TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順) > FUEGUIA1833 / フンボルトへのクチコミ

doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにフォローされていますFUEGUIA1833 / フンボルトへのクチコミ

表示
一覧
個別

クチコミ404件中8件目表示

前へ

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 56歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿404
FUEGUIA1833 / フンボルト

FUEGUIA1833

フンボルト

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

税込価格:-発売日:-

4購入品

2022/5/7 14:25:22

「自然はさながら一個の巨大な生き物だ。そこにある命は全てつながっている。」世界が生物を細かく分類することに力を入れていた頃、全く真逆の思考を唱えた偉大な探検家アレクサンダー・フォン・フンボルト。彼は全ての生物が「生命の網(ウェブ・オブ・ライフ)」としてつながり、互いに影響し合っていると説いた。ときに今から200年以上前。

「世界の成り立ちを知りたい!」とプロイセン(旧ドイツ)を飛び出し、南米やアジアを旅し続けたフンボルト。アンデス山脈を越え、オリノコ川とアマゾン川の源流がつながっていることを発見し、チンボラソ火山に登ったかと思うと、アマゾン川でデンキウナギの力を試すために馬を感電させてみたり。フンボルトはまさに好奇心の塊だった。ダーウィンの「進化論」の礎を作り、詩人ゲーテに慕われた、近代地理学の祖にして「知の巨人」。

フエギア1833のフンボルトは、その偉大な冒険家の名を冠した香水だ。

フンボルトには、彼が南米のジャングルを訪れた際、地元のインディオたちがパッションフルーツの実を割って食べたときに香ったであろう、爽やかでフルーティーな香りが真空パックされている。

ブランドによると、フンボルトのキー香料には、ベルガモット、パッションフルーツ、タンジェリンの3つが紹介されている。作品系統ではフルーティーに位置する作品。ここから、かなりシトラス系の香水かなと想像しつつフンボルトをスプレーすると、見事に肩すかしをくう。

フンボルトをつけて最初に感じられるのは、かなりスパイシーでグリーンな苦味だ。そして自分の肌では明らかにスパイシーセロリな風合いに出る。

まず何がしかの鼻をくすぐるスパイスがある。ペッパー風のキリッとした香料だ。その背後で塩みの効いたセロリライクな苦味が強く出てくる。総体として自分には「セロリっぽ!」と感じるが、よく嗅ぐと分厚いセドラやオレンジの内側の白い綿の部分、あのアルベドっぽい感じの酸味に、何か別の植物系グリーンな苦味が効いて、それにペッパー風味がのっている印象だ。正直、自分にはシトラス寄りではない。ジャングルの入口。さまざまな亜熱帯植物が太陽に温められた生っぽい匂い、土の匂いがする広大な川、それらを思わせる複雑で不思議なトップ。

5分ほどすると、ギリギリとしたグリーンな苦味の下からふんわりフルーティーな果実の香りがしてくる。酸味とふくよかなジューシー、これはパッションフルーツの果実香だ。ただ、かなりスパイシーグリーンな影をもったフルーツ香。そしてこのかぐわしい香りがどんどん強くなってくる。

船が静かにアマゾンの水面を滑っていく。インディオがジャングルのあちらこちらから船の様子をうかがっている緊張感が漂ってくる。そのスパイシーな気分とは裏腹に、酸味のある熟した果実香もまたどんどん強くなってくるイメージ。

このパッションフルーツの香りがしてくると展開はミドル。そしてフンボルトは、このミドルからがとても穏やかで美しい。ペッパーライクな辛みとグリーン系のビターノートは和らぎ、柔らかくみずみずしいパッションフルーツの甘酸っぱい果肉の匂いが立ちこめてくる。

船は未開の部族の村についた。フンボルトらは敵意がないことを知らせるために両手を挙げて、ゆっくり村に近付く。通訳者が村長に必死の説明をする。目の奥に厳しい光をたたえたインディオの長は、フンボルトの目の奥をのぞきこむ。フンボルトもまた友好的だが力強い視線を返す。

そのとき、酋長は大きく手を振って弓や槍を構えていた戦士たちの武器を下ろさせる。同時に、物陰に隠れていた女達が出てきて歓迎の宴の準備を始める。たくさんのフルーツや獣の肉が運ばれてくる。子どもたちがわらわら出てきてもの珍しげに探検隊の周りをとり囲む。

付けてから6〜8時間、ビターグリーンな植物の影に縁取られながら、フンボルトは穏やかなパッションフルーツの香りを漂わせてドライダウン。それは大自然の中を冒険しながら、植物と動物の繋がり、さらに人との繋がりも確認していったフンボルトの足跡。彼自身のシヤージュ。

全体的に見ると。同じパッションフルーツをフィーチャーした同ブランドのンブクルジャーがミルキー&フルーティーな果実香だとすれば、こちらは森のビターグリーンな香りの中にパッションフルーツを置いたようなイメージ。慣れるとこちらが好き、という方も多い人気の香りだ。30ml新キャップボトルで17600円。

褐色のインディオの手から円くてつるっとした果実が手渡される。それは親愛の印。果実を割ると、黄色のキラキラしたつぶつぶの果肉が出てきた。

森の中で共に食べる。笑顔が世界をつなぐ。パッションフルーツの爽やかな香りがしている。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・56歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • 読書
  • 映画鑑賞
  • 音楽鑑賞
  • ブログ
  • Twitter

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る