TOP > CamelliaSinensisさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)
表示
一覧
個別

絞り込み:

93件中 1〜5件表示

CamelliaSinensisさん
CamelliaSinensisさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 45歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿93
シャネル / コメット オードゥ パルファム

シャネル

コメット オードゥ パルファム

NEW

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

容量・税込価格:75ml・33,000円 / 200ml・57,200円発売日:2024/5/3

6購入品

2024/5/22 20:23:25

200mlボトル購入。フランス製。

200mlのみ初回限定特別仕様のため、
外箱にコメットジュエリーのエンボスが施されています。ロゴは銀色。

※2024/05/10に公式オンラインの再入荷で購入しました。
暫くは初回限定版が買えると思いますが、買う前に聞いたほうがいいかも。

_____


調香師はオリヴィエ・ポルジュ氏。
香調はほんの少しグルマン寄りのパウダリーフローラルムスク。


4年ぶりのゼクス新作はCHANEL初の桜、ということで期待していましたが、
チェリーアコードなので、本物の桜の花の香りを期待している方は静観でも良いかも。

ただ、前作のル リオン ドゥ シャネルとは真逆で、日本的な要素は強いと思います。
和菓子の道明寺桜や日本の白粉を感じる雰囲気もあり、これなら着物にも似合う。


海外勢のレビューで、「春の庭園」「東洋的」「俳句のよう」等と書かれていましたが、
確かに春の日本庭園的な印象はある。しかし、想像力が必要ではあります。

そこには白粉を塗った美しい舞妓さんがいて、満開の桜が咲いている。
春らしい、天下泰平の古き良き日本的な美しい世界観をオマージュしたもの、
といった感じでしょうか。



____



最初に店舗でスプレーノズルを少し嗅いだのですが、
はっきりとBEIGEの香りを感じたのがとても意外でした。

これについて指摘をしている方が殆どいらっしゃらないので不思議だったのですが
最近ようやくFragranticaでも同じ意見の方を見つけて、やっぱりそうだよね?と。
(※香りの感じ方は人それぞれなので正解はないです)

超極論を書くと、BEIGEが秋用ならコメットは春用のBEIGEと言った印象。



序盤はチェリーアコードに淡いBEIGE、
アーモンドプードゥルやアイリス、スミレを感じる。

その後は微かな沈香や白檀を感じたり、ベ・ローズが出てきたり、
トンカ(クマリンと書くべきか)やハニーを感じたりと、香りの印象はクルクル変わります。

サンプルを頂いてから2週間ほど毎日付けていますが、
肌に付ける部位や噴霧距離によって香り方がかなり違うのが面白いです。
肘の内側の採血針を刺す部分に付けるとフルーティーなサクランボの香りを強く感じる。


ラストがかなり長く、淡く優しいヘリオトロープとムスクが長く、長く香ります。
儚い香りがまるで彗星の尾のように長い軌跡を描くので商品名には納得。
手首に1プッシュで24時間過ぎても淡く香っていた。

香りの寿命がもっと短くて良い場合は、噴霧時に距離を離せば早く消えます。
空中に噴霧して手首で香りを拾うだけなら3〜5時間くらいで散るので調整は自由。


個人的には、「CHANELらしくない香り」とはまったく感じませんでした。
寧ろCHANELの香料でなければこの香りは作り出せないと思います。


_____



正直、これをオリヴィエ ポルジュ氏が作ったとは俄には信じがたい、というか、
ここまで繊細な表現が出来るのか、と驚いています。

嗅げば嗅ぐほど、香りの表現の天才であったジャック ポルジュ氏の遺伝子を感じて
やはり彼らは親子なんだなあ…と感心するしかなかった。
儚く上品で、低めのトーンの絶妙な調香で、素敵だなあと…。

彼は「ル リオン ドゥ シャネル」あたりから覚醒した印象がありますが
今回のコメットで更に腕が上がったと感じました。

「ガブリエル」の発売当時はどうなることかと本当に心配していましたが、
今は総じてポジティブな印象が強いです。


______________



最後にまとめると、全体的な印象としては、
CHANELのレゼクスクルジフシリーズのアンソロジー的な要素を強く感じる作品かも。

BEIGE、MISIA、などで購入を迷っていらっしゃる方は
先にコメットを買ってしまうのもアリかなと思いました。

ただ、いいとこどりをしたような作品ではあるので、
CHANELの香りの中で中庸な香りがお好きな方向けかなと思います。


1月〜5月くらいまでが一番楽しく使えそう。
これから1年、経過観察するのが楽しみです。おすすめします。



評価は一旦★6。

星を付けるとゼクスは★7ばっかりになって1番好きなものが分からなくなるのが悩ましい。
ゼクスで1番好きなのはまだJERSEY、2番はオードゥコローニュです。


※1mlあたりの単価は75mlボトルは440円/200mlボトルは286円(税込み) 

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
CamelliaSinensisさん
CamelliaSinensisさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 45歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿93
シャネル / レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ジャージー オードゥ パルファム(ヴァポリザター)

シャネル

レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ジャージー オードゥ パルファム(ヴァポリザター)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

容量・税込価格:75ml・27,500円 / 75ml・33,000円 / 200ml・50,600円 / 200ml・57,200円発売日:2016/10/14

7購入品

2024/5/22 17:11:14

200mlボトル購入。調香師はジャック・ポルジュ氏。

究極のラベンダーヴァニラムスク。
感想を一言で纏めるなら「絶品」。


香りの方向性としてはBEIGEにやや近いのですが
BEIGEが高嶺の花のようなエレガントな女性とするなら、JERSEYはノーブル。

芯のある正統派。

香調はアロマティックフローラル。
ほぼシングルノートで中身はラベンダー、ヴァニラ、トンカビーン、
ホワイトムスク、ワイルドフラワー、グラス、ジャスミン、ローズ。

香りの時系列変化はほぼなく、最初の香りが綺麗なまま消えて行きます。


この香りはそこにあるだけで儚く美しい。
そして素材勝負の特別な品であるという無言の圧力を感じます。

密のようにうっとりするような抱擁力があるかと思えば
男性向け香料であるラベンダー本来の凜とした雰囲気もきちんとありますし
ややパウダリーで繊細な清潔感も併せ持つ、とてもユニークで曖昧で巧妙な仕上がり。

既成概念を壊しているところがジャージー素材に通じるところがあるのだろうなと。
過去男性衣類であったジャージー素材で女性用ワンピースやドレスを作るのも
皺にならず扱い易いうえにデザインや縫製が上手ければ結構上品だし。


ゼクスEDTはN゜18/N゜22/BEIGE/GARDENIAまでは持っていますが
JerseyEDTを買い損ねてしまったので仕方なくEDPにしました。
でもこれで正解だったのかもしれません。

静かに体に寄り添い、穏やかに儚く消えていく様子が
この香りにはとても合っていると思います。

20代だったらアロマティックでフレッシュなEDTの方が合っていたと思いますが
ある程度香りに落ち着きが欲しい年齢となった今はEDPで良かったなと。
いつかPも購入して比較してみたい。


理想としての「自分らしい」香りを求めるのであれば、
私はこれがいいなと思いました。


リラックス効果がかなりあるのでお風呂上がりor就寝用に。ぐっすり眠れます。

物欲という荒々しい波に飲まれて中途半端なものをあれこれ買って醜く散財するより
本当に気に入ったものだけを持ちたい方に取って素晴らしい商品になると思います。





【※2024/03/27付けで価格改定されたため更新】
※1mlあたりの単価は75mlボトルは440円/200mlボトルは286円(税込み)


【追】JERSEYのEDT-200ml新品未開封フルボトル入手したのでEDPとの比較はEDTのクチコミに記載

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
CamelliaSinensisさん
CamelliaSinensisさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 45歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿93
シャネル / レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ラ パウザ オードゥ パルファム(ヴァポリザター)

シャネル

レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ラ パウザ オードゥ パルファム(ヴァポリザター)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

容量・税込価格:75ml・27,500円 / 75ml・33,000円 / 200ml・50,600円 / 200ml・57,200円発売日:2016/10/14

7購入品

2024/5/8 18:53:07

200mlボトル購入。フランス製。
購入検討中に書いたクチコミをすべて書き換えざるを得なくなった。

調香師はジャック・ポルジュ氏。
香調はフローラルウッディムスク。


長い間購入検討していたこのラパウザは、店舗で試すたびに香りの印象が違っていた。
原因としては、季節による嗅覚、嗅ぐタイミング、ロットブレあたりかなと。

かなり前に嗅いだテスターのラパウザは粉っぽい印象だったし、
2022年に嗅いだテスターのラパウザはNo18化していた。


そして私が今回購入したこのロットは
時代を超越したイリスパリダが繊細に香る、聡明で知的なアイリスだった。
一緒に購入したシコモアよりよほどドライで男性にも似合いそうなのに勿体ない。



______


先に結論を書くと、

自然なアイリスの香りを1本だけ手に入れたいのであれば、
このラパウサを買うのが最適解だと思います。

CHANELは元々、強いイリスパリダ愛を持っているため、
高額商品に自社栽培のイリスパリダを入れまくる傾向がありますが、
このラパウザは他のどの商品よりもシンプルなアイリスの香りだと思います。


とても美しい香料展開で、シングルノートではないです。


TOPはカットグラスが香る、強い緑を感じる構成。
剣のように天に向かって伸びるアイリスの葉の鋭さを讃えたオープニング。

草原の香りだなあ…などと思っているうちにアイリスが現れる。
ここからは美しい青と白の世界が続く。物言わず、ひたすら静かに香る。
静かすぎて何も香っていないのかと感じるレベルの静寂。
しかし香りが戻ってくる。

ドライダウン後はアイリスルートとムスク。
幻想的な霞のような、乳白色の世界が空中をふわふわと広がる。





私はCHANELのイリスパリダ単一希釈天然香料(エッセンス)を少し保管しているのですが、
イリスパリダは本来、癖のある土臭い要素も含む面白い香りです。

熟成されたアイリスの根の香りを慎重に生かしつつ、
本来の土っぽさなどの癖は他の香料で綺麗に装飾してある。

シンプルでありながらもTOPからLASTまで緻密に纏められており、
アイリス香水としての完成度が異常に高い。

如何にアイリスのエッセンスの香りを壊さず、美しいストーリーを作り上げるか
愛情をもって作られた作品なのではないかなと。


巷に出回っている自称アイリスの香水は
エッセンスの原型を留めていないブランドが多い中、
CHANELは素材をしっかり生かして綺麗に作ってあるなぁ…と。



CHANELのイリスパリダ愛の深さに驚く。
いつ付けても静かに肌に寄り添い、香りに疲れない。

多分この香りが好きな方は、香りに満足しているからこそ、
ネットに感想を書かないのではないかなと…。

いつか同志の方がこのクチコミを見つけてくれたらとても嬉しい。



1年を通して香りの変化を観察するのが楽しみです。
アヤメが咲く5月より少し前、4月中旬〜梅雨〜夏が一番楽しく使えるのでは。


★は一旦6〜7くらい。

ラパウザは人気がないらしくて多分誰も読まないのでもう構わず★7を付けておく。
超絶ヤケクソな理由でごめん。ラパウザが評価されないの、可哀想すぎる。

最早CHANELの中の人達も関心がないようで、
商品名も「28 ラ パウザ」のままずっと放置されていたので
アットコスメに連絡してCHANEL担当部署に商品名修正してもらいました。よかった。

   

※1mlあたりの単価は75mlボトルは440円/200mlボトルは286円(税込み)
  

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
CamelliaSinensisさん
CamelliaSinensisさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 45歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿93
シャネル / レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ベル レスピロ オードゥ パルファム(ヴァポリザター)

シャネル

レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル ベル レスピロ オードゥ パルファム(ヴァポリザター)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

容量・税込価格:75ml・27,500円 / 75ml・33,000円 / 200ml・50,600円 / 200ml・57,200円発売日:2016/10/14

6購入品

2024/4/15 06:08:01

200mlボトルを購入。調香師はジャック・ポルジュ氏。
香調はグリーンフローラル。


先に結論を申し上げますと、
今は亡きシャネルの為に「休息の為の香り」としてトリビュートされた特別な香り
という認識で間違いないのではないかなと思います。

「深呼吸」という意味合いのベルレスピロ。
事故死した恋人、ボーイ・カペル氏への傷心を癒やす為に建てられた
別荘の名前とのこと。


_______________



爽やかな5月の気候にぴったりな商品。

新緑、モスグリーンの葉、白い花々が見事に表現されている。
全体的にシャープで甘みは淡く、上質な穏やかさ、清々しさを感じる。

澄んだ青空、雲。雫が光る湿った草。新緑の香り。白い花々。
例えば犬を繋いで散歩に出かける本革のリード。それとも革のバッグの香り。
爽やかな風。ゆっくりと時間が流れているような感覚。のどかな田園風景を想像する。

とても幸せな時間。

牧歌的な田舎の庭園に囲まれた別荘で
そよ風に吹かれながら昼寝をすることを「贅沢」と感じられる人にこそ
価値を感じられるものだと思う。それが逆に都会的でマスキュリンな印象を受ける。


クラシカルなシプレ系の上品な香りがお好きな方や、
N゜19やクリスタルの上位互換品を探している方には向いていると思う。


ネガティヴな書き方をするのであれば、
「そよかぜを纏ってどうするの?」と言われればそれもそうですね、としか言ようがない。
この香りがあまり評価されない理由は、他人にアピールする気配が全くないからかもしれない。

意味があるか分からないものに価値を感じる事こそ、豊かで贅沢なことだと私自身は思うが
客観的に見てそうではない人のほうが圧倒的に多いだろう。


一応女性向けの商品ですが、
これが似合う女性は年齢問わず自尊心と自立精神が強い人かも。
男性が付けてもそこまで違和感はないと思います。

そしてベルレスピロに並べるなら”BOY”も良いなと思う。



個人的には香りを理解する為にもう少し時間が欲しい。
香水は季節によって感じ方が全く違うので最低1年は付き合わないと分からない。
更に言うならフランスで作られた香りはフランスで嗅がなければ理解できないのだろう。


_____


Basenotesによるコンポジットは以下の通り

Top Notes
Citrus, Grass, Crushed leaves, Galbanum, Rosemary, Thyme
柑橘、草、砕いた葉、ガルバナム、ローズマリー、タイム

Heart Notes
Daffodil, Honeysuckle, Rose, Hyacinth
水仙、スイカズラ、ローズ、ヒヤシンス

Base notes
Leather, Vetiver
革、ベチバー
 

概ね納得
本物のハゴロモジャスミンを感じる時や微かに梔を感じる時もある


_____


 
2016年に殆どの商品がEDT→EDPに再構成されたレゼクスクルジフシリーズですが、
嗅げば嗅ぐほど若年層顧客をぶった切って熟年層顧客向けに再構成されたように感じます。

EDTはもっと香りに取っつきやすく、大衆受けを目指している分かりやすいものが多かった。
EDPは全体的に香りのトーンが押さえられ、シックな仕上がりになっているものが多い。
これこそが同じ香りでも再構成によって好みが分かれた原因なのではないかと思います。


_____________________
 
 
【追記2021/05/13】


購入から1年以上この香りと付き合って感じたこと。

・梅雨の夜 →「こんなにこの季節に似合わない香りってある?」と。
 初夏に感じられた長閑さが微塵もなく、何故か無個性でつまらない印象を受けた。

・夏 →想像していたよりも全然不快ではなかった。
 これはこれで悪くないけれど、元々夏はシトラス系ばかり使うため出番がなかった。

・秋冬 →まるで寒い中、半袖を着ているような違和感。出番がなかった。



結論としては、ベルレスピロを心地よく楽しむには
春から初夏の晴れた休日の、午前中から午後にかけてがベスト。
 
 
  
【※2024/03/27付けで価格改定されたため更新】
※1mlあたりの単価は75mlボトルは440円/200mlボトルは286円(税込み)
   

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
CamelliaSinensisさん
CamelliaSinensisさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 45歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿93
シャネル / レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル	シコモア オードゥ パルファム(ヴァポリザター)

シャネル

レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル シコモア オードゥ パルファム(ヴァポリザター)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

容量・税込価格:75ml・27,500円 / 75ml・33,000円 / 200ml・50,600円 / 200ml・57,200円発売日:2016/10/14

7購入品

2024/4/15 06:05:50

200mlボトル購入。フランス製。
香調はスモーキーウッディシプレ。


EDT版(2016年に終売)の調香師は
ジャックポルジュ氏とクリストファーシェルドレイク氏。
そして2022年発売のP版はオリヴィエポルジュ氏なのですが
FragranticaにはEDP版の調香師の名前が書いておらず不思議に思っていました。

先日、CHANELの仏公式サイトの説明文を読んでいたところ、
「シコモアは1930年にガブリエルシャネルが作成した」と書かれていて吃驚。
※日本版はPに書いてあります。

実際に「sycomore 1930 chanel」で画像検索すると
当時の商品画像が出て来るので製品化もされていたようです。
しかも今のゼクスの外箱のオリジナルが1930年のシコモアの外箱という。

そのため現在、オリジナルオマージュの木目外箱シコモアが他国では限定発売されています。

というわけでEDT版(2016終売品)は1930年のオリジナルを元に
調香師によるブラッシュアップを経て誕生したようです。

シコモアの復活&再解釈は相当プレッシャーがあっただろうし
1人では荷が重かったので共作にしたのかな、と憶測…。


______


香水らしい香水ではなく、エッセンスのみで作られた明確な何か…つまり、
花のハイライトすら入れない唯一無二の力強い木質の香りを作りたかったようで、
それは当時流行っていた煌びやかでフリル満載のファッションに対するアンチテーゼとして
彼女の精神とリンクしています。

sycomoreはsycamoreとも綴るようで、
主にエジプトイチジク、セイヨウカジカエデ、アメリカスズカケノキなどの
力強く大地に根を張り、天まで伸びそうな大木の呼称となっているよう。


_______


一通りの説明が長くなりましたが、先に結論を書くと
CHANELで「神木系フレグランス」や「寝香水」が欲しいならシコモアで間違いない。
ベチバーの香り=男性向けと思われがちですが、フェミニンな要素もしっかりある。


オープニングはジュニパーベリーや微かにベチバーが香り、
最初からあまりの美しさに驚いた。

程なく雰囲気がガラっと変わり、
サンダルウッドやコーンインテンスの香りを感じたり
自然な甘みのある、スモーキーで深いヴァニラチンキが美しく香る。

この段階が一番印象に残る香りで、
謂わば「異常にお洒落な禅の世界」という感じ。
色で例えるならセピア、ダークチョコレート、ベージュかなあと。

そして夕暮れの後のように香りに陰りと静けさが訪れ、ベチバーが静かに香る。
ラストの持続や余韻も長く、自分の肌では約12時間仄かに静かに続いた。

全体像としては、ベチバーは居るには居るが、酷く悪目立ちすることはなかった。


他の香料との融合性が素晴らしく、
これを「男性用の香り」とカテゴライズするには到底無理がある。



時を超えて愛される商品だと思います。

シコモアは日本国内でもP版の販売があるので、
検討中の方は店頭でEDPとPを両方試して考えた方が良さそう。
P版もかなり評判が良いのでアリ寄りのアリ(何だそれ)ではないかな?と。

公式説明を見た感じでは、シコモアは秋冬向けの香りのようなのですが、
8月の真夏日に店舗で試した時も綺麗に香り、驚いて購入候補に入れた経緯があるので、
通年使用できるのではないかな。これから1年経過観察。



評価は流石に★7を付けざるを得ない。

[本人が原作]という唯一無二の付加価値。
その付加価値に負けない調香技術と素晴らしい素材。
ゼクスシリーズの中でも特に選りすぐりの特別な1本だと思います。

実は、シャネルの全フレグランスの頂点にいるのはシコモアなのかもしれない。
何故って、このストーリーには一生誰も敵わないから。





【※2024/03/27付けで価格改定されたため更新】
※1mlあたりの単価は75mlボトルは440円/200mlボトルは286円(税込み) 

※画像3枚目(右)はクチコミ商品に関する歴史資料としてネット上の画象を添付しています。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

93件中 1〜5件表示

CamelliaSinensisさん
CamelliaSinensisさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

CamelliaSinensis さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・45歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・硬い
  • 髪量・・・多い
  • 星座・・・射手座
  • 血液型・・・A型
趣味
    未選択
自己紹介

INTJ-Aタイプです。 写真は自分で撮っています。 著作権を放棄しておりませんので写真や文章の盗用は御遠慮下さい。 PCプロ診断/1s… 続きをみる

  • メンバーメールを送る