TOP > なつみママ★さんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)
表示
一覧
個別

絞り込み:

746件中 1〜5件表示

なつみママ★さん
なつみママ★さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 47歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿746
アディクション / アディクション ザ ブラッシュ パール

アディクション

アディクション ザ ブラッシュ パール

[パウダーチーク]

税込価格:3,300円発売日:2021/12/27

ショッピングサイトへ

5購入品

2022/5/20 23:40:11

青みピンクが好きなので、007P Sky Flowerを購入しました。

チークはもう20年以上シャネルのジュコントゥラスト一筋でした。でも、ジュも焼き製法(一般的な、原材料液を容器に流し込んで固める製法より、粉がふわっと肌に乗る)ではなくなったし、他のものを試したいと思い、アディクションに行ってみた次第です。

元々は雑誌で見かけたニュアンサーのAurora veilが欲しかったのですが、店頭で塗ってみたら照明がきつくてギラギラしてまして、肌のキメの粗さが強調されるかも…と、47歳はちょっと腰が引けてしまったのですよね。それで、パール入りの普通のチークにしてみたのでした。(ニュアンサーも、結局後日買うことになるのですが)

007Pは、青みピンクにピンクや青のラメがキラキラ輝いてます。青みピンクといっても、落ち着いた色調なので、肌から浮くこともなく安心して使えます。ラメも本当に粒が小さいので、悪目立ちすることもありません。これはよく売れるのも納得です。

ジュは250番を使用中ですが、塗ってみたら、それとの違いが正直わからない…もちろんパレットを横に並べてみたら、ジュのほうが明るく白っぽいし、007Pは色付きラメがチラチラしてますけどね。せっかく買うんだから違うのにしてもよかったなあと思ってみたり、でもこの年齢になると似合わないものは徹底的に似合わないので、これで良かったのかなと思ったり…

30代までは、季節ごとに複数ブランドの新作や限定品を購入して使っていましたが、さすがに40代になり購入サイクルが長くなっています。コロナ禍でさらに購入ペースが落ち、30代の最盛期にはアイシャドウパレットなんか年に10個以上買ってましたが、今では2つ程度の年もある、そんなお年頃です。手持ちがとにかくなくなるよう、セコセコ使っているところでして、購入ブランドも、ここ数年はシャネルとクレドポーボーテしか行ってませんでした。

でも、久しぶりに今まで行ったことのないブランドに行って商品を購入しまして、とってもウキウキしています。なんだかとても心が華やいでいます。塗ってしまえば手持ちのジュ250番との違いがわからなくてもいいんです。

やはり、新陳代謝というか、新しいものにチャレンジするって大事だなと思います。シャネルやクレドポーボーテもいいんだけど、クレドポーボーテは言わずもがな、あのシャネルでさえ、コロナ以降は新製品の発売ペースが落ちていて、たまにカウンターを覗いても目新しいものがありません。

そんななか、アディクションのような新進ブランドはシャネルなんかとはまた違った路線で頑張ってて、皆さんの熱い支持を受けているなあと感じます。ネットでもよく取り上げられてるし、売れてるだけありますね。二十歳の娘が、私がシャネルやクレドポーボーテで買ってくるメイクアップ商品を見て、ババ臭いと言うのですが、若い人から見たらそうなのかもねー。

また、アディクションは単品アイシャドウ二千円、チーク3千円と、デパコスにしてはお値打ちなのもポイント高いです。あれこれ買っても支払いの時に金額聞いて、安くてうれしいです。

アディクションで買ってきた商品を家に持ち帰ったら、娘が「アディクションに行ったのか!」と聞いてきました。まあやっぱそーゆーことなんですよね。今の時代の空気を胸いっぱい吸い込む、そんな清々しさを感じています。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
なつみママ★さん
なつみママ★さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 46歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿746
シャネル / レ キャトル オンブル

シャネル

レ キャトル オンブル

[パウダーアイシャドウ]

税込価格:7,920円発売日:2017/2/24

ショッピングサイトへ

評価しない購入品リピート

2022/1/14 20:31:01

過去に評価してますので、今回はクチコミだけで。747メディテラネアンを発売当日に購入してまいりました。年末年始に美容雑誌で見かけ、ピンときての購入です。

右上から時計回りに、ソフトベージュ、カーキ、カッパーベージュ、トープベージュです。どの色も春夏らしく透明感があり、ソフトな色出しです。最も濃い右下のカーキでも、秋冬のカーキと違ってガッツリ濃く出る感じではないです。個人的な意見ですが、右下のカーキでさえが、いわゆる締め色にはならないかも?という濃さです。

若い頃は、まぶたの下から全体に淡めのベースカラーを塗って、アイホールにミディアムカラーを塗って、瞼のキワに締め色としてダークカラーをアイライン的に塗って…としていました。その頃だったら、別に締め色を用意しなくてはならないこのパレットは、買っても面倒でお蔵入りするので、購入候補にはならなかったと思います。

しかし、年齢とともに何色も塗り分けるのが面倒になり、最近は一色を目の側からアイホールに向けてグラデーションさせておしまいで、締め色の有無には拘らなくなりました。そうなれば、こういう締め色のないパレットでもどんと来い!です。

むしろ、元々はこういった春夏向けの淡い色が好物なので、まるで単色シャドウを四つ買ったような感覚です。

購入から数日経ち、一通り全色を単色使用してみたところですが、どの色もシアーで春夏らしい色出し、質感です。ラメももちろんありますが、どちらかと言えばパールを強く感じます。

赤みも青みもそんなに強くなく、肌なじみの良い色ばかりで、わりと万人向けではないでしょうか。あえて言えば黄味を感じますかね。でもそんなに黄色キイロしているわけではないので、ブルベさんでも使いやすいのではと思います。仕事用にも使える色味で、コストパフォーマンスの良いパレットです。

シャネルのパレット、特に限定色は、その時々のトレンドを反映していて、買って使うだけで旬の顔になれるところが気に入っています。それぞれの色もさることながら、色の組み合わせや質感など、毎回感心させられます。今回のものも、シアーな質感が流石なんですよね。

例年のスケジュールだと、次回は2月下旬くらいにルブランコレクションの限定色か新色かが出るのではないかと思われます。ペールカラーのパレットが好きなので、気に入ることが多く、毎年楽しみにしています。いいのが出るとうれしいなー。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
なつみママ★さん
なつみママ★さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 46歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿746
シャネル / レ キャトル オンブル

シャネル

レ キャトル オンブル

[パウダーアイシャドウ]

税込価格:7,920円発売日:2017/2/24

ショッピングサイトへ

評価しない購入品リピート

2021/3/10 21:09:11

ルブランコレクションの374番、アリュールエエクラを購入しました。評価は過去につけてますので、今回も色番のクチコミだけです。もしこの374番について評価するなら、今のところは星4くらいかなあ。

毎年2月ごろにスキンケアのルブランシリーズの新製品発売に合わせて発売される、メイクアップ製品のルブランコレクション。今年は3月の発売です。ルブランコレクションは、美白スキンケアで明るくなったお肌に合う色味というコンセプトだと推察しますが、毎年淡い色味が多く、好みのものであることが多いので、楽しみにしています。

今回の374番は、シャネルのパールをイメージしたパレットとのこと。たしか2011年の正月に発売されたスプリングコレクションで、20番ルガールペルレ、その名も“真珠の眼差し“というパレットがありまして、記憶する限り、シャネルではそれ以来の真珠シリーズだと思われます。

20番は、メインのホワイトが当時大流行した偏光パール入りで、真珠の質感そっくりで衝撃でした。他は、ピンクパールとオレンジパールをそれぞれイメージしたラメ入りのピンク、オレンジ、そして圧巻だったのがブラックパールをイメージしたというグリーンブラックの締め色の4色で、当時心酔しましてきっちり使い切りました。2年くらいで廃番になったような気がしますので、あまり一般ウケはしなかったのでしょうが、ああいう芸術的なパレット作っちゃうのがシャネルの凄さなんだよなー。芸術作品です。あれを7000円で買えるのは素晴らしい体験です。あんなの作るメーカー他にない。外資系でもなかなか作らないだろうし、ドメブラならクレドポーボーテくらいしか作れないと思います。アットコスメの色見本の画像は実物の10%くらいしか真実を伝えてない感じですね。実物はもっといい色でした。

おっと、閑話休題。10年も前の色を熱く語ってしまって申し訳ない。今回の374番、20番の時ほどの感動は今のところないです。お好きな方、ごめんなさい。わりと無難にまとめてきたなという印象です。

腕に塗っているのは、上から、左下のホワイト、右上のシャンパンベージュ、左上のオレンジ、右下の赤葡萄色です。

ホワイトは微細ラメ入りのプラチナホワイトで、煌めきがとても綺麗です。シャネルでよくあるプラチナホワイトなので、既に手持ちで似たものをお持ちという方も多いかも。

シャンパンベージュも微細ラメ入りで、ホワイトと質感はよく似ています。色を変えてラメを小さく少なく控えめにした感じ。

左上のオレンジは、これがこのパレットのキモだと思いますが、赤みを感じさせる偏光パール入りです。年寄りにしかわからん表現で恐縮ですが、赤チン的な煌めき?を感じさせます。もちろん本物の赤チンみたいなギラギラテラテラ感はないですけどね。これをまぶたに広げると、真珠っぽさが演出できます。

右下の赤葡萄色は、シアーな締め色です。無理に四色全て使わなくても、他の3色のどれか一色をアイホールに広く伸ばし、この赤葡萄色をアイラインから広めに縦グラデさせて2色使いしても、なかなか印象的なメイクになるかも。

また、どの色もそうですが、374番はパウダーではあるんですが、半分クリームのような質感です。こういう、「クリームシャドウのようで、取るとパウダーになる」的なシャドウってたまにありますが、374番はどの色もとてもしっとりしていて、ブラシではうまく取れません。チップもしくは指で取り、まぶたに密着させるといい感じです。ブラシ派の方は要注意です。ちなみに、BAさん曰く、レキャトルでもこういうクリームっぽいテクスチャーの色番は、透明の内蓋がつかないんだとか。確かに粉飛びしないから、内蓋は要らないですね。

シャネルのパールシリーズというと、どうしても10年前の20番の衝撃を思い出すので、辛口で申し訳ありません。もちろん、20番をいま使っても、あの大量の偏光パールなど、きっと古臭いなと思うに違いありません。374番は微細ラメやシアーな質感など、2020年代らしくアップデートされています。まだ買ったばかりなので、いろいろ試行錯誤してみます。

ちなみに目に塗った写真では、まず眉毛の真下からアイライン近くまで、まぶた全体に右上のシャンパンベージュを広げ、眼球の窪みに沿って左上の偏光オレンジを乗せ、アイラインに赤葡萄色、そして黒目の上に左下のプラチナホワイトをハイライトとしてポンと点置きしています。お目汚しですみません。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
なつみママ★さん
なつみママ★さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 45歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿746
シャネル / シャネル N°5 ザ シャワー ジェル

シャネル

シャネル N°5 ザ シャワー ジェル

[香水・フレグランス(その他)ボディソープ]

税込価格:200ml・7,700円発売日:2020/11/6

5購入品

2021/1/23 00:24:06

N°5のシャワージェル、久々の現品購入です。黒いキャップの時代は、国内購入、海外旅行での免税店での購入と、よくリピートさせていただいておりました。いつのまにかリニューアルしてたんですね。知らんかったわー。

リニューアルにより、お値段も上がりましたが、ボトルデザインもより美しく現代的になりました。以前のボトルは半透明のゴム風のプラスチック(つたない表現で申し訳ない…でもリニューアル前のボトルをご存知の方にはわかっていただけると思う…)で、さほどの高級感もなかったのですが、今回のはキャップも白くなったし、ボトル本体も透明になってスタイリッシュに大変身ですね。

ボトルで唯一不満なのがキャップの開け方。黒時代は上の蓋の端を押すと、ぺこっと内側に倒れて注ぎ口が出てきましたが、今回のはくるっとキャップ本体を回すと、上の蓋がスライドして注ぎ口が出てきます。(これまたわかる人にしかわからない表現で申し訳ない。)

なぜ新方式がダメかというと、最初に出した量が少ない時、またキャップ本体を回そうとすると、水気やすでに出したジェルで手が滑ってしまい、うまくキャップ本体を回せないから。ケチケチせずに、最初からドバッと出せよと言われたら返す言葉がないのですが、デザインに凝るのもいいんだけど、普通のプッシュポンプタイプのボトルじゃダメなんですかねと思ってしまう。そこらへんのドラッグストアやスーパーに並んでるシャンプーのボトルみたいなのじゃやっぱダメなんすかねーと思う、小市民なわしでした。

まあね、N°5のフレグランスはボトルも凝っていて、マドモアゼルが余計な装飾を一切排除してあれにしたとゆー曰く付きですから、シャワージェルといえど、余計なプッシュポンプなんてものが付いていてはお話にならんのですかね。

…とボトルへの愚痴ばかり申し上げてしまいましたが、肝心の使い心地ですけど、リニューアル前と同様、N°5の香りを十二分に堪能でき、そこは満足です。お風呂上がりから寝るまで2、3時間ありますが、少なくとも寝るまでは香りがほのかに持続してます。

洗った時の感触は、クリーミーとボトルに書いてあるとおりで、なめらかと言えばなめらか。個人的にはアルカリ性の固形石鹸のあのさっぱりした洗い上がりが好きなので、毎日使う気にはなれないかな。汚れが落ちてる気があまりしません。身体の汚れや垢、皮脂は酸性で、アルカリ性の石鹸で洗うことにより汚れは落ちるのであり、身体をきれいにするのは、市販の固形石鹸がやはり一番です。こちらのシャワージェルは、週に何度かのお楽しみ用ですね。

なくなったら多分気が向いた時にリピすると思います。早くも、次はチャンスオータンドゥルにしようかなとか思ってます。

フレグランスのバスラインやボディ用品って、日本ではあまり一般的ではなく、知る人ぞ知るアイテムだけど、非日常感を味わえて、とても贅沢な気持ちにさせてくれるから大好きです。値段が可愛くないと言えば可愛くないんだけど、衝動買いして着ずに放置してしまう服とか買うくらいなら、こういうコスメを買って、お風呂タイムをラグジュアリーにしてリラックス効果を高める方がいいかもと思います。

そういえば、昔、長年お世話になったシャネルのBAさんが、ランジェリーを手洗いする時にフレグランスのシャワージェル使うといいですよって言ってました。わしも手洗いする時は、体を洗った後のタオルの泡を洗面器にかき集めて洗いますが(なんかシャネルN°5に相応しくないケチケチ根性で申し訳ない)、そうするとランジェリーに香りが残っていい感じです。ご参考までに。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
なつみママ★さん
なつみママ★さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 45歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿746
シャネル / レ キャトル オンブル

シャネル

レ キャトル オンブル

[パウダーアイシャドウ]

税込価格:7,920円発売日:2017/2/24

ショッピングサイトへ

評価しない購入品リピート

2021/1/22 22:52:54

372番ブーケアンブレを購入しました。過去に評価してますので評価は入れませんが、この色について評価するなら星6つか7つくらいかな?

年末に美的かマキアで見かけた時は、赤みブラウンがあまり好みの色ではないので、スルーのつもりでした。でも、いざ発売されたら皆さんのクチコミも素敵で、いっちょ見に行ってみるかーと。

限定色が2つ発売されましたが、本命はこのブーケアンブレで、店頭にはまだ在庫があって幸運にも購入できました。もう一つのゴールデンメドウは、わしの行った百貨店では完売とのことです。ゴールデンメドウのほうがピンクみが強いので、人気が高そうです。でも、わしはこのブーケアンブレを使ってみたかったので満足です。

いつものことなので、予想通りですが、シャネルの新色は使えば必ず今っぽくなれます。今回の春の限定色もやはりそうでした。

カラーの組み合わせや質感なども含め、シャネルの新色は必ず新しい何かを感じさせてくれるし、今の雰囲気を纏わせてくれます。

もちろん、それはマドモアゼルの言うところのスタイル(普遍性)ではなく、モード(移ろい行く一瞬の美しさ)なのかもしれないんだけど、鏡を覗くと自分の表情がとても明るくなっているのを感じるし、今というこの瞬間を愛おしく思う、そんなポジティブな気持ちが自分の内面から湧き上がる…シャネルの新色は、自分にとってはそんな存在です。

絶対的な存在や価値ももちろん大切なんだけど、この瞬間ならではの美しさや輝きも儚くて素敵ですよね。ずっと変わらないことにも価値はあるし、桜の花びらが美しく咲いてはらはらと散っていくのにも、また風情を感じる。そんな心持ちです。

国産含め、他のブランドではここまでのアップトゥデイトな雰囲気はなかなか出せない…必ず一歩先行くセンスには、毎シーズン感心させられます。これがシャネルマジックなんだよなー。コスメ専業ではなく、元はファッションブランドだからなんだろうな。

だから、付属のチップやブラシがグダグダだろうが(20年来の愛用者としてずっと思っていますが、あれをまともに使おうとしてはいけない。わしはもう長いこと、付属品には全く手をつけず、シャドウやチーク本体を使い切ります)、どうでもいいんです。優秀な付属品が欲しい方は日本人が企画開発した国産ブランドを買った方がいいし、シャネルコスメを買う意義は、まさに今≠纏えるセンスです。

テラコッタ系って、秋冬っぽいイメージだけど、ブーケアンブレはすごく軽やかなテラコッタです。さすがは春向けの色、シアーで明るい。そして、ゴールデンメドウほどではないけど、ブーケアンブレもまぶたに載せると、なんとなくですがピンクみが感じられます。個人の肌の色にもよるのかもしれないんだけど、お手洗いに行った時に鏡見ると、あれっ、ピンク塗ったっけ?と思います。色名は琥珀の花束=cなるほどねえ、微かに感じるこのピンクが、ブーケ≠フ理由なのかもね。

このパレットを今っぽく感じる理由は、多分下の2色にあります。上の2色は比較的ベーシックな色、質感だと思うのですが、下の2色はかなり個性的です。

左下のコッパーはピンクラメ入りの個性派です。2010年ごろのホリデー限定色タンタシオンキュイヴレにも似た色があったなあと懐かしく思い出しますが、当時は焼き製法だし、質感が全然違っていてこちらのほうが滑らか。百均などのプチプラシャドウパレットにも色味的には似た色がありそうですが、ピンクラメ入りのはなかなかない。塗るとおおっと思わず声が出てしまう。そんな、唸らせてくれる逸色です。

そして、右下のテラコッタは、このパレットをテラコッタ系たらしめている重要な色です。マットパールやラメは一切感じられません。まるで乾いた赤土のような質感です。このマットさと、赤みがすごく今っぽいですね。

わしが若かった1990年代後半から2000年代はラメやパールが大流行し、マットアイシャドウは1980年代を彷彿とさせて古臭く感じたものですが、2010年代の途中からかな、流行が一周まわってマットが新しいんですよね。もちろん1980年代のマットとは違うんだろうけど、自らの青春時代のラメパール全盛期を振り返ると、ああここまで来たかと感慨深くもあります。2020年代は何が流行るのかな。

最後になりますが、このテラコッタパレットを買った理由の一つに、15年くらい前に流行した佐伯チズさんの著書で、30代以降のアイシャドウ口紅チークとしてテラコッタカラーがおすすめされていたこともあります。この絶妙な赤み、つまりは温度感、血色感が若々しさや生命力を演出するんでしょうね。2021年春という、まさに今を体現するパレットですが、そういう意味で中高年の皆様に是非ともおすすめしたいです。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

746件中 1〜5件表示

なつみママ★さん
なつみママ★さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済

なつみママ★ さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・47歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・多い
  • 星座・・・水瓶座
  • 血液型・・・A型
趣味
  • 料理
  • スポーツ観戦
  • 食べ歩き
  • 読書
  • 音楽鑑賞

もっとみる

自己紹介

自己紹介をご覧くださりありがとうございます。今秋(2015年)で@歴満13年です。クチコミ数が5桁の頃から閲覧・書き込みしております。 福岡県出… 続きをみる

  • メンバーメールを送る