TOP  >  doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)  >  Etat libre D'orange / コロン(あぁ、いい香り)へのクチコミ

doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにフォローされていますEtat libre D'orange / コロン(あぁ、いい香り)へのクチコミ

表示
一覧
個別

クチコミ246件中3件目表示

前へ

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿246
Etat libre D'orange / コロン(あぁ、いい香り)

Etat libre D'orange

コロン(あぁ、いい香り)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

本体価格:-発売日:-

4購入品

2019/4/6 15:11:19

「香りなんて嗅ぎたくない。匂いなんてうんざり。世界が無臭ならいい。」もしそう感じているとしたら、申し訳ないが貴方の心は黄色信号かも知れない。なぜなら五感の中で嗅覚こそが最もダイレクトに本能や第一次欲求と結びついているからだ。香りや匂いを拒絶する状態は、自身の本能的な欲求「食事・睡眠・性欲」を面倒に感じ、心の抑圧状態が進んでいることを示唆するとも言われている。

人は本当につらくて悲しい時、身体の調子が悪いとき、香りや匂いを敬遠したり拒絶したりするものだ。言いかえれば、香りや匂いを楽しめている状態は心や体が積極的に外界の情報をインプットしようと外に働きかけているいい状態であるとも言える。香りの感じ方は心の健やかさのバロメーターという側面をもつ。

春、4月は特に新しい環境や変化が多い時期だ。年度の始まりは激務にさらされ、心身が極度に疲れやすいときでもある。心と顔は知らず知らず暗くなる。そして色をなくす。そうなったらどんなにいい化粧品を顔に塗っても無駄だ。顔と身体は心とつながっている。心をケアしなければ顔に生気が戻ることはない。

色をなくした心には3つの水が効く。それは涙と汗と香水だ。哀しければたくさん泣くといい。涙は心を静かに落ち着かせる。次に外に出て散歩をしたり、スポーツしたりして汗を流すことが大切だ。つまりいったん自分の中の黒い毒をアウトプットすることが重要だ。身体のデトックスができれば、心は少しだけ柔らかくなる。そのあとで自分が心地いいと思う香りを探してかいでみるといい。香水でなくてもフルーツや食べ物の香りでもいい。「いい匂いだ」そう感じたとき、落ちた心はまた一段階ギアを上げられるはず。

そんなときにお勧めしたいのが、エタ・リーブル・ド・オランジュ(「オレンジ自由国」以下ELDO)の「コロン(あぁ、いい香り)」という作品だ。コロンという名前なのに和訳が「あぁ、いい香り」で、オードパルファム表記というのはどこか皮肉めいている。それはいったいどんな香りなのか?

「あぁ、いい香り」をスプレーする。(←わざと和訳だろ)トップ、透明感のあるグリーンノートが一瞬感じられる。すぐさまコクのある酸味が心地よいベルガモットの香り。そして苦みの強いオレンジの皮の香りが続く。かなり甲高い酸味もあるのでグレープフルーツかなと思いきや、クレジットによるとブラッドオレンジのようだ。違いは香りだけでは分からない。レモンのようにはじけるシトラススプラッシュなトップが爽やかだ。

3分もすると下からまろやかなフローラルが感じられるようになってくる。柔らかく包み込むようなオレンジフラワー系の香りだ。少しずつ減衰するシトラスミックスの下から、オレンジの花&ジャスミンのホワイトフローラルミックスが穏やかに香ってくるようになる。ミドルはこのオレンジフラワーとジャスミンが、アフターバスの入浴剤の残り香のようにふんわり香り続ける。

やがて1時間ほどすると香りはかなり薄れてくる。賦香率は12%なのでEDP濃度だけれど、実際に付けると、体温高めの自分の肌で1時間ちょっとしかもたないことが多い。ラストはわずかなレザー香を伴ってほの甘いホワイトムスクでフェイドアウト。香り立ちは終始穏やかだ。

ELDOの「あぁ、いい香り」は伝統的なオーデコロンのレシピを踏襲しつつ、トップにブラッドオレンジの酸味、ラストにわずかなレザーを効かせた作品だ。穏やかで春〜夏向きの香りだと思う。ただ50mlで1.3万円前後という値段はどうか。EDP濃度とはいえ、持続時間が短いこととあっさりした香り立ちなので、ここは判断が分かれるところだろう。それでもこんな柔らかい香りを1本は持っておくと便利だ。

春は心身ともに本当に疲れる季節だ。気がつくと心と体が沈んで動けなくなっていることもある。それでも世間はおかまいなしにタスク処理を要求してくる。動きたくない、食べたくない、眠れないの「3ない」になったら心は要注意だ。

心が辛くてたまらないときに効くのはジャスミンやオレンジの花の香りだ。これらは副交感神経を活発化させ、鬱症状を改善したり、精神性負荷を柔らげたりする効果をもつことが知られている。暗い心には白い花が効く。そこにリフレッシュ効果の高いシトラスをミックスすると、少しずつ心は切り替え方を覚え、自己回復していくようになる。

オレンジ自由国の「あぁ、いい香り」はそんなときに試してほしい香水だ。「あれもこれもしなくちゃ!」と激務に追われ、新しい変化で心と身体をすり減らして何も感じなくなる前に、薬のような香りをそっと付けてみるといい。

「あぁ、いい香り。」

もしちょっとでもそう思えたら大丈夫。貴方はまだもう少しいけるはずだ。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・53歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • 読書
  • 音楽鑑賞
  • 映画鑑賞
  • Twitter
  • ブログ

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ