TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順) > イヴ・サンローラン / M7 ウードアブソリュへのクチコミ

doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにフォローされていますイヴ・サンローラン / M7 ウードアブソリュへのクチコミ

表示
一覧
個別

クチコミ399件中12件目表示

前へ

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 55歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿399
イヴ・サンローラン / M7 ウードアブソリュ

イヴ・サンローランイヴ・サンローランからのお知らせがあります

M7 ウードアブソリュ

[香水・フレグランス(メンズ)]

税込価格:-発売日:-

4購入品

2022/1/8 03:11:14

「ウード」と呼ばれる香りがある。どんな香りが思い浮かぶだろうか?最近では柔軟剤にまでウードという言葉が見られるようになったので、何となく木の香りかなと思う方もいるだろう。ただおそらく、誰も本当のウードの香りは知らない。なぜなら、ウードは産地や木の種類、熟成の仕方によって、ありとあらゆる香りがあるからだ。

最も高価なウード、つまり沈香は「伽羅(きゃら)」と呼ばれていて有名だ。高品質な伽羅は、100gほどでも何十万円もするという。ウードは、沈香属の木が貴腐菌に感染し、自ら黒い油状の樹脂を出して菌と反応し、50〜300年かけて木全体が樹脂化することで作られる。その木片を焚くと、類い希な芳香が立ちのぼるというわけだ。

このウードの香りは、中世以降の日本や中東で大切に用いられてきた。特にアラブ諸国では、各家ごとにウードを焚きしめ、男性はウードの香油を身体中に「これでもか」と塗りたくっているという。このウードをヨーロッパ向けの香水として初めてフィーチャーしたのが、YSLから2002年にリリースされた「M7」というメンズ香水だった。当時のディレクターはトム・フォード。胸毛をアピールした男性の裸体を広告に使うなど、スキャンダラスな話題を集めたが、残念ながら斬新すぎるM7の売り上げは振るわなかったという。

やがてトム・フォードが辞任し、YSLは彼の遺産をどうしたものかと検討をしたようだ。そこで2011年に生まれたのがM7ウードアブソリュだ。

M7ウードアブソリュ。名前だけ見ると、M7よりもずっとウードが強いように思えるこのオードトワレ。ではいったいどんな香りなのか?

M7ウードアブソリュをスプレーする。肌にのせた瞬間、立ちのぼるのはほんのり甘くジューシーなマンダリンの香りだ。だがそれを全て消し去るほど強く、焦げた木の香りがかぶさってくる。色に例えるなら茶色だ。スモーキーで香ばしく、かん高い木の香り。サンダルウッドやローズウッドのミックスのような。

つけて3分ほどすると、レザーの香りが混じってくる。ウードの香りを「これ」と定義することは前述のように難しいのだが、よく言われるのは五味(辛・甘・酸・苦・鹹)をもった深い木の香りということ。最後の鹹(かん)は塩からさ。その中で言うと、酸味と苦味と辛みが出ている香ばしい木の香り。これがこのトップの香りイメージだ。

次第に香りは乾いてくる。パチュリの暗く湿った土のようなスパイシーもわずかに出て、木の香りが強くなってくる。同時に独特の焦げたスモーキーさと、強い酸味、やや動物の毛の匂いのようなアニマリックが寄り添っているように感じられる。そこにほんのりとハニーの甘さも感じられてくるミドル。

ウードといえば、本場中東で香水を作っているモンタルというブランドがある。モンタルの香水は全てではないものの、かなり高い確率でベースに真っ黒く焦げたウードの香りがあって、試しにダークパープルと付け比べしたところ、M7ウードアブソリュの香りは、ハーバルな葉の香りもしてとても柔らかく感じた。こちらはマイルドウードといったイメージ。

つけて1時間ほどすると焦げ感が徐々に少なくなり、意外にも清潔感あるソーピーなムスクやスモーキーなヴァニラのまろやかさが出てきて減衰する。このラストは比較的多くの方に好まれやすいかもしれない。初代M7の、どこまでいっても暗くアニマリックでスパイシーで焦げた香りとは全く別物のようにスマートなラストだ。

まとめると。

M7ウードアブソリュは、名前だけ見るととても濃いウードを想像してしまうものの、持続時間が3〜4時間と短く、ウードも比較的柔らかく使いやすくなっているオードトワレだ。昨今ではウード以上にレザー香が強い香水も多いけれど、乾いて温かみのあるウッディノートの香水を探している方は試してみるといいだろう。トムほどではないにしても、こうした香水はひげの男性、胸毛や毛の濃い男性に似つかわしいように思う。

M7を作ったものの、当時はウードの良さをなかなか認めてもらえなかったトム。だが彼はYSLを出てすぐ自身のブランドを立ち上げ、ウードウッドという香水を作り、アラブ諸国を中心に世界的に大ヒットを記録した。以後、どこのブランドからも「ウード」と名の付いた香水が出るわ出るわ。

YSLも複雑だったろうな。トムが作ったウードのM7が売れなかったのに、トムが出て行って作ったウードウッドが爆売れして。だからこの名で出したんだろう。ウードアブソリュ。実はM7こそウード香水なんですよ!って。

ウードの香りってどんな香り?それは一概に言えない。でもたぶんこんな感じ。

無精ひげをはやした男性の、分厚い胸元から立ちのぼるワイルドな木の香り。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・56歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • ブログ
  • Twitter
  • 映画鑑賞
  • 読書
  • 音楽鑑賞

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る