TOP > hogemoさんのLikeしたクチコミ(登録日時順)

1件中 1〜1件表示

Nekojinさん
Nekojinさん 10人以上のメンバーにフォローされています
  • 45歳
  • 敏感肌
  • クチコミ投稿66
Jo Malone London(ジョー マローン ロンドン) / イングリッシュ ペアー & フリージア コロン

Jo Malone London(ジョー マローン ロンドン)

イングリッシュ ペアー & フリージア コロン

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:30ml・9,460円 / 50ml・13,640円 / 100ml・19,030円発売日:2010/9/3

ショッピングサイトへ

6購入品リピート

2021/12/23 10:10:36

清潔感のある、華やかでフルーティな石鹸系の香りです。

トップノート  キングウィリアムペアー、メロン
ミドルノート  ホワイトフリージア、ローズ
ベースノート  ムスク、アンバー、パチョリ、ルバーブ


同じような香りの構成であるマルジェラのレイジーサンデーモーニングと似ています。

トップノートはこちらの方がよりフレッシュで芳醇。スッキリとしたペアーの香りが際立ちます。
マルジェラもペアーの香りが強いと感じましたがあちらの方が甘くまろやかでムスキーな温かさがあります。
フレッシュでジューシーな果実感をお求めならこちらです。

ミドルノートはフリージアの香りが強く顔を出して来て石鹸や柔軟剤を連想させる清潔感のある香りが続きます。
ミドルあたりからレイジーサンデーモーニングとかなり似た香りになります。

ベースノートはアンバーとパチョリがまろやかに香りますが、ルバーブ(英国ではジャムがポピュラーな赤い野菜)の香りが陰ながら効いているのか甘くなりすぎないイメージ。
レイジーサンデーモーニングはもっとムスクが強く甘やかで落ち着いた感じがします。

軽くて爽やかな香りなので、春に似合う香りだと思ったのですがフレグランス開発責任者のセリーヌ・ルーさん曰く

「このフレグランスは英国の詩人ジョン・キーツの『秋に寄す』からインスピレーションを得ており、秋が訪れ、色が変わっていく頃のつかの間のロマンスが、円熟味を増す秋の日差しと共に深まっていく様子や、夏から秋へと移り変わる時期の英国のうっとりする様な果樹園を表しています」

だそうでつまり、秋のイメージの香水という事だそう。
確かにペアーは秋から冬にかけてが旬の果物ですから。

この香水の名前でもあるイングリッシュペアーの香りは、英国で250年以上も栽培されているキングウィリアムペアーという典型的な品種を採用したというこだわり様です。
そこにイングリッシュガーデンで人気(英国はガーデニングが非常にポピュラー)のホワイトフリージアをパートナーとして選び、これでもかと『英国の果樹園』を表現しています。

「甘い」「ジューシー」と散々書いておりますが、このフレグランスはユニセックスであり、悪い意味の『女性っぽい甘ったるさ』は皆無でむしろスッキリとしたジューシー感です。
甘さで言えばレイジーサンデーモーニングの方がまろやかな甘さを感じます。

レイジーサンデーモーニングとは香りが確かに似ており、例えれば「似たような色の構成のアイパレット」のようだと思います。
『ベージュ』『オレンジ』『パープル』『ブラウン』と組み合わせている色はほぼ同じなのだけれど、パールの配分量だったり、ラメが入っていたり、色味が若干違うなど…似ているけど仕上がりの印象は違う、みたいな。

ふたつを同時に嗅ぎわければ違いははっきり分かるけれど、通りすがりに香るレベルだとどちらか分からないとなりそうな雰囲気ではあります。

そんな似た2つの香水が、香水ランキングで1位と2位の座に着いているのですから、ペアーを主体とした石鹸系の香りはすごく好感度が高いという事なのでしょう。
勿論私も好きな香りでもありますし、この事実は個人的に面白く感じてしまうのです。











使用した商品
  • 現品
  • 購入品

1件中 1〜1件表示

hogemoさん
hogemoさん

hogemo さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・32歳
  • 肌質・・・普通肌
  • 髪質・・・未選択
  • 髪量・・・未選択
  • 星座・・・未設定
  • 血液型・・・未選択
趣味
    未選択
自己紹介

自己紹介はまだ設定されていません

プロフィールをみる

  • メンバーメールを送る