのだろう。

ヴェールボエムのグリーンにかかるクリーミーな香り、その正体は同じくらいのの出力で出ているホワイトフローラルの香りだ。構成を見ると、マグノリア、ハニーサックル、ヒヤシンスあたりのようだ。確かにジャスミンの香りを軽く甘く低音で響かせたような白い花の香りがずっとグリーンとハーモニーを奏でている。しっとりとしていて落ち着いたホワイトフローラルだ。そしてこのミドルのグリーン&フローラルがそのまま減衰していく。持続時間は体温高めの自分の肌で4〜5時間ほど。

全体的に見ると、トップでマンダリンがスッと出た以外は香りが変わらず、青くてじんわりしたグリーンとやや低めの白いフローラルがずっと同じ音量で流れていく展開。単品使いよりもやはり重ね付け用アイテムとしての使用がベターかと。おすすめはジャスミンルージュやチャンパカとのレイヤー。白いフローラルが強調されてグリーンがいいアクセントになる。季節の変わりめなどに他の香りにのせて使うといい。

季節の変わり目、それは気温と湿度、気圧が刻々と変化する狭間のときだ。暑さに慣れた身体が不意に肌寒さを覚え、虫の声も秋のそれに変わったことを知る。空にわきあがっていた入道雲が、きれぎれのいわし雲に変わったのを見て、人は季節の移ろいに気づく。日々変わりゆくこの季節の合間は、恒常性を維持しようとする人間にとって、身体を慣れさせるのにとても辛い「魔の刻」だ。だから心にも知らず知らず澱がたまっていくのだろう。何かと何かの間に挟まってどっちつかずのとき、人の心は特に疲れやすくなるものだ。(←部長と部下の間とか、夫と子どもの間とかね)

故郷を捨て、欧州への道をひたすら旅するボヘミアンたち。野原でキャンプし、音楽を奏で、国から国へ渡り歩く流浪の民の彼らもまた、常に狭間にいる人たちかもしれない。青い空へと続く緑の草原の一本道。行くか戻るかとどまるか。自由な生活であるがゆえに、彼らも常に落ちそうな心と戦っている日々であろうことは想像に難くない。

ボヘミアンの緑と名付けられたこの作品も、言い換えればシトラスとフローラルの狭間にあるグリーンな香りだ。だから季節の合間のこの時期、この香りはどちらにも振り切れずうつむいた心に、やさしい草原の風を吹かせるのだろう。

ヴェールボエム。それは道なき道をゆく者たちの自由な緑の調べ。未知の世界を夢見て今を戦う者に寄り添う、グリーンとフローラルの柔らかなユニゾン。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿271
イヴ・サンローラン / オピウム オーデトワレ

イヴ・サンローラン

オピウム オーデトワレ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:50ml・10,000円発売日:2010/9/23

ショッピングサイトへ

7購入品

2019/9/15 00:01:54

香水の歴史上、最も危険な作品といえばイヴサンローランのオピウムがまず挙げられるだろう。「阿片(アヘン)」というネーミングに絶対的にこだわったサンローラン。しかしその名前ゆえに各地でパニックや暴動に近い事件が多発したのも事実。それでも全世界で爆発的ヒットを記録し、1977年の発売以来、50年近くたってもいまだに売れ続けている伝説の名香オピウム。その官能的かつ退廃的なオリエンタルスパイシーな香りの中毒となった人は発売以来数知れない。

オピウムは、印籠型とされる特徴的な丸窓ボトルのパルファムと、縦長のシンプルなボトルのオードトワレが1977年に同時リリースされた。現在パルファムは作られておらず、オードトワレのみとなっている。このレビューもオードトワレの方だ。調香師は、後にディオールのプワゾンなどもブレイクさせた凄腕調香師ジャン・ルイ・シュザック。彼は、サンローランに中国王朝時代のオートクチュールコレクションに見合った皇后の香りの創造を託され、その危険で中毒性を感じさせるネーミングに負けない、強くて蠱惑的なオリエンタル系の香りを創り上げることに心血を注いだという。

では、この香水に一体どんな魔力が秘められているのだろうか?

オピウムを身に纏う。軽くスプレーしたとたん、レモン増し増しのコーラのようなスパイシーでフルーティーな香りがガツンと広がる。オピウムのトップは本当にコーラのようだ。慣れ親しんでいる香りだからだろうか。薬草っぽい樹脂の感じも、ベルガモットやマンダリンのシトラスに包まれて爽やかにはじける炭酸のようでとても心地よい。印象としてはかなりクラシカルで濃厚な部類。ゲランのシャリマーやエスティローダーのユースデューに近い系統。

5分後、さまざまなスパイスとフローラルのミックスが鼻を麻痺させるかのように広がってくる。まず感じられるのはカーネーションの香り、甘辛いクローブの匂いだ。そしてたおやかなローズ、誘うような白いジャスミンのふくよかさ。中でもスパイシーなカーネーションの香りがフローラルの中心となって広がってくる。なんという馥郁たるミドル。カーネーションとローズとジャスミンは、ベースにある樹液のくぐもった香りのようなバルサミックなノートの上に開いている。このバランスがとてもすばらしい。似たタイプで言うと名香シャリマーが挙げられるが、あちらはもっとべルガモットやヴァニラ、アンバーが強く、しっとりとしているけれど、オピウムはギリギリと乾いている。スッキリシャープなキレのあるオリエンタル、そんなイメージだ。

このバランスはすごい。昨今のシングルノートだのシンクロノートだの「あまり変化のない香料少なめ値段高めのニッチ香水」に慣れた方は顔をしかめるほどの出力の強さだが、この作品のミドルだけは何度もつけてじっくりと味わってもらいたい。オピウムの香料バランスは本当にすごい。薬草のようなくぐもった樹脂のノート、コーラのような甘辛い香り、キッチン香辛料のドライなノート、そして美しい花々とのコントラスト。人を酔わせ、快楽に誘い、そして、心地よい眠りへと誘う魔法の香り、そう、これは確かに麻薬の類だ。一度味わったらここから抜け出せないかもしれない。これぞ香水オブ香水。何年もかけて本物の調香師が何度も何度もバランスを調整して仕上げた最高水準の香りの十二単。音楽でいえば何だろう。弾き語り?バンド?いや、オーケストラフルボリュームの香りだ。

持続時間はなんと10時間をゆうにこえる。たったひとしずく、その手首の内側につけるだけでも、スパイシードライなコーラのようなフローラルが思いのほか優しくたゆたい続ける。もちろん香りじたいに好き嫌いはあるだろう。けれど、シャリマーやこの香りを知らずしてオリエンタル系香水は語るべきではない。そう思う。

ラストは美しい煙のような樹液のこんもりした香りとアンバーの甘さの引き波を引いて静かに消えてゆく。衝撃的な名前よりなお、あらがいきれぬ愛の経験のアフタープレイのように、静かに狂おしく心に爪痕を残す香り。

忘れたいことも、悲しすぎる記憶も、ただいっときの夢に身を任せて、波間をただよう一輪の花のように、ゆらゆらと揺れてたゆたう時間があっていい。生きてる時間は何かと辛いことが多いもの。せめて一人、煙のような美しい香りに身をまかせて、泣きたいだけ泣ける夜があっていい。二胡の調べ。胡蝶の舞。

サンローランがその人生を賭してなお「この名前でなければノーネームでいい」とさえ言い切ったほど惚れ込んで、どうしても出したかった香水。知らないなら覚えておいた方がいい。

それはイヴサンローランの魂。オピウム。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

271件中 1〜5件表示

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・53歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • ブログ
  • 映画鑑賞
  • 読書
  • Twitter
  • 音楽鑑賞

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ