TOP > 新真昼さんのクチコミ投稿一覧(Like件数順)
表示
一覧
個別

絞り込み:

123件中 1〜5件表示

新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 31歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿123
ゲラン / シャリマー フィルトル ドゥ パルファン

ゲランゲランからのお知らせがあります

シャリマー フィルトル ドゥ パルファン

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:50ml・13,860円 (生産終了)発売日:2020/12/1

6購入品

2020/12/4 09:03:34

シャリマーは本当にフランカーが多い。マチルド・ローラン作のレジェールに始まり、オーデアラヴァニーユ、パルファンイニシアル、そして近年のスフルドゥパルファン…今年12月に限定販売されたのはこの「フィルトルドゥパルファン」。香りの媚薬という、中々の強気ネーミングだ。


シャリマーらしく、フィルトルドゥパルファンはベルガモットの香りから始まる。苦味は控えめ、アールグレイティーを思わせる。オリジナルのシャリマーはベルガモット一辺倒だが、これにはジューシーなレモンと柔らかなラベンダー(モンゲランで使われているような硬くシャープでメンズ的なラベンダーではない)が足されていてとても優しい。ベルガモットの苦味や酸味を丸くまとめているようだ。

シトラスとラベンダーの下から、じわじわっとバニラとバルサムの甘さが拡がってくる。構成にあるジャスミンやローズは、あまり目立たない。たまにふわりと香りが立ち上がってくる程度だ。イメージとしては、アンバー+バニラの泉にフローラルが溶け込んでいるよう。覗きこむと一瞬ローズやジャスミンが映りこんだ気がするけど、再び覗いても何も映っていない、そんなイメージ。

肌に最後にメインで残るのは、アイリスとバニラ。バニラはややインセンスっぽいスモーキーなニュアンスがあるが、汚れているほどではない。少しザラザラして、パウダリーな質感のある甘さ。上の方では柔らかなラベンダーが香っていて、バニラの甘さが沈みすぎないように持ち上げている。持続は5時間程度。


元々のシャリマーの香りをなぞりつつ、ベルガモットの苦味をレモンとラベンダーで整え、レザーっぽいスモーキーさをある程度抑えたバニラで仕立てたこの「フィルトルドゥパルファン」は、シャリマーらしさをしっかりと残しつつより使いやすくアレンジした名フランカーだと思う。やればできるじゃん、ワサ夫!

久々にシャリマーのアレンジを気に入ったのでしばらく付けていたら、「ひょっとしてジッキーに近くないか?」という疑問がわいたので付け比べてみた。
たしかに付けたてはよく似ている。シャリマーがそもそもジッキーのアレンジなので当たり前かもしれないが、ラベンダーが加わることでよりいっそう近いように感じる。
違いは、ジッキーはだんだんと汚れた香り(個人的にはワキガ系の香りに感じる)が出てくるが、フィルトルドゥパルファンはスモーキーさは立ってくるものの、比較的キレイに制御されている。「キツイ」「お香みたい」と言われがちなシャリマーを、シャリマーらしさをなくし若向けにライトな香りにして(名前だけ借りて)アプローチしたのが近年のスフルドゥパルファンなら、今年のフィルトルドゥパルファンのテーマは原点回帰。迷ったときは初心に帰る、大成功だ。


トップ:レモン、ベルガモット、ラベンダー
ミドル:アイリス、ジャスミン、ローズ
ベース:バニラ、トルーバルサム、パチュリ
調香師は、ティエリー・ワッサー。
(フレグランティカより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿123
ゲラン / ローズシェリー

ゲランゲランからのお知らせがあります

ローズシェリー

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:100ml・46,200円 / 200ml・66,000円発売日:2021/9/1

ショッピングサイトへ

5購入品

2021/11/5 14:52:18

淡いピンクのジュースをスプレーすると香ってくるのは、控えめなベリーとツンとしたアーモンド臭。この鼻を刺す辛みすら感じる香りは、ベリー系の香りの再現にとても重要らしい。どことなく杏仁豆腐やアマレットにも似ている気がする。

ベリーの香りはすぐに抜けて、甘く華やかなローズが香り立つ。ローズウォーターやアブソリュートやら、まさに豪華絢爛と言わんばかりのローズ尽くし。拡散力は強く、まるでピンク色のバラの花びらのシャワーのよう。このリッチなフローラルの中に、メタリックなバイオレットがほんの少しグリーンのニュアンスを添える。

ローズの余韻をたっぷり残したままドライダウンへ。パウダリーなムスクがメインだが、肌に付けるとしっかりサンダルウッドが効いているのがわかる。持続は六、七時間といったところ。


ローズシェリーを初めて試したときは、「フレンチキスの使い回し?」と感じた。実際に両方をじっくり比較してみるとかなり違いはあるように思えた。フレンチキスはシンセティックなベリーとパウダリーなムスクが主体のいわゆるメイクアップ系の香りだが、ローズシェリーはローズをこれでもか!と言わんばかりに主張させ、ウッディなファセットで締めたリッチなムスキーフローラルウッディの香りだ。正直に言うと、フレンチキスはラールエラマティエールより高いシリーズにしては香りが少々キッチュだったが、このローズシェリーはフレンチキスのそういった側面を抑えてよりハイエンドラインらしい香りに仕立てられていると思う。


ノート:アーモンド、ダマスクローズウォーター、ダマスクローズ、ダマスクローズアブソリュート、ローズセンティフォリアアブソリュート、ラズベリー、ヴァイオレット
調香師は、デルフィーヌ・ジェルク。
(parfumoより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 31歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿123
PARFUM SATORI / Wasanbon ワサンボン

PARFUM SATORI

Wasanbon ワサンボン

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:-発売日:-

5

2021/3/5 20:56:59

調香師大沢さとりによる数少ない日本の香水ブランド「パルファンサトリ」。なんと、かの有名な「世界香水ガイド」のルカ・トゥリンがサトリの香水の中から五作品(ヒョウゲ、シルクイリス、サクラ、ハナヒラク)を四つ星評価している。ルカの評価が全てではないが、これは驚きだ。この「ワサンボン」は、まさにジャパニーズグルマンとも言えるフレグランス。


トップは甘酸っぱくフルーティーなレモン。フレグランティカではグレープ、公式サイトではマスカットが含まれているそうだが、正直そこはよくわからない。シトラスの酸味よりも快活なフルーティーさが際立つ可愛らしいスタートだ。

ミドルのメインはアーモンド。たっぷりの蜂蜜と砂糖でコーティングされていて、甘くて香ばしい。艶々照り照りにキャラメリゼされたナッツのお菓子のイメージ。奥から香る少しウォータリーなフローラルが抜け感をプラスしている。

ドライダウンはパウダリーなバニラ。パサパサというよりサクサク?ほろほろと崩れるような繊細な粉感に、バニラの優しい甘さが合わさる。しつこくなくて、軽い、まさに和菓子のようだ。ガイアックウッドのドライでスモーキーなアクセントも楽しい。持続は4〜5時間ほど。


グルマン系フレグランスといえばどうしてもケーキやチョコのような洋菓子の香りを模している印象だが、これは落雁やぼうろといった和菓子のイメージがしっくりくる(個人的にドンピシャなのはちんすこう)。構成だけ見ても「これで日本っぽくなるの?グリーンティもチェリーブロッサムも和柑橘もないけど?」と思っていたが、しっかりと日本らしい香りになっている。和っぽくない材料で和っぽく仕上げる調香師の腕が光る作品だ。名前の「ワサンボン」が和三盆=wa sent bonという意味が込められているのも心憎い。

ちなみに、ルカ・トゥリンはお気に召さない様子(一つ星)。
私は好きだ。私は自分の鼻を信じているから。


トップ:レモン、グレープ
ミドル:シュガー、ミモザ、ハニー、アーモンド、スズラン
ベース:アイリス、ガイアックウッド、バニラ
調香師は、大沢さとり。
(フレグランティカより)

使用した商品
  • サンプル・テスター
  • モニター・プレゼント  (提供元:未記入)
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 31歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿123
ディオール / ミス ディオール ブルーミング ブーケ オードゥトワレ

ディオールディオールからのお知らせがあります

ミス ディオール ブルーミング ブーケ オードゥトワレ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:30ml・7,700円 / 50ml・11,220円 / 100ml・16,720円発売日:2008/7/25

ショッピングサイトへ

4

2021/1/29 13:59:52

フランカー乱発and度重なる調香リニューアルでどれがどれだかすっかりわからなくなってしまっているミスディオールのシリーズ。売る方も大変なのでは?日本ではやはりこの「ブルーミングブーケ」が一番人気らしく、店頭でも誇らしげに飾られている。同じ香りのボディミストやヘアフレグランス、ハンドクリーム等が展開されていることから、相当人気のよう。「ミスディオール ブルーミングブーケ」は元々、「ミスディオールシェリー ブルーミングブーケ」という香水のリフォーミュラ。その「シェリー ブルーミングブーケ」があまりにもアジア受けが悪く、再調香されて今の「ブルーミングブーケ」の香りになった(ゲシュタルト崩壊しそう)。


スプレーすると、マンダリンとベルガモットのジューシーなシトラスが広がる。苦味や酸味よりも甘い果汁感に重きをおいた香り。ぱっと晴れやか、爽快なスタートだ。

二、三分もするとすぐにミドルへ。甘酸っぱいフローラルブーケの香りだ。かわいらしいピオニーの甘さと、ヘディオンのジャスミン調の香り、そしてアプリコットのフルーティーなアコードが混ざったフルーティーフローラル。淡いピンク色のジュースにぴったり。どう?嫌いな人いないでしょ?というフランソワ・ドゥマシーの自信が伺える。よく言えば軽やかで嗜好性が高く、悪く言えばわざわざディオールで買わなくてもありそうな香り。ここの香りが約一時間続く。

ドライダウンは、ほぼホワイトムスクだと思う。ソーピーで清潔感重視、ここもスキがないくらい嗜好性が高い。ほんのちょっぴりだけ、パチュリでファインフレグランスらしさを足しているようにも思える。ドライダウンは約二時間ほどで、全体的な持続は三時間程度。


トップ、ミドル、ドライダウンすべて最大公約数を外さない嗜好性の高いアコードで固め、ハンドクリームヘアミストのようなサブアイテムも揃えたまさに完全武装のミスディオール。軽い香りなのに最強装備。スキがない。これで売れねぇならやってらんねぇよ、というドゥマシーの心の声が聞こえそうだ。


香水好きをやっていると、どんどん香りの守備範囲が広くなってくる。シトラスやソープ調の香りしか好きでなかったのが、オリエンタル、濃厚なフローラル、フゼア、シプレ…それまで良さが理解できなかった、いかにも「香水っぽい」香りへの造詣が深くなっていく。ところが日本では、そういった香水らしい濃厚で複雑に変化する香りよりも、ライト&シンプル、ひと吹きでいい香り!と感じて気軽にまとえる香りの方がウケがいい。ブルーミングブーケは、その条件を満たす。

しゅっ、とスプレーすれば、柔らかなフローラルにソーピーなムスク。持続も適度。
どこから見ても完璧に「いい香り」だ。


トップ:シチリア産マンダリン
ミドル:ピンクピオニー、ダマスクローズ、アプリコット、ピーチ
ベース:ホワイトムスク
調香師は、フランソワ・ドゥマシー。
(フレグランティカより)

使用した商品
  • サンプル・テスター
  • モニター・プレゼント  (提供元:未記入)
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿123
シャネル / レ ゾー ドゥ シャネル パリ エディンバラ オードゥ トワレット(ヴァポリザター)

シャネルシャネルからのお知らせがあります

レ ゾー ドゥ シャネル パリ エディンバラ オードゥ トワレット(ヴァポリザター)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:125ml・18,700円発売日:2021/6/4

5購入品

2021/6/18 13:17:33

2018年に発売したシャネルのフレグランスシリーズ「レゾードゥシャネル」。このシリーズは春夏に使いやすいシトラスコロンのような香りが特徴だ。2019年には限定品として「パリ-リヴィエラ」が発売され(今年定番品として再販された)、2021年に新しくラインナップに加わったのがこの「パリ-エディンバラ」。いったいどのような香りなのだろうか?


トップに感じるのは冷たいジュニパーベリーに、アロマティックなサイプレス。fragranticaには記載されていないが、ほんの少しシトラスの気配も。レモンだとかグレープフルーツだとかはあまりはっきりしない、輪郭の曖昧な柑橘の香りだ。レゾードゥシャネルはスッキリとしたシトラスが特徴的なシリーズだったが、ちょっと毛色が違うスタートだ。

五分ほどでミドルへ。ラベンダーのハーバルでアロマティックな香りが出てくる。シャープで男性的というより柔らかくて角がとれていて、淡い紫色を思わせる香りだ。ときおりラベンダーの他にスモーキーで薬っぽい苦味も感じられる。何かと思って調べてみるとピートと呼ばれるものの香りらしい。ピートとは、海藻や枯れた植物が堆積してできた泥炭のことで、ウイスキーに使われる大麦麦芽を乾燥させる際に使われ、その泥炭の香りがウイスキーに移って独特のピート香と呼ばれる香りを醸し出すそうだ。この香りは、ヨードっぽいとか、磯っぽいとかあまりいい香りには喩えられないことが多いらしいが、この「パリ-エディンバラ」のピート香は不快な香りではないので安心してほしい。ラベンダーの淡い紫色の香りに少し奥行きを足す程度だ。

ドライダウンは淡いウッディムスク。バニラの甘さはあまり感じない。トップからミドルまでで二時間、ドライダウンは一時間ほどで香り持ちは三時間程度。


シトラスをはっきり効かせている他のレゾードゥシャネル四種と比べて、ラベンダーやサイプレスのアロマティックな印象が強くキャラが立っているように感じる。トップのシトラスが抑えめな分、柔らかい香りだちなので少し多めに付けても大丈夫。

ただ、抜け感が強い香りなのでオンタイムよりもオフタイム向き、お出かけよりもリラックスしたいときに手が伸びる香りだと思う。ココ・シャネルにこじつけたシトラスコロンはもうお腹いっぱい…と思っていたがなかなかどうして好印象。今夏のスタメンの一本になりそうだ。


トップ:ジュニパーベリー、サイプレス
ミドル:シダー、ベチバー、ラベンダー
ベース:ムスク、バニラ
調香師は、オリヴィエ・ポルジュ。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

123件中 1〜5件表示

新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済

新真昼 さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・32歳
  • 肌質・・・普通肌
  • 髪質・・・未選択
  • 髪量・・・未選択
  • 星座・・・双子座
  • 血液型・・・AB型
趣味
    未選択
自己紹介

香水大好きです!!! 続きをみる

  • メンバーメールを送る