TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)
表示
一覧
個別

絞り込み:

314件中 1〜5件表示

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿314
ルイ・ヴィトン / カリフォルニアドリーム

ルイ・ヴィトン

カリフォルニアドリーム

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

本体価格:-発売日:-

4購入品

2020/8/8 00:44:58

夕暮れの海。日が沈もうとしている。落日の光が、水平線に近い空を黄金色に染めている。イヤホンからイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」が流れてくる。

「暗い砂漠のハイウェイ 涼しい風が髪をなびかせる コリタスの温かい匂いが あたりにたちこめる」

コリタスは砂漠に咲く花だという。だが誰もその花を見たことがない。それはある葉っぱの隠語。メキシコ語のスラング。

一日を終えてぐったりとした心と身体、夢を見させてくれる香りがほしくなるひととき。

ヴィトンのカリフォルニアドリームを肌にのせる。眼前の夕日のようなオレンジの香りがあたりにたちこめる。しっとりとそして温かく、ジューシーで、ビターオレンジ果皮の苦みも感じられるトップ。それはまさに黄色からオレンジ色に変わってゆく夕日の香りだ。

空全体にうっすらと雲がかかっている。太陽は水平線までもたずに、金色の雲の合間に消えてゆく。みるみるうちに上方の空がペールピンクに染まってゆく。

見蕩れる。その空の色に。ピンクとブルーのグラデーションの美しさに。世界が今だけ、自分のためだけにこの風景を上映していると思えるほどに圧倒的な色彩。「ホテル・カリフォルニア」の哀愁を帯びたメロディーが歌う。

「ようこそホテル・カリフォルニアへ ここはすてきな場所 いつでもお部屋をご用意して あなたをお待ちしています」

暮れなずむ海。暗くなった水平線の上は、チェリーピンクとインディゴブルーに色を濃くしてゆく。太陽は静かに姿を消し、その残光が人生の最良の瞬間であるかのように美しくあたりをいろどるとき。マジックアワー。

カリフォルニアドリームの香りが、ほんのりスパイシーに変わり始める。上空から降りてくる夕闇のようにほの暗く、ピンクとブルーが混じりあった境界の紫のようにじんわり切ない色を呈してくる。それはひとさじのグリーンなプチグレン、アニスやカルダモンのミックスを思わせる冷たいスパイス、ホワイトムスクのようにパウダリーなアンブレットシード。そこにわずかにくぐもった甘い樹脂の香り、ベンゾインがにじみ出てくるミドル。この夕闇を表したような、やや内省的で涼しげなブルーのアコードが3〜4時間穏やかに続いてゆく。あたりがすっかり闇に包まれるまで。

夜のとばりがおりる。深いブルーのベルベットのような幕が、海と空の境界をぼかす時間、ブルーモーメントが訪れる。ほんのりヴァニラのようなクリーミーさを添えてアンブレットシードのはかなくパウダリーな残香が夜を連れてくる。振り返ると、遠くの街に色とりどりの灯がともっている。日中の暑さをはらんだムワンとした空気が次第に夜の闇に吸い込まれていく。黒いシルエットになった雲の影にいくつかの星々がまたたいている。夜の静寂を切り刻むように、ホテル・カリフォルニアのギターソロが鳴き、やがて歌が静かに核心を語り出す。

「ようこそホテル・カリフォルニアへ ここはすてきな場所 いつでもチェックインできます けれどここを去ることはできない」

昼と夜の境目。温かさと冷たさの狭間。自由と孤独の境界。希望と絶望の河岸。ピンクとブルーのボーダー。そこに閉じ込められた者の喜びと悲哀をツインギターがメロディアスに奏でている。

ピンクの世界。夢のカリフォルニア。太陽が沈むまでの刹那、今、ここで、自分だけを見つめていたい情熱的な夕日の香り。

ブルーの世界。憂いのカリフォルニア。夕日が落ちてからの長い夜、ここではないどこか、自分ではない誰かを探す虚無な闇の香り。

ピンク&ブルーの矛盾したスピリッツ。カリフォルニアドリーム。1969年以来、誰もその香りをここで見た者はいない。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿314
エルメス / オードゥシトロンノワール

エルメス

オードゥシトロンノワール

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

本体価格:-発売日:-

4購入品

2020/8/1 21:09:19

黒いレモン。黒い月。闇を彷徨う者。

エルメスのオードゥシトロンノワールを初めてつけたとき、その印象から何の脈絡もなくそんな言葉が思い浮かんだ。エルメス専属調香師、クリスティーヌ・ナジェルが、多くの柑橘フルーツから香りのキー素材を探していたとき、一番強く心惹かれたのがこのシトロンノワールのインスピレーションの基になった「ブラックレモンの香り」だという。

ブラックレモン、聞きなれない言葉だ。正確に言うなら、イランなどでよく作られているドライレモンのことを指す。ドライレモンは、イラン産のリム・アッマニという小さく丸いレモンを塩ゆでし、何日も乾燥させて作るという。リム・アッマニは皮が薄く、ドライフルーツ化させて皮を割ったときに中の果肉が真っ黒になっていることから、通称ブラックレモンとも言われる。その香りは苦みが少なく、濃厚な酸味とわずかなスモーキーさがあるという。

シンプルな素材のインスピレーションから自由に香りをクリエイションするコロンエルメスシリーズ。「嗅覚のスナップショット」と言われるエルメスのカラフルなオーデコロンシリーズ8番目の作品が、このシトロンノワールだ。夜の闇を思わせるダークブルーのボトルに投影されたのは、黒い香りがするレモン。それはいったいどんな香りなのか?

オードゥシトロンノワールをプッシュする。つけたては、とてもフレッシュなレモンの香りがする。爽やかリフレッシュ。かすかにライムのグリーンな苦みも加わって、生シトラスのジューシーな香りに気分も上がる。

ほどなく、下の方からほんのりスパイシーな香りがしてくる。ほのかなインセンス香といった感じのドライな香り。じんわりした煙たさ。けれどスモーキーというほど焦げた香りではない。これがブラックレモンの香りだろうか?この黒いお香のような匂いが黄色のレモン香と相まって、とても不思議な風情を醸し出す。爽やかなのにどこか後ろめたい。明るいのにどこか暗い。そしてジューシーなのにとても乾いている。そうした対比の効いた香りが続くミドル。

ブランド紹介文には、香料イメージとして、シトロンノワール、ブラックティー、グアヤックウッドなどが記載されているけれど、ミドルではほんのりスモーキーなインセンスっぽさが出てくるだけでティー系の香りといった感じはしない。香り立ちはとても穏やかで、黄色いレモンの酸味とこげ茶色のくすんだウッディ香が二律背反で流れてくるよう。それは水分を失って黒ずみ、香味だけを濃縮したドライレモンのスパイシーな香りだ。

ミドルは3時間ほど続いて静かに香ばしいウッディ香に収束してゆく。ラスト近くになると、レモンというより、キンとした金属的な酸味を伴ったグアヤックウッドの香りといった感じになっていく。やがてつけてから5時間ほどで静かにドライダウン。

このほんのりメタリックにも感じられるドライレモンの風味は、イランの料理に欠かせないものだそうだ。乾いて茶褐色になった皮をパリパリッとくだき、黒い果実をティーに入れて砂糖を加えて楽しんだり、イランの伝統的なスープ料理に加えて酸味を出すスパイスとしてもよく使われるという。濃厚なレモン香、けれど苦みがなくスッキリした味わいが料理の味を引き立てるのだろう。

エルメスのオードゥシトロンノワールは、そんな黒いドライレモンの酸味と少しのスパイシーにフォーカスした、爽やかでどこか影のある香りだ。「真昼から真夜中まで」のキャッチコピーのように、昼は黄色いレモンの香り、日が沈む頃には暗いウッディ香を引きつれたブラックレモンの香りになるオーデコロン。黄色と黒。2つの相反する顔を同時にもつ香り。

ダークブルーの夜の中、今宵も黒い月を求めて彷徨う者たちがいる。不夜城のような銀座メゾンエルメスのまばゆい黄色い灯りが、煌々と夜空を照らしている。黒い月が、どこかで冷ややかに下界を見下ろしている。闇を統べる者の、暗く危険な香りがしている。

それはオードゥシトロンノワール。黒い月とブラックレモンの香り。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿314
アールフレグランス / ティーブレイク

アールフレグランス

ティーブレイク

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)]

本体価格:-発売日:-

6購入品

2020/7/25 08:30:17

「あー、紅茶の香りがする!」アールフレグランスのティーブレイク、この香水をつけた瞬間、そんな感想をもらす方が後を絶たない。

お茶の香りをモチーフにした香水は実はとても多い。緑茶、白茶、マテ茶、烏龍茶エトセトラ。そして紅茶をキーノートにしたフレグランスもたくさんある。だが、ティーブレイクの香りはその中でも群を抜いて「紅茶」だと思う。なぜならティーブレイクは、日本人に昔からなじみ深いあの黄色と赤のパッケージのティーバッグ紅茶の香りがするからだ。

テレビがまだブラウン管でお茶の間の主役だった昭和の頃、どこの家庭にもあった黄色と赤の直方体のパッケージ。中には黄色い袋の紅茶のティーバッグが行儀よく並んでいた。カップにティーバッグを入れて、熱いお湯を注いだ時にふんわり立ち上るコクのある香りと美しい紅色は、大人のみならず子どもたちの心もとりこにした。砂糖をたっぷりと入れて、ときどきレモンスライスを浮かべて楽しんだ家庭的な紅茶の味。ティーブレイクは家族の憩いの原風景のような、懐かしくて切ない香りがする。

アールフレグランスは、2017年に村井千尋さんが立ち上げた日本の香水ブランド。長年企業で調香に携わっていた方による日本香水のブランディングということで、伊勢丹サロンドパルファンで紹介された時も大きな話題となった。

縦長スクゥエアなボトルは全作品共通。全体に黒と金を基調にしたデザインはストイックかつオリエンタルな感じで深みがある。特に作品ごとに表現された幾何学模様は、その作品を最も象徴した図柄になっていて、想像をかき立てられる。ティーブレイクの模様は、縦に配置された波模様だ。いったいこれは何を表現したのだろう?

ティーブレイクをスプレーする。その瞬間、パッと広がるのはまごうことなきレモンティーの香りだ。それもお砂糖たっぷりの甘いやつ。子どもの頃、好んで飲んだ粉末状のレモンティー缶を思い出す人もいるはず。「わ、あっまーい!」と言いながら笑顔ですすったあの懐かしいジャパンレモンティーの風味そのもの。

ティーブレイクはやがてトップの酸味あるベルガモットが消失して、ひたすら甘い紅茶の香りが1〜2時間ほど漂い、わりとあっさり消えてゆく展開。だからこそ、トップ〜ミドルの「どこまでも淹れたてのレモンティーの香り」にこだわったような作りが、かえって潔く感じられる。よく「お茶の香り」と称しながら後半はムスクやサンダルウッドが出て「ごめん。香水だから変化するよー」とばかりに全くお茶らしからぬ香りに収束する作品はある。いや、むしろそちらの方が多いくらい。だからこそ、最初から最後まで自分たちが知っているレモンティーの香りで終わるティーブレイクは「ザ・紅茶の香り」に思えてならない。

それでもよくよく嗅ぐと、このレモンティーアコードはとても丁寧に作りこまれていることに気付く。ブランドの表記によるとダージリンやアールグレイと書いているが、まずこれらのティーノートの作り方が上手い。コクがあるのにスッキリしていて、余計なスモーキーがない。さらにほんのひとさじのフローラルを加えて、紅茶のもつ深みある香りに華やかさと清涼感を出す「かくし味」も利かせている。村井さんの前職は分からないけれど、もしかしたら食品関係の香り付けの調香をされていたのでは?と思うほどバランスのいいなめらかな調香だ。それとも単に腕のよさか?これは香水ではない。肌につけるレモンティーだ。

ティーブレイクの香りに包まれている時間は、ずっと紅茶の香りに癒され続ける至福のときだ。紅茶文化は英国経由で日本に紹介され、アフタヌーンティーの様式は明治の社交界を支えたという。やがて昭和の頃に茶葉の輸入が自由化され、一般の人々が気軽に楽しめる飲み物としてブレイクした。当時まだ高かった白砂糖をたっぷり入れた紅茶の味は、家庭の安らぎの香りとして広くあまねく浸透していった。

カップに入れたティーバッグ。そこに熱いお湯を入れる。コポコポと音を立てるお湯の流れ方は、ティーブレイクのボトルに描かれた波型模様そのものだ。そして立ちのぼるコクのある紅茶の香り。その湯気もまた波型のシンボリック。このゆらゆら描かれた模様にはダブルミーニングが感じられる。

一日の疲れも、一杯のおいしいお茶があれば、それだけですーっと抜けていくことがある。お茶は有史以前から不老長寿の霊薬として珍重されてきた飲み物。今日も一日がんばったな。そんなひと仕事のあとに、自分だけの大切な時間をおいしいお茶とともに過ごしたい。

ふー。爽やかなレモンの香り。芳醇でどこまでも晴れやかなコクのある風味。そして疲れをいやす甘さ。はー。思わず息がもれる。

さあ、おいしい紅茶を飲もう。心がほっとするティーブレイクで。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿314
キリアン / ムーンライト イン ヘブン オード パルファム

キリアン

ムーンライト イン ヘブン オード パルファム

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:50ml・34,000円発売日:-

5購入品

2020/7/18 12:37:32

青い闇、白い月。秘密めいた南国の夜。男と女は今夜一つになる。

血の色の夕日が海に沈む。リゾートホテルのガーデンバー。宵のぬるびた風。汗ばんだ2人の肌。男と女が傾けるカクテルグラス。遠く聞こえる民族音楽の音色。次第に濃くなってゆく闇。それらは濃密な夜の到来を告げる予兆。ここは楽園なのか?それとも冥府の入口?

ムーンライト・イン・ヘヴン。この香水は、キリアンが自身のタイのハネムーンをモチーフに作った「天国の月明かり」という名の香り。

ムーンライトインヘヴンをスプレーする。すぐに感じられるのは、甘いラム酒のような香りだ。スッと抜ける洋酒の清涼感あるトップ。そこにひとさじの甘いフルーティーがある。だがすぐに、塩ナッツな感じのこんもりとしたコクが出てきて驚く。突然の違和感。これはカクテルに添えられたナッツディッシュか?と思う不穏な開幕。同時に、その下から出てこようともがいている香りの膨張を感じる。さながら抑えきれない欲望のように。ここまで1分。

その違和感ある塩ナッツ系の香りはすぐに消える。そして、もともと高音部にじんわりしびれるようなシトラスがあったことに気付く。それは酸味と苦味の効いたグレープフルーツの香りだ。グレープフルーツのキリッとした苦味と透明感ある洋酒の雰囲気になる。さながら、ドライなカクテル、ソルティドッグの風味のようなイントロ。グラスの口につけられた塩が、果実の甘さを引き立て、小皿からつまんだピスタチオのコクのあるナッツ味が口中に広がる。そんな雰囲気のオープニング。

やがて5分もすると、それらは海風に洗われて消失する。南国の夕暮れが赤々と空を染め、次第に暗い血の色に変わる頃、2人は2杯めのカクテルをオーダーする。それは、南国の果実マンゴーとココナッツを効かせた度数のキツい1杯だ。

ソルティなシトラスの消失と入れ替わりに、熟れたマンゴーのみずみずしいフルーティーな味わいが広がり始めると、香りはミドルになる。そこにはココナッツミルクのクリーミーな味わいがステアーされている。落陽のオレンジを思わせるマンゴーのジューシーな香りが、洋酒っぽい香りとミルキーな風味を添えてしっとり広がってくる。このミドルの酔いしれ感は特筆すべき点だ。夜のとばりが下りはじめ、2人の間にも甘く心とろけるような雰囲気が漂ってくる。

わずかにグリーンな感じのある洋酒っぽい甘さは、ダバナのエッセンスのよう。ダバナはフルーティーな甘さをもったハーブの一種。このダバナとマンゴーを軸に、ココナッツミルクのベールがかかったクリーミーフルーティーが、楽園で一夜を迎える高揚感をしっとりと演出している。

このマンゴー+ラム+クリーミーがずっと続いてやがてフェードアウト。ミドルのフルーティーな香りがずっと続くので、エキゾティックなミルキーフルーツ香が好きな人はぜひ試してみてほしい。ただトップに一瞬訪れる塩ナッツ系のファッティーな香りは自分ではやや苦手。それでも、その一瞬の違和感があるからその後のマンゴーフルーティーが劇的によく感じられるのかも知れない。そこが気になる人はいるだろう。

調香はキリアンではおなじみカリス・ベッカー。フルーツノートが好きなキリアンの願いを聞いて、タイで味わったであろう南国系デザートやカクテルのような香りをクリエイトしたのではないかと思う。タイには美味しいお酒や南国系カクテルがたくさんあるという。それはある種の方々にとっては天国だろうか。それとも?

やがて夜がくる。海鳴りは一層響き、ガーデン小径のたいまつにオレンジ色の火がともる。黒いシルエットになった熱帯雨林の向こうで、ギャーギャーと騒ぐ鳥の声がする。ネイティヴが奏でる民族音楽が、大地のリズムのようにけたたましく鳴り響く。そして空に満月が姿を現す。

たいまつの小径をそぞろ歩き、部屋に戻る。ラナイからガーデンを見下ろす。灯りが揺れる庭園の向こう、青い闇に大きな白い月が浮かんでいる。月の光がパームツリーの表面をねらねらと輝かせ、暗い海の波打ち際をぼうっと銀色に浮かび上がらせている。

ムーンライトインヘヴン

暗い室内。衣擦れの音。テーブルに置かれたフルーツカゴから漂う熟れた果物の匂い。酔いは宵とともに深まり、恍惚を呼び覚ます。男と女の体温が干渉しあう。ラナイから銀色の光が斜めに差しこんでいる。月光に照らされた女の柔らかな輪郭 闇にうごめく男の硬い筋骨 シーツが擦れる音。青い闇。白い月。甘美な調べが低く流れている。濃密な夜の空気の中、月の光が2人の秘密を暴いてゆく。蒼い満月(みつげつ)の夜。ここはどこ?

満月の蜜月。ムーンライトハネムーン in Heaven(or Hell)。そこが天国か地獄かはあなた次第。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 54歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿314
ナルシソ ロドリゲス パルファム / フォーハー オードトワレ

ナルシソ ロドリゲス パルファム

フォーハー オードトワレ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:50ml・10,300円 / 100ml・14,400円発売日:-

ショッピングサイトへ

5購入品

2020/7/11 12:42:56

たとえあなたの前で下着を脱いでも、私の心は絶対に見せない。

ナルシソロドリゲス・フォーハー・オードトワレ。この香水はそう語りかけているようだ。パウダーピンクのボックスから取り出すのは、ボトルの中身が見えない漆黒のボトル。ガラスボトルの内側を黒く塗装するという意匠の意味は「女性の秘密」「女性の心の闇」だろうか。

ピンクの下着はあえて男の手に任せ、男の小さな征服欲を満たしてやる。だがその瞬間、本当に堕ちるのは男の方だ。女の見えない黒い手に絡めとられ、あとはどこまでもエナジードレインで魂を吸い取られ続ける。←さすが厨二だな

フォーハーEDT。2004年の発売以来、世界中で話題となり、今なお人気があるこの香水は、まずボトルからメッセージをムンムンと醸し出している。

そんな「中身を絶対に見せない香水」フォーハーEDT。「女性用のムスク香水は?」と問えば、必ずその名が挙がるほど有名になったこの作品は、若かりし頃のフランシス・クルジャンとクリスティーヌ・ナジェルが共同調香したという点でも注目される作品。ではいったいどんな香りなのか?

フォーハーをスプレーする。その瞬間、おだやかで透明感のある香りがふんわりと広がる。とても主張の柔らかい香りだ。ほんのり甘いフルーティー、こんもりとなまめかしいホワイトフローラルの2つがまず感じられる。そしてその奥に、スーッと空気を運んでいくようなオゾンぽいベース香もうかがえる。

ほんのり甘いフルーティーは、わずかに金属的なタッチを伴ったキンモクセイノート。ピーチやアプリコット様のこっくりした甘さが感じられる。なまめかしさを感じる白いフローラルは、どうやらオレンジフラワーの香りのようだ。ジャスミンよりも柔らかく高いが、キンモクセイとのバランスで、どこかセンシュアルでエキゾティックさも感じられる。そして、エアリーでスッと抜けていくようなベースノートはホワイトムスクのよう。あまり熱っぽさは感じないが、わずかにサンダルウッドなどのウッディな香気をはらんだムスク。

このキンモクセイ、オレンジフラワー、ウッディムスクの3つのノートは、トップから同時に香り、それぞれ3つの人格のように拮抗し合い、どれもがその存在をしたたかにアピールしている。つまり、香りが変化していくピラミッド型ではなく、シングルノートで香り続けるタイプの香水だ。ただ、肌の湿度や体温、他の要因でこの3つのうちどれかが強く出るような香り方をするので、シンクロノートといってもいいと思う。ちょうど20年ほど前に流行したタイプだ。

シンクロノートは、人によって香り立ちが異なり、上述の環境要因によっても香り立ちが変わる面白さがある反面、いろんな香料が同時に香るよう設計されているため、合成香料感がマックスな作品が多い。そこで、場合によってはそのとき強く出過ぎた香りに頭痛等を催しやすいときがある。ときどきケミカルっぽさが強く出ることがあるかもしれない。

自分の肌では、わりとキンモクセイがよく感じられ、そこにウッディ&パウダリーなホワイトムスクが香ることが多い。ときには、ガーデニアかな?と思わせるほど白く厚ぼったいフローラル香が強く出ることもある。キンモクセイが強く感じられるときは、ビニル的な香りがして少し酔いそうな感じになることも。

この3つの特徴的なノートは、人間の「理性」「感情」「本能」という3つの脳のはたらきをそれぞれ刺激しているように思えて興味深い。

ややプラスティックなファセットをもったキンモクセイは、冷静さを象徴する「理性」をぐらつかせているよう。なまめかしい白いオレンジフラワーの香りは、柔らかい「感情」を揺り動かす。そしてウッディな温かみあるムスクは、人肌への恋しさと官能をはらむ「本能」をそこはかとなく刺激する。3つの香料が、さながらドムのジェットストリームアタックのように同時攻撃してくる印象だ。これはさすがのガンダムもたまったものではない。←出たよ厨二の真骨頂

しどけなく見せてしたたか。可愛らしくて実は悪魔。確かにこんな魅力的な女性が近くにいたら男性もしんどいだろう。男性は女性の全てを「見たがる」生き物だ。そして見ることで「知った気になる」愚かさももつ。フォーハーEDTは、女性の身体からにじみ出る匂いを演出するスキンセントの系統だ。甘く、かぐわしく、みだらで、狂おしい。けれどさりげなくアピールしてくるから困った香りだ。

フォーハーEDTは、美しい女性の肌の香りだ。やわらかく、あたたかく、踏み込めない心の奥を感じさせるミステリアスな香りだ。

ちょっと抱いたくらいで全部知った気になるなよ。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

314件中 1〜5件表示

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・54歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • 映画鑑賞
  • 読書
  • Twitter
  • 音楽鑑賞
  • ブログ

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ