TOP  >  doggyhonzawaさんのクチコミ投稿一覧(投稿日時順)  >  Kat Von D / Saintへのクチコミ

doggyhonzawaさん500人以上のメンバーにフォローされていますKat Von D / Saintへのクチコミ

表示
一覧
個別

クチコミ242件中9件目表示

前へ

doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 53歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿242
Kat Von D / Saint

Kat Von D

Saint

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

本体価格:-発売日:-

4購入品

2019/1/26 12:53:22

「タトゥーを隠せるほどのカバー力」で有名なリキッドファンデーションがある。アメリカで人気の「Kat Von D(キャット・ヴォン・ディー)」というコスメブランドの商品だ。セフォラ系なので残念ながら日本では未発売だが、メイクアップアーティスト必携とも言われる彼女のコスメも、ネットでは簡単に入手できる。本当にいい時代になったものだ。

キャットヴォンディーはアメリカの女性刺青師で、その多才さゆえに、モデル、ミュージシャン、TVパーソナリティとしても名を馳せ、2008年から自身の名を冠したコスメブランド、「キャットヴォンディー・ビューティー」を展開している人物だ。自身も身体中にタトゥーをほどこし、HR/HM系バンドとも交流が深く、コスメにもゴシックやロック系のテイストが漂っている。とはいえ、単なるキワモノではない。特に前述のリキッドファンデーション、シェード&ライト コントゥアパレット、そして食べても飲んでも落ちないといういわくつきのリキッドリップなどは、海外セレブからの賞賛の声も高いようだ。

そんなキャットヴォンディーが2本の香水をリリースしている。もちろんこちらも日本未発売だ。初めてボトルを見たとき、グッときた。古典的な百合の紋章、フルール・ド・リスを思わせる波形模様を幾重にも絡み合わせたゴシックなボトルデザイン。白いボトルのセイント(聖人)、黒いボトルのシナー(罪人)、その宗教的対比。すぐさま頭に浮かんだのは堕天使サタンと悪魔人間デビルマン(←昭和だな)。これは絶対に入手しなければならないと心がはやり、試香もせずにポチッとネット買い。(←多いよな)

というわけでボトル&ネーム買いした2017年発売のセイント・オードパルファム。その香りとは?

トップ。つけた瞬間にベリーのような激甘フルーティーな香りが漂う。あ、よくチープな香水にある香りだと残念に思うイントロ。すぐさまその下から苦い香りが広がってくる。プラスティックのようなやや硬質で苦みのある香り。構成を見ると激甘フルーティーさはミラベルのようだ。かつて香水調香を体験した際に嗅いだ、酸味がなく甘い香料の一つだと思い出す。下から広がる苦みはカラメルっぽいロースティーな香りだ。

つけて3分もすると、甘さが次第にまろやかになってきて、柔らかいジャスミンの香りが感じられるようになってくる。主張は弱い。同時に、強烈に甘いカラメルの茶色い香りも強くなってくるのを感じる。甘い、甘すぎる。いまどきこんなに甘い香りはプラダのキャンディが好きな人でもつけないだろうというほど甘い。うーん、よくあるセレブ香水の失敗作かな、とあきらめかけるが。実はセイント、ここからがなかなかいい。

30分ほどたつと、ミラベルとカラメルのダブルパンチな甘さは次第に薄れてきて、全体をクリーミーなヴァニラと透明感あるムスクが支配するようになる。まるで最初からずっとそこにいたみたいに。さながら、どんなに悪魔が甘い言葉で誘惑しても、穏やかに微笑して屈しなかったイエスのよう。支配されていたのは最初から悪魔の方だった。

ほどよい甘さが残ったヴァニラはまろやかで天使の羽根のように軽い。ジャスミンは時折ふっと顔をのぞかせる楽園の花の香りのごとく。そしてムスクは、天上の風のように優しく透明感があって心地よくたなびく。つけてから30分したセイントはとても安らかな香りに満ちている。聖人は最初からここにいたのだ。

ラストはカラメルの甘さが消え、ピーチ様のコクのあるフルーティーな甘さにスライドしてくる。ピーチがラストに出るのは珍しい感じだ。このピーチがヴァニラのクリーミーさ、スッキリしたムスクの風を連れてドライダウン。持続時間はとても長い。9〜10時間以上も香りが続く。まるで神の国の存在が永遠であることを暗示するかのように。

正直トップの苦い甘さは強烈で、そこで「無理」と思う人は多いかもしれない。特に春〜夏やビジネスシーンにはきついだろう。だが秋〜冬の乾いた空気の中では、このグルマンな甘さは需要がある。付けるなら圧倒的に下半身推薦。ウェスト、腿の内側、ひざ裏あたりから上へとのぼらせるべき香り。決して肌の露出してるところにスプレーしないでほしいタイプ。甘さが強いので、人の鼻から遠くに置くべき香り。

人はだれしも心に2つの側面をもっている。聖なる魂、罪深き魂。その両方を抱えて生きている。どこまでも聖なる美しさを求めつつ、人の身体にタトゥーを彫り続ける罪深さも背負い、キャットヴォンディーはこれからどこへ向かっていくのだろう。

聖なる者の香りを感じながら、ふとそんなことを考えた。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済

doggyhonzawa さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・53歳
  • 肌質・・・乾燥肌
  • 髪質・・・柔らかい
  • 髪量・・・普通
  • 星座・・・山羊座
  • 血液型・・・O型
趣味
  • 映画鑑賞
  • 読書
  • ブログ
  • 音楽鑑賞
  • Twitter

もっとみる

自己紹介

いつもご覧いただき、ありがとうございます。週一ペースで香水について細々とレビューしています。 最近はTwitterでも時折つぶやいています。香水… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ