TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順) > PARLE MOI DE PARFUM / TOTALLY WHITEへのクチコミ

doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにフォローされていますPARLE MOI DE PARFUM / TOTALLY WHITEへのクチコミ

表示
一覧
個別

クチコミ365件中9件目表示

前へ

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 55歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿365
PARLE MOI DE PARFUM / TOTALLY WHITE

PARLE MOI DE PARFUM

TOTALLY WHITE

[香水・フレグランス(その他)]

税込価格:-発売日:-

4購入品

2021/6/5 12:36:14

”ライラックってどんな花 時々耳にするけど どんな花か知らない。
花なんて昔からどうでもよかったのに でもライラックってどんな花だろう
たぶん赤くて 5cmくらいの冬に咲く花 そんなに人気はない花だと思うけど”

ブランキー・ジェット・シティの「ライラック」という歌の歌詞。パルルモア・ドゥ・パルファムのトータリーホワイトという香水をつけていると、この歌詞が自然に思い浮かぶ。

真冬。コートを着込んで襟を立てて、ポケットに手を突っ込んで、ベンジーは友達と歩いていろんな話をしてる。でも多分、話をしてるのは友達の方。それも一方的に。切れ目なく独り言のように。楽しそうに。だからこの”ライラックってどんな花”のところもその友達がつぶやいた言葉。真っ白な息と一緒に。ベンジーはそれを笑って聞いてる。だってその友達はちょっと変わってるけど「きれいな心」を持ってるから。

ライラックは冬の花じゃなくて春の花。紫やピンク、白などの花色はあるけど赤はない。そんなことは歌詞を書いてもリリースする前に調べればわかること。なのにその歌詞であえて発表したのは、少年のもつ独特の感覚や感性をリアルに伝えたかったからだろう。

世界のことをよく知らなくて、いつかどこかで銃を撃ってみたいとか思ってて、なのに訳知り顔の大人達の後頭部に、指で作った鉄砲で”Bang!!"とやるくらいしかできなくて。そんな青くさくて残酷で、だけどピュアな少年の気持ち。彼の歌詞にはそれが綴られている。

ベンジャミン・アルメラックが、名調香師である父ミシェル・アルメラックと共に作ったトータリーホワイトも、どこかそんな矛盾に満ちている。トータリーホワイトは、うす紫色の冷たいライラックの香りがするのに、トータリーホワイト(完全な白)と名付けられている香水。2016年発売。50mlで15400円。

トータリーホワイトをプッシュする。付けた瞬間、ツンとしたミュゲのグリーンな感じと、シャープで清涼感ある紫のラベンダーの感じが冷たく広がってくる。そこにキンモクセイ風のプラスティカルな感じと、ミモザのパウダリックもひとさじ加わって、不思議なうす紫色の香りに感じられてくる。

5分ほどすると、ラベンダー様の紫の清涼感は若干うすらいでくる。そして沈丁花のような甘くしっとり低い香りが広がってくる。とても落ち着いた低い甘さだ。ヒヤシンスの青く低い香りに甘さを足した、といった感じがしなくもない。そのせいか、全体に紫系の印象がとても強い。それは香りじたいがとても涼しげに感じられるせいかもしれない。

トータリーホワイトは、この涼しげで甘さのあるライラックノートを基調としたまま減衰していく。ラストはホワイトムスクのソーピーな温かみも感じるものの、それがオーバードーズされたランヴァンのエクラほどではない。人工的な香りが強いエクラよりもずっとライラックの花だ。ふんわり自然なうす紫のライラックの香りを呈しつつ、6〜8時間ほどでドライダウン。

ラベンダーの清涼感(紫)とライラック(うす紫)の甘さ。そこにヒヤシンス(青や紫)のグリーンを感じる香り。これではトータリーホワイトならぬ、トータリーパープルでは?と思うほどに。

そう言えば。紫やピンク系の花色が多いライラックには白いライラックの言い伝えがある。昔、貴族と恋に落ちた娘が、身分差を悲観して亡くなり、そこに手向けられた紫のライラックが一夜にして白く変わったという伝説。そこからライラックは「恋の花」と呼ばれ、フランスでは愛する者へ贈る花束として一般的だという。白いライラックは特に人気があるようだ。

この香水は、調香師ミシェル・アルメラックの婦人が、故郷ノルマンディーの庭に咲いていたライラックを懐かしみ、その香りを再現してほしいという願いから創られたという。同時に、ブランド創業者でもある息子ベンジャミンの大切な思い出の場所、パリのモンソー公園に花々があふれる6月のイメージも重ねている。ジャスミンやミュゲ、ユリなど、白い花の香料を多用して126回も試作・調整を重ねてできた渾身の香り。それがトータリーホワイトという香水だ。

”近くで見ると 赤がオレンジに見えるところがあって 小さく揺れてる
おもいっきり息を吸い込んでみなよ 乾いた唇を閉じたまま
冷たい風と一緒に 花の匂いが体中に広がってゆくのがわかるだろう”

「ライラック」の歌。ベンジーの声が高音の金管楽器のように流れてゆく。ねえ、鼻いっぱいに嗅いでごらん。ライラックの香りを。そいつは心の中まで浸食してから、白い息になって出るんだ。

”明るい光の中で 吐く息は真っ白” 

トータリーホワイト。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・55歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • 映画鑑賞
  • 読書
  • Twitter
  • ブログ
  • 音楽鑑賞

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ