TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順) > アールフレグランス / ノーブルオーキッドへのクチコミ

doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにフォローされていますアールフレグランス / ノーブルオーキッドへのクチコミ

表示
一覧
個別

クチコミ410件中8件目表示

前へ

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 56歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿410
アールフレグランス / ノーブルオーキッド

アールフレグランス

ノーブルオーキッド

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)]

税込価格:-発売日:2017/3/1

5購入品

2022/6/18 04:03:09

R fragranceのノーブルオーキッドは、和蘭の香りをイメージして作られた、女性に人気の高いフローラル香水だ。2017年リリース。50mlボトルで18150円。

◎どんな人、どんなときにおすすめ?
・特に30代以降の女性が使いやすい、落ち着いたグリーン系フローラルな香り。
・和装の「凛」としたたたずまいによく似合うと感じる香り。香水は欧米の作品が多いせいか、日本の着物に合わせられる作品は割と少ないように思う。そういう意味では貴重な和製フローラル。
・同時に、ラグジュアリー&シックなフォーマルシーンにも似合う。ラフな軽装よりも、背筋をスッと伸ばしたいときの使用によい。

◎この香水のよさを3つあげると?
・日本の蘭、和蘭の一種である「春蘭」の香りをイメージした稀有なフローラルであること。ユリやスズラン、ジャスミンと似ているようでいて似ていない、スッキリしたグリーン香とほんのりスパイシーさをもった花の香り。
・R fragrance Japanを立ち上げた日本人調香師、村井千尋さんの繊細な感性が感じられる調香であること。R fragranceのブランドに込められた「Rin(凜)」「Rich(贅沢で豊か)」「Rare(稀少性)」という3つのRが体現された香水。
・誰ともかぶらない、自分だけのシグネイチャーを求める方に似つかわしい香水。「これ」と惚れこんだら一途にその香りを纏い、自身の代名詞となる作品を探している方によく選ばれていること。

●逆に「ここはどうかな?」と感じる点
・好き好きと思うが、ボトル。R fragranceの香りはどれも調香のバランスが秀逸で、技術の高い調香センスを感じる作品が多い。ただスクゥエア型の同一ボトルは、ブラックラベルの幾何的模様が作品によって異なるものの、個々の判別がしづらく香りのラグジュアリーさに対してやや地味めに感じる。自身のシグネイチャーを所有する悦びも、もう1ランクあげたい。個人的にはシンプルなゴールドキャップに何か一つ細工でも、と思うのは贅沢か。

〇香りの展開
ノーブルオーキッドを肌にプッシュすると、最初にとてもみずみずしい感覚を受ける。ジューシーな洋ナシのような香りにたっぷりの水分、そしてグリーンな気配が広がる。その背後からすっきりしたややシャープな花の香りがしてくる。ユリのようでスズランのようで、けれどどこか違う。インドールが少し効いたジャスミンの柔らかなフェミニンが主張している。同時に強く感じるのは涼しげなライラックノート。この2つのフローラルに先述のペア―っぽいフルーティーさが効いて、さながら水辺に咲く可憐な花といった印象のトップ。

5分ほどすると、軽めにミックスされていたシトラスの揮発が終わり、グリーンフローラルが落ち着いてくる。と同時に花の香りがより明確になってくる。これは野に咲く満開の花の香りではない。この花は、水と緑があふれる自然の中でひっそり咲いている。けれどその立ち姿はすっと背筋が伸びて気高く、そして可憐だ。これがこの香水が表現しようとした春蘭の香りだろう。

香りの変化はそれほどなく、最初に感じられる花の香がずっと続く展開。つけて2時間ほどするとわずかなローズ、ひんやり感のあるライラックが薄くなって、ジャスミンの残香が強くなる。ラストは清楚なフェミニンが強調されてくるイメージ。ほんのりウッディと相まって、若々しくふんわりしたジャスミン香でフェイドアウト。ゆうに8〜10時間は肌にたゆたう。

ノーブルオーキッドの香りは、まるで一枚の風景画のようだ。この香水はメインの花香だけでなく、ウォータリーな青い気配、目に鮮やかな新緑のグリーンなど、渓谷の滝をイメージしたとされる自然の「背景」をも香りの色彩で表現している。そしてその中に、目を凝らさなければわからない小さな野の花を置いた。全体が一枚の透明水彩画のように描かれた香り、それがノーブルオーキッドだ。

蘭には多くの種類があるか、日本の春蘭は昔から野山に自生し、愛されてきた花だ。香りがよくて真っ白な種類もある中華春蘭に比べると花姿は地味で緑系が多いが、花言葉には「気品」「清純」「控えめな美」「飾らない心」など、どれも女性にふさわしい物が並ぶ。

林や森のめだたないところでひっそりと小さな花を咲かせる春蘭。それは誰のためでもなく、ただ自分の居場所で自分を咲かせる花。ノーブル(高貴)とは、まさにそうした姿を表現した冠言葉だろう。

渓谷に鳥の声がこだまする。霧がゆっくりと水面をたゆたう。さわさわと木々の緑が鳴っている。木漏れ日が揺れる。小さな花がゆっくりと開いてゆく。

高貴な香気が広がる。山の春蘭が 今 心に一輪咲いた。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・56歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • Twitter
  • 読書
  • 映画鑑賞
  • ブログ
  • 音楽鑑賞

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る