TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順) > ルイ・ヴィトン / サンソングへのクチコミ

doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにフォローされていますルイ・ヴィトン / サンソングへのクチコミ

表示
一覧
個別

クチコミ364件中3件目表示

前へ

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 55歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿364
ルイ・ヴィトン / サンソング

ルイ・ヴィトン

サンソング

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)香水・フレグランス(その他)]

税込価格:-発売日:-

5購入品

2021/7/10 11:23:44

真っ青な空。カリフォルニアの青い空。かつてアメリカの若者やヒッピーは、小さな荷物に大きな期待をつめこんで、ヒッチハイクしながらルート66に乗って西へ向かった。西に行けば何かいいことがあると信じて。そこは雨の降らない太陽の光あふれる土地。

ヴィトンのサンソングは、遠く離れたフランスのグラースから、同じくアメリカの西海岸を夢見ていた一人の調香師の強い憧憬が感じられる香水だ。

2019年「コロンのように軽やかな香り立ちながら、オードパルファム並に持続する」という売り言葉で新たに創られたヴィトンの香水ライン、それがパルファン・デ・コローニュだ。現在、5本がラインナップされているが、このサンソングは、最初にリリースされた3作品のうちの1つだ。

カリフォルニアへの旅を想起させる「太陽と空・大地・海」。この3つのモチーフは、それぞれサンソング(黄)、カクタスガーデン(緑)、アフタヌーンスイム(青)に投影され、その美しいカラーボトルが評判を呼んだことも記憶に新しい。ヴィトンのハウスパフューマーであるジャック・キャバリエはさらに、黄色=ネロリ・朝、緑=マテ茶・午前、青=アンバーグリス・午後というふうに、3つのキー香料に大体の時間帯まで割り振り、自らのカリフォルニアへの強い思いを表現していて、並々ならぬこだわりが感じられた。

では、その中で「カリフォルニアの太陽と空」を表現したとされるサンソングは、いったいどんな香りなのか?

サンソングをスプレーする。最初に感じられるのは黄色いレモンの爽やかな酸味だ。夏の早朝、東の空から昇った黄色い太陽が世界を照らし始めるような雰囲気。レモンの後を追ってくるのは、ティー風味が感じられるコクのあるベルガモット、ほんのり甘いオレンジ色のマンダリン、これらがふわりふわりと香り、とてもリフレッシュ感が強い。最初にレモン、次にベルガモットのパワフルな酸味と苦味、それから少し低い香りになってオレンジ系の甘さが出てくるトップ。

とても爽やかで心が高揚するようなシトラスミックスだが、正直この手のコロンタイプの香りは世界中にたくさんある。ただ、つけて1分もしないうちに「お」と思うような香りが下の方からアピールしてきて驚く。

それはとてもクリーミーなファセットをもったオレンジフラワー(ネロリ)の香りだ。ジャスミンの華やかさとゴムっぽいインドール香も出ている。そこに、わずかにグリーンな要素もかいま見える。クラリセージの温かいハーブ香、オレンジの葉の香りがするプチグレンのグリーン、これらがひっそり効いている。これは一見シンプルな香りに見えて、とてもシームレスで上品なミドルだ。

サンソングは、この甘くクリーミーなオレンジフラワーの白いミドル。この香りが全てだ。まるで昇りきったまばゆく白い太陽そのもの。強い朝の光。それがクマリンぽいパウダリーな雲を引き連れて次第に減衰し、甘いムスクでドライダウン。香り立ちは柔らかく、肌が露出している部分につけても、周囲に迷惑をかけない程度。オーデコロンをパシャパシャ体中にたたく感じで、気軽にまとえるタイプだ。それでも穏やかな香り立ちのまま4〜5時間続くので、確かにEDP並の持続力をもっている不思議な香水だ。

ただ。

庶民の自分的には値段は高いと思う。いい香料は使っている。特にオレンジフラワーとジャスミンはすごくいい。とはいえ、もっと安価に代用できるシトラスコロンがあることを知っているので「これだ」という決め手にかける作品だなとは思う。やはりヴイトン価格が気にならないセレブの贅沢リゾート用香水な印象はある。

それでも

この香水はいい香水だと思う。なぜなら、サンソングをつけているといつの間にか好きな歌を口ずさんでいたり、美しいロードムービーのシーンが心に蘇ったりするからだ。そういう香水は好きだ。創った人自身のこだわりや思いが、見えない香りから情景を見せてくれる手合い。

憧れのカリフォルニア。空は青いし、雨が降らない。サンソングの明るくクリーミーな香りに身を任せていたら、古きよき歌に出会った。1972年にアルバート・ハモンドがアメリカでリリースした「カリフォルニアの青い空」。

ハリウッドスターを夢見て、無一文でカリフォルニアへ向かった青年。雨が降らないと聞いたカリフォルニアでは、何もかもが光輝き、全てが上手くいくと思っていた。けれど生活はままならず、その日暮らしがやっと。そんな情景が優しいメロディーで綴られていて、香りとシンクロして歌の歌詞がしみた。

「決して雨が降らないように見えるカリフォルニア でもね 降れば土砂降りなんだ」

見上げた空。カリフォルニアの青い空を思う。心にサンソングが流れている。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・55歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • 読書
  • 映画鑑賞
  • Twitter
  • ブログ
  • 音楽鑑賞

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ

今日の新製品情報