TOP > 白雪7さんのLikeしたクチコミ(登録日時順)

11件中 1〜5件表示

★花音♪さん
★花音♪さん
  • 37歳
  • 混合肌
  • クチコミ投稿109件
エルメス / 地中海の庭 アン ジャルダン オン メディテラネ

エルメス

地中海の庭 アン ジャルダン オン メディテラネ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)]

税込価格:-発売日:-

6

2007/9/2 13:17:46

エルメスの香りは好きなものが多いです。
この香りはナイルの庭やゲランのオーインペリアルとともに夏のヘビーユースです。

トップの渋みある香り立ちから、もう心はうっとり・・・瞬時に遠い世界に行ってしまいます。
私にとっては『雅歌』の世界。

・・おとめの詩・・
王様を宴の座にいざなうほど わたしのナルドは香りました。
恋しい方はミルラの匂い袋 わたしの乳房のあいだで夜を過ごします。
恋しい方は香り高いコフェルの花房 エン・ゲディのぶどう畑に咲いています。

・・若者の詩・・
おとめたちの中にいるわたしの恋人は 茨の中に咲きいでたゆりの花。
わたしの妹、花嫁よ、あなたの愛は美しく ぶどう酒よりもあなたの愛は快い。
あなたの香油はどんな香り草よりもかぐわしい。

・・おとめの詩・・
わたしを刻みつけてください。
あなたの心に、印章として あなたの腕に、印章として。


・・・本当はもっともっと官能的で、かつ魂的でもある愛の歌なんだけど、濃厚なので薄めチョイスで。

『雅歌』を読むとこの香りの記憶が、さも今身に纏っているかのように鮮烈に蘇り、そしてこの香りを身に纏うと、まるで絵画のように、デジャヴのように、ヴィジョンのように、『雅歌』の節が、目に見えるめくるめく音楽となって頭の中に流れます。

手持ちの香水の中でも、ちょっと特殊な存在感の香水です。


使用した商品
  • 現品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 48歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿398
Jo Malone London(ジョー マローン ロンドン) / ライム バジル & マンダリン コロン

Jo Malone London(ジョー マローン ロンドン)Jo Malone London(ジョー マローン ロンドン)からのお知らせがあります

ライム バジル & マンダリン コロン

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:30ml・8,800円 / 50ml・13,200円 / 100ml・18,150円発売日:-

ショッピングサイトへ

4購入品

2014/2/13 00:49:42

「なんか、何かが、もの足りない」このコロンをつけるたび、いつも何となくそう感じる。←生意気だな

そんなことを言うと、どこからともなく、「ノン!ノン!ジョー・マローンの個々の香りは、そもそも1つの完成形ではなくて、いわば素材ね。彼女は、『フレグランス・コンバイニング』という考え方を提唱していて、それは2つの香りをブレンドすることではなく、付ける量や場所などを自身で考えて、自由に重ねづけするというフィロソフィーなの。それによって初めて、個々の香りが唯一無二のオリジナルな香りを作り出すのよ」と、BAさんもどきな声が聞こえてきそうなわけだが。顔とか斜めにして髪かきあげたぐらいにして。←嫌いなタイプではない

なるほど、「フレグランス・コンバイニング」か。さすがTMマーク(商標)をとるだけのことはある。おもしろい。

「それはまあ、わかるんだよな、でもなあ」とまたまた手首に付けた「ライム・バジル&マンダリン・コロン」の香りをかぎながら思う。

トップ。つけたて2分、酸味も苦みも強くないけれど、シトラス独特の高い香り。ライムの果皮を指で傷つけると、唾液の出そうな酸味と苦みが味わえるけど、あの独特の風味ではないな。オイルだ、まさに。高音で、天然洗剤に使用できそうな高純度のシトラスオイルの印象。ギターの手入れに使うレモンオイルっていうのがあるけど、あれをさらに蒸留かなんかして、純度を高めたような香り。

そして同時に下からあふれ出てくるお湯っぽい香り。んー、なんだろこれ?名前のイメージからバジルの「味」をイメージしていたけれど、ふだん調味料として口にしているバジルの香りとは思えない。何というか、お風呂上がりの何かの匂い。水が蒸発するときの、すこーしだけ雑味やカルキがまじったような湯気の匂い。そこにドライで甘みのないシトラスと、ちょい清涼感のあるハーブを1滴ずつたらした感じ。

つけてから2分で、高音域のライムオイル的な香りはどんどん揮発し、次第に強くなるグリーンな香り。淡いけれど、清潔感のある優しい香りだ。ほんのりとだが、甘さも出てくる。このあたりでマンダリンオイルの香に移っていったか。そして、10分もしないうちに、少し清涼感のあるうすいグリーンな香りに落ち着き、あとはそのままのテイストでドライダウン。

日によって30分で跡形もなく消え失せてしまうこともあれば、4時間以上うっすらとスッとしたグリーン香が鼻をかすめることもある。ライムもマンダリンもバジルも、素材としてはトップノートの素材なので、消えていくのが早いのはいたしかたなしだけど。

うすれていく香りの余韻を味わいながら、頭の中でまだ考えている。

うーん、やっぱ何か、もの足りない。単品じゃよさが味わえないとすると、いくつか持ってないと意味ないな。でも、ジョー・マローン、値段高いしな。30mlで7000円として、そしたら、コンバイニングのよさを楽しむためには最低2本は必要だから14000円かー。でもこれ、コロンだよな。いい香料使ってそうだけど、薄いからコスパ悪い。んー、単品じゃやっぱだめなんかな?大体コンバイニングって言ったって、身の回りにはもともといろんな匂いがあるんだし、だったらさ・・・・、あっ。

そうか!

急に瓦解する。そうだ、いいんだ、別にコンバイニングしなくたって!この香りに感じた「もの足りなさ」は、それゆえに、日常生活のさまざまな匂いにも調和していくはず。

例えば、食事中。確かに合う。もともと全て食べられる素材から抽出している香りのせいか、この香りは食事中も邪魔にならない。それどころか、軽く食欲をアップさせてくれる印象。

例えば、女性の身支度。シャンプーやヘアケア製品の混じった髪の香り、メイク用品の各々の香り、そして、ボディークリームや洋服の柔軟剤の香り。考えてみれば、女性は男性の何倍もの香りを当たり前に身に纏い、もともと複雑な香りを放っているはず。そこにこの香りが混じっても、ぶつかり合うことなく、邪魔になっていない印象。

そう考えたとたん、ジョー・マローンのすごさ、女性としての繊細な感覚に少しだけ触れられたような気がした。

「ライムバジル&マンダリンは、あなたのすでにまとっている香りにすっと合わせていきます。あなたの日常の香りになじんでいきます。だからこそ、最小限の構成なのです。」

そんなメッセージが聞こえたような気がした。

だからこれは単品でも使える香りだなと思う。なぜなら、日常のさまざまなシーンに、自動的にコンバイニングしてくれる種類の香りだと感じるから。

この香りは、「もの足りない」。そして、だからこそよいのだろう。「足るを知る」者にこそ作れる香りだから。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 50歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿398
エルメス / 李氏の庭

エルメス

李氏の庭

[香水・フレグランス(その他)]

税込価格:-発売日:-

5購入品

2016/10/29 18:03:37

まさかエルメスの「庭」シリーズに5作目が出るとは思っていなかった。「地中海」「ナイル」とヒットを飛ばしたものの、「モンスーン」で商業的にふるわず、「屋根の上」でフランスに戻って、「やっぱりここが一番」的な、チルチルミチルの青い鳥な楽屋オチで、旅は終わったと思っていたからだ。

しかも、今回の旅先は中国。以前から調香師エレナが並々ならぬ関心を寄せている国だ。かつて訪れた紫禁城で出会ったキンモクセイの香りの感動のみならず、漢字や中国文化、シノワズリ(中国の美術様式)への興味も高いようだが、正直「またそちらですか」という気がしないでもなかった。では、肝心の香りはどうか。

「李氏の庭」を肌にスプレーすると、まずトップで感じるのは、甲高い黄色い柑橘の香り。レモンの酸味にキンカンの香ばしい甘酸っぱさが穏やかに鼻をくすぐる。そしてすぐ消失。3分とせずに、これまでの「庭」系に共通するウォータリーなベースが香り始めてくる。ここからがミドル。

それは、内省的でややはかない印象のジャスミンと、フィグ系を思わせる少し青っぽい印象のウォータリーノート、藻や苔を思わせる暗めなグリーンノートのミックス。アーティフィシャルな香りだが、とてもしっとりとして、落ち着いた透明感あるミドルだ。まさに、これまでの「ナイル」「屋根の上」あたりに通ずる「庭ベース」ともいうべきみずみずしい香り。ただ、よく見ると、少し草木が枯れている。沼の水にもカーキの濁りがある。しだれ柳が作る翳りが思いのほか濃い。そんな印象。水墨画とまではいかないものの。

ミドルは思ったよりも短いと思う。1時間もせずに、柑橘やジャスミン、グリーンな雰囲気は消失して、気が付くと、透明感あるウォータリーな香りとほのかな木の香りとが相まった、庭系独特の艶のあるラストになっている。香料じたいがかなり少ない印象で、庭ベースを元に再チューンしただけのような印象も。そして、このラストがどことなく「モンスーンの庭」のようにこんもりした温かみのあるスパイス感をもっているように感じられる。ジンジャーやカルダモン、クミン系のスパイスがほんのわずかアクセントとして効いている、そんな感じがして、キラキラのスイレンアコードで終わる「ナイルの庭」や、甘ったるく終わる「屋根の上の庭」よりも、「モンスーンの庭」のインド寄りに思える。

ラストはほのかに7〜8時間も残っていて香るけれど、どこか入浴後のジャスミン系入浴剤の残り香のようにも感じられる。ジャスミンとウォータリーノートを合わせているのだから、さもありなんとは思うけれど。

全体に、とても落ち着いてしっとりした香りだと思う。であればこそ、やはり空気が乾燥してくる秋〜冬にかけて、シックな色合いの服やシーンに纏うとよい雰囲気になるだろう。そんな意味でも、この春に出た新作だけれど、自分にとっては秋のイメージの方が強い美しい香り。

ただ、いくつか言いたいことはある。

まずは、とにかくこのネーミング。どうにかならなかったのだろうかと言いたい。「李氏」は、中国や韓国で最も多い姓の1つであり、中国の架空の庭をイメージするための象徴として使用したようだが、「香水は何をお使いですか?」と聞かれて「あー、はい。『李さんの庭』です。」という会話だけは絶対にしたくないし、避けたい。欧米ではどうか知らないが、「李氏の庭」というネーミングは、明らかに日本人の心には響かない。響かなさすぎる。(←みんな遠慮して言わないから言ったな。パンクスめ。)

せめて仏語のまま「ムッシュリーの庭」、あるいは「シノワズリの庭」くらい、ぼかしてほしかった。加えて言うなら、もし日本をイメージして第6作を作ることがあれば、「佐藤さんの庭」なんて名前で出そうものなら、本気で青空に向かってあらん限りの罵詈雑言をシャウトします。(全国の佐藤さん、すみません。日本で一番多い苗字という意味で、他意はありません)

また、皇帝のイエローと呼ばれるボトルの美しいイエローグラデも、土色の黄河や、苔むした岩、よどんだ沼の色のイメージではやや残念だ。この香りやボトルから自分が思い浮かべるのは、陽に向かい、美しい黄色の扇を満開に広げたイチョウの木と、落葉が作る一面の黄色の絨毯。中国の観音寺には、樹齢1300年をこえると言われるすばらしいイチョウの木があるという。そんな紅葉ならぬ「黄葉の庭」のイメージが似つかわしい。

空が青くどこまでも高い。その空に向かって、鮮やかな黄色の葉をつけたイチョウの大木が、思い思いに気持ちよく枝を伸ばしている。その青と黄色のコントラストが目にまぶしい。

秋の午後、どこからかジャスミンティーの温かな湯気の香りがしている。柔らかな黄金色の日差しが降り注ぐシノワズリの庭で。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しーしーりりかさん
しーしーりりかさん 25人以上のメンバーにフォローされています
  • 50歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿128
ジェニファーロペス / スティル ジェニファー・ロペス オード パルファム

ジェニファーロペス

スティル ジェニファー・ロペス オード パルファム

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:30ml・7,150円 / 50ml・10,450円 / 100ml・13,200円発売日:2003/11/1

7購入品

2010/10/24 18:58:14

秋になり、Stillの香りが恋しくなりました。

暑い時期には少しだけ重く感じたこの香りも、これからは活躍の季節です。

普段、夜はよく眠れるシャネルNo5をつけますが、オンタイムにはいろいろな香りを楽しんでいます。
ずっと軽めでひねりのあるエルメスを使うことが多かったのですが、秋冬にはもう少し甘さのある香りをつけたくなるものですね。
香水も衣替えしました。
久しぶりにつけてみると、相変わらずほれぼれするような良い香りがしました。

紅茶やお茶系といわれる香りを試してきましたが、Stillはその中で最も気に入っています。
トップは少しだけ日本酒のツーンとした感じがありますが、ミドル以降はアールグレイとジャスミンティーが混ざったような香りがします。
上品ですが親しみやすく、そこそこ持続性もあります。
ラストまで、フルーツ系の甘さやバニラ、ムスクなどでごまかすことはありません。
紅茶と高級石鹸がミックスしたような完成度の高い香りが、そのまま持続します。


上品ですがセクシーさも持ち合わせているので、若い女性から大人の方まで幅広く使えると思います。
我が家では親子で慣れ親しんだ香りになっています。
男性でも香水に慣れた方なら大丈夫でしょう。
グロウバイジェイローも高級石鹸系の素敵な香りですが、あちらがプライベート向けだとすると、Stillはオンでもオフでも外出時に使うのがふさわしいですね。
自分が酔わないし、まず周囲の人に迷惑をかけることはないでしょう。
ちなみに私の周りでは、シャネル、ゲラン、エルメスを抑えて一番評価の高い香水です。
かなりお手頃な値段で購入できますが、決して安っぽくはありません。
大人が気軽につけるのに最適だと思います。

手軽にどこでも買えて、コスパもいいし、ボトルも可愛いし、何よりも香りが素敵です。
必ず戻ってきてしまう香りなので、これからもリピートし続けると思います。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
しーしーりりかさん
しーしーりりかさん 25人以上のメンバーにフォローされています
  • 50歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿128
エルメス / オー デ メルヴェイユ

エルメス

オー デ メルヴェイユ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:-発売日:-

6購入品

2010/9/17 13:14:44

これはちょっと他のメーカーにはない香りです。
特にトップの杉の香りは、針葉樹の森、もしくはヨーロッパの教会の薫香の香りがするので、ついつい深く息を吸い込んでみたくなります。
この香りがダメな方はトップで判断されるのだと思いますが、そこがハマりどころでもあると感じます。
このトップの感じは、同じくエルメスのケリーカレーシュにも共通なものだと思います。
初めての時は驚いてしまいますが、エルメスならではのこの複雑な香りは慣れるとすすんで嗅ぎたくなるから不思議でもあります。

トップの香りはすぐになくなり、ミドルからラストにかけてはイリスに通じる上品でパウダリーな香りに変化していきます。
イリスは普段使いしていますが、香りの持ちがよくないのが難点です。
それに比べると格段に持ちが良いです。
香水のトップの香りは香害になりやすいので、どんな香りでもつけ直しは基本的にしないようにしているため、その点では使い勝手がいいです。

こちらは例えてみれば、ケリーカレーシュのトップとイリスのミドル以降を合わせて、森林の香りと持続性を加えた感じだと思います。
私の普段使いのエルメスを比較するとこうなります。
持続性(=香りの強さ)→ヴァンキャトルフォーブル>オーデメルヴェイユ>ケリーカレーシュ>イリス
使いやすさ→イリス>オーデメルヴェイユ>ケリーカレーシュ>ヴァンキャトルフォーブル

エルメスの香水は定価が高いし、オクでも人気がありなかなか安く買えないので、普段使いとしては贅沢に感じます。
こちらも、アラートをかけて購入機会を待っていたのですが、最終落札値はいつも納得できないような高値なので、オク買いはあきらめました。
今回、通販で値下げしていたので、貯めていたポイントを使ってやっと50mlを購入に至りました。
この香りは年間を通して使えそうなので、100mlを買っても損はなかったと思いますが、ワンプッシュで十分香るので当分大丈夫そうです。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

11件中 1〜5件表示

白雪7さん
白雪7さん 5人以上のメンバーにフォローされています 認証済

白雪7 さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・49歳
  • 肌質・・・普通肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・多い
  • 星座・・・蟹座
  • 血液型・・・未選択
趣味
  • インターネット
  • 読書
  • 音楽鑑賞
  • ダイエット
  • お酒

もっとみる

自己紹介

日焼けしても赤くなるだけ、年中色白です。若い頃は苦労しましたが、年とともにくすんでグレーや黄色がかった色味に落ち着いてきました。ドメブラオークル色ファ… 続きをみる

  • メンバーメールを送る