TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順) > Memoize London / Humilitasへのクチコミ

doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにフォローされていますMemoize London / Humilitasへのクチコミ

表示
一覧
個別

クチコミ376件中4件目表示

前へ

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 55歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿376
Memoize London / Humilitas

Memoize London

Humilitas

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

税込価格:-発売日:-

5購入品

2021/9/25 11:20:44

秋の夕暮れ。ペールピンクのグラデーションの彼方にきれぎれの雲を見送っていたら、狂おしいほど切ない曲を聴きたくなった。プレイリストから選んだのは

クレナズムの「ヘルシンキの夢」。

ビートの効いたベースの上にロマンティックなギターリフが重なるシューゲイザーロック。ポップで透明感のあるヴォーカルが無機質っぽく、けれど孤独を切り裂くナイフのように胸に迫ってくる。

暮れなずむトワイライトタイム、曲とともに心が夕空の果てにもっていかれそうになる。美しい風景にシンクロするシューゲイザー。このコンピレーションには、心をときめかせる香水も不可欠だ。そう思ってどんな香水が似合うか考えた。

フルーティーやフローラルは、似合いすぎて気持ちが弱くなる。
グリーンは風を感じるけれど、夕景の色にそぐわない。
ならば、秋の夕暮れを思わせる琥珀色のウッディアンバーだ。

セレクトしたのは、メモワゼロンドンのヒュミリタス。

Memoize Londonは、英国キャサリン妃のご成婚フレグランスに選ばれたホワイトガーデニア・ペタルズで一躍話題になったイルミナムから独立したブランド。香りの特徴は、どこか中東風味のウードやローズがそこかしこに見え隠れするフローラルやオリエンタル風の作品が多いことだ。現在、日本での販売店はないようで、公式サイトからネット購入することができる。

白ボトルのヒュミリタス(Humilitas)は、同じ白ボトルにヒューマニタス(Humanitas)というスペルのよく似た作品があって混同しやすい。香調はもちろん異なる。

刻々と変化する夕空のグラデーションが消えないうちに、そう思いながらヒュミリタスを肌にのせた。

プッシュした瞬間、赤い薔薇が開いた。追いかけるように、透明感のあるレザーの香りが重なってくる。プッシュした手首のところがツヤツヤと光っている。高濃度のオイルを使っていることがわかるトップ。

次第にレザーが主張してくる。公式サイトの構成を見る。レザーはない。でもこれはソフトレザー、あるいはウード系の香りだと思う。香料イメージは次のとおり。

トップノート:マンダリン、レモン、ベルガモット
ミドルノート:ジャスミン、リリー、ローズ、サフラン、ナツメグ、ダバナ、パウダー
ベースノート:サンダルウッド、アンバー、ラブダナム、バニラ、バルサミコ、ムスク、パチュリ

この中ではトップのシトラスはほぼ感じられない。最初にふっとローズが香ったと思った瞬間に、ほんのり焦げた洋酒ライクなウードが香ってくる。

夕日が空を焦がしている。「ヘルシンキの夢」の澄んだヴォーカルが柔らかく空気を切り裂いてゆく。

「小さな最果てを見た だれかの描いた絵を見た 震えながらつぶやいた 愛想笑いを覚えた」

ウードの暗い香り。それは頭上から静かにすべりおりてくる夕闇の匂いだ。ヒュミリタスのミドルは、次第にサフランの酸味が穏やかに広がってきて、ウードのベールの陰に隠れていたローズやリリーのくぐもったフローラルをかいま見せる。ウード&ローズ。夕闇に咲いた夕日。

ブルーグレイのシルエットに染まる街。ブラッディオレンジの空。縁を金色に輝かせているきれぎれの雲。確かにこの風景は「小さな最果てだ」そう思った。

やがて空が翳りゆくとともに、ヒュミリタスの香りは次第に温かみを増して肌になじんでゆく。暗くレザリーだった香りが、芳しいサンダルウッドに変わってゆく。つけて30分、黒いビロードをまとっていた薔薇は、クリーミーな茶色い香木の香りになって、空のオレンジブラウンとシンクロしてゆく。

「明日 戻れないの 頭の中見せてほしい 命がけで説明してほしい」

「ヘルシンキの夢」のサビのファルセットが残照の中に吸い込まれてゆく。ヴァニラクリームをまとった香ばしいサンダルウッドが、風景とメロディとともに記憶の中に折りたたまれてゆく。

そう言えばクレナズムの「ヘルシンキの夢」が収録されたアルバムタイトルが「In your fragrance」だったことを思い出す。君の香りに抱かれて、そんな意味合いだろうか。クレナズム最果ての空。心を浸食するかのように香りが肌にとけてゆく。

残映の空。濃いオレンジの光。紫の陰影。その彼方にヒュミリタスは静かに香っている。アンバーの甘さとサンダルウッドの温かみをいつまでも残して。そして今日というなにげない一日が優しく死んでゆく。

ヒュミリタス。つつましくあること。

何の記念日でもない今日という一日。その終わりに出会えた美しい夕映えの空に、今日、命があることの感謝をこめて、美しい歌とたおやかな香りをそっと捧げた。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・55歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • Twitter
  • 映画鑑賞
  • 音楽鑑賞
  • 読書
  • ブログ

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ