TOP > doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順) > Maison Margiela(メゾン マルジェラ) / レプリカ オードトワレ ビーチ ウォークへのクチコミ

doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにフォローされていますMaison Margiela(メゾン マルジェラ) / レプリカ オードトワレ ビーチ ウォークへのクチコミ

表示
一覧
個別

クチコミ263件中5件目表示

前へ

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿263
Maison Margiela(メゾン マルジェラ) / レプリカ オードトワレ ビーチ ウォーク

Maison Margiela(メゾン マルジェラ)

レプリカ オードトワレ ビーチ ウォーク

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:100ml・12,000円発売日:-

4購入品

2019/7/20 10:43:22

Y美は悲しんだ。足の親指の爪を切っていたら途中で爪が割れた。これからサンダルのシーズンなのに。そう思って舌打ちした。同時に、30代半ばに差しかかって爪も硬くなってきたことを思い知らされ、はぁーとため息をついた。

マンションの窓の外は今日も曇り。もう何日もこんな天気が続いている。せっかくきれいにペディキュアを塗って、今年の夏用サンダルを買いにいこうと思っていたのに。テレビの天気予報は南から太平洋高気圧が張り出してきたと告げている。明日からはやっと夏の陽射しだそうだ。昔付き合っていたサーファーの彼が、いつも天気図とにらめっこしていたことを思い出した。

仕方ない、今日はやめた。ボサボサの髪を後ろでまとめて手早く準備すると、厚底スニーカーを引っかけて肌寒い曇天の街に出た。

デパートをぶらぶらしてメゾンマルジェラの前を通ったときだ。不意に懐かしいような香りがして足を止めた。香水だ。その匂いにつられて中に入った。レプリカ?店員が寄ってこなかったので、いくつかボトルを鼻に近づけてみた。多分これ。そう思ったボトルがドンピシャだった。「ビーチウォーク・オードトワレ」。左手首の内側にスプレーしてみた。とたんに甘いフローラルとココナッツのこんもりした香りが明るく広がった。

懐かしい香り。何だろう?香料表記を調べてみる。

トップ:ベルガモット、ピンクペッパー、レモン
ミドル:イランイラン、ヘリオトロープ、ココナッツミルク
ベース:ムスク、シダー、ベンゾイン

あーそうか、ココナッツが入ってるからだ!一瞬で20代の夏にフラッシュバックする。大学の頃につきあっていたサーファーの彼、その精悍な横顔と焼けたアンバーな肌を思い出す。そして彼が吸っていたパチパチ燃えるような甘いタバコの匂い。夏のビーチはいつもサンオイルや日焼け止めのココナッツの香りがしていた。

ビーチウォークのシリンダーボトルを手に取ってまじまじと見る。キャップはなくて銀のスプレーノズルは小さめ、何だかレトロでセンスがいい。スプレー下には硬いコットンの紐が巻き付けられ、ラベルも布だ。メゾンマルジェラといえば、奇抜な服とか数字を羅列した取れやすいタグのついたブランドくらいの認識しかなかったけれど、デザイナーがジョン・ガリアーノになってからはかなり洗練されてきたと聞いたことがある。ビーチウォークの布タグには、まるで出荷時のチェックステッカーのように作品名や起源となった場所、時期、香りの簡単な説明が記されている。それもわざわざタイプライター打ちしたような簡素で味気ない風情で。

そのラベルには「1972年(フランス領コルシカ島の)カルヴィにて」と記され、香りのイメージは“Sun kissed salty skin”と書いてあった。ああ、何となくわかる。そう思った。ビーチで彼の隣に寄り添うと、パンパンに張った上腕二頭筋がちょうど自分の頬のあたりに来て、ふざけてよくそこにキスしたりかじったりする真似をしたものだ。そのときのしょっぱい味、どこか焦げたようなクリーミーな匂いを思い出してちょっと切なくなった。

彼のライディングをいつも砂浜から見ていた。朝から夕暮れまでずっと。ビーチウォークのしっとりしたイランイランの香りは、あの夏のエキゾティックなムードそのものだ。真夏の太陽の下、時折火照った肌を冷やすために、彼と手をつないで海に入った。見上げた空のまばゆさに、腰まで浸かった深いブルーの海の色に心がときめいていた。トンカビーンの甘さとクリーミーなココナッツの香りがそんな思い出を優しく漂白してゆく。甘く狂おしい夏の日の記憶…。

「いかがですか?こちらルイ・ヴィトンの調香師になったジャック・キャバリエが、92年にメゾン・マルジェラのために作った作品なんですよー♪」

不意に店員に話しかけられて固まった。すぐさま愛想笑いだけ返して、Y美はそそくさとその場を後にした。

ムンとする曇天模様の街。行き過ぎる人の波。いつからだろう?夏になっても海に行かなくなったのは。季節はめぐり、人も巡った。ショーウィンドーに映った自分は、もうビキニの似合う年齢でも顔でもなかった。手首につけたビーチウォークはずっと変わらず、ふんわりとココナッツ&イランイランの香りを漂わせている。あの頃、ひと夏のほとんどを海で一緒に過ごした仲間たちの小麦色の肌と白い歯が、波の音とともによみがえる。

明日晴れたら、電車を乗り継いで久々にあの海に行ってみようか。ただ波打ち際を歩いてみるだけでいい。ビーチウォークの香りに包まれていたら、キラキラと明滅する波と青い潮風に久しぶりに会いたくなった。

うん。じゃその前にやっぱり夏用サンダル買わなくっちゃ。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・53歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • 音楽鑑賞
  • ブログ
  • 映画鑑賞
  • Twitter
  • 読書

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ