TOP > 芍薬と金木犀さんのLikeしたクチコミ(登録日時順)

136件中 1〜5件表示

新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿116
フレデリック マル / ビガラード コンサントレ

フレデリック マル

ビガラード コンサントレ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)]

税込価格:100ml・33,000円発売日:-

5購入品

2022/1/14 12:00:25

この「ビガラードコンサントレ」の発売は2002年、2001年発売の「コロンビガラード」の濃度違い。柑橘精油といえばなんとなく黄色っぽいイメージがあるが、とにかく着色が大嫌いなJCエレナは精油の色を徹底して抜かせたみたいだ。すっきり無色透明なジュース、やっぱりエレナの作る香水はこうじゃなきゃね。そんなことを考えながらワンプッシュすると、立ち昇るのはツーンと鼻を刺すスパイシーなビターオレンジ。ピリッとしたピンクペッパーに、カルダモンのほろ苦さ、ちょいワキガチックに転がりそうなほどに効いたクミン。そして丸ごとかぶりついたときに香ってきそうなほどフレッシュなビターオレンジ。実際にビターオレンジをかじることはないけれど、そんな風に感じるくらいフレッシュ&スパイシー。

構成をみるとミドルにローズとあるが、フローラルに転ぶことなくオレンジのフレッシュさをキープしていく。スパイシー感は大人しくなっていき、少し果汁感が出てくるように思える。

ドライダウンになってもオレンジっぽさは色褪せることなく続く。そこにプチグレンの乾いたグリーンとシダーウッドで柑橘類の白い綿っぽさがプラスされるイメージ。持続はトップからミドルまでで30分、ドライダウンは4時間ほど。


このフレグランスには分子蒸留したビターオレンジ精油が贅沢に配合されているらしい(なんかよくわからんけどスゴいんだろうな、という感想しかわかないけど)。ミニマルでシンプルなエレナらしさを存分に感じられる香水だ。


トップ:ビターオレンジ
ミドル:ローズ
ベース:干し草、グラス(grass)、シダーウッド
調香師は、ジャン=クロード・エレナ。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
doggyhonzawaさん
doggyhonzawaさん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 55歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿390
PARFUM SATORI / Hyouge/ヒョウゲ

PARFUM SATORI

Hyouge/ヒョウゲ

[香水・フレグランス(その他)]

税込価格:-発売日:-

6購入品

2021/12/25 14:13:37

「織部よ、人と違うことをせよ。」

師匠が点てた茶をいただいた後、手にした黒楽茶碗を拝見していたときだった。千利休はゆっくりとそう言った。二畳の数寄屋。わび数寄の精神を配した簡素な茶室の中には、これまで感じたことのない緊張感が漂っている。それでも師匠の利休は口元に静かな微笑を浮かべ、弟子の織部を見つめていた。一輪の花と茶の香りが静かに流れている。古田織部は心中こみ上げるものを飲み込むように、師に深々と頭を下げた。

1591年、天下人、豊臣秀吉の相談相手であり、影のフィクサーでもあった茶人、千利休は、茶に華やかさを求める秀吉と次第に対立するようになり、遂に堺への謹慎を命じられた。だが利休も弟子の織部も知っていた。秀吉は一度にらみつけた男に対して絶対に容赦しない男だ。近いうち切腹の沙汰があるだろうことを。織部は茶室で頭を下げたまま、どうにかして太閤に直談判せねば、と硬く唇を結んだ。最後の茶を頂いた質素な漆黒の楽椀を見つめながら…。

日本人調香師、大沢さとりさんが作られているパルファン・サトリの香水の中に、かつてこの古田織部の名を冠した香水があった。名はそのまま「織部」。安土桃山時代の茶人、千利休の弟子として可愛がられ、後継の茶人として秀吉、家康、秀忠に仕えた男、それが古田織部だ。その名をとった香水「織部」が「世界香水ガイド3」で香水の帝王ルカ・トゥリンに高評価を得たあたりから名前が「ひょうげ」に変わったことは記憶に新しい。

そして確かに、そのひょうげの香りがすばらしい。

ひょうげをスプレーする。開幕、うっかりユリの茎を手折ったときのような生っぽく青臭い香りが鼻をかすめる。同時に、その青さを包むかのように涼やかな白い花の香りがしている。シャープでみずみずしい茎や葉の香りと、ほんのり甘く冷たい花の香りが、ふわふわと拮抗し合いながら、見事なバランスで香り立つ。ルカ・トゥリンはこのフローラルを「ヒヤシンスとユリ」と表現したけれど、わからなくもない。とても低くて冷たくて、わずかに毒気すら感じる花の香りだ。それが緑の茎と葉の香りの上に咲いているようなトップ。

しばらくすると、冷たくふくよかな花の香りがより明確になってくる。ひょうげの感想を見ると、多くの方が「抹茶の香り」と言っているが、自分の肌の上では抹茶の香りにはならない。これは純然たる「花」の香りだ。花と葉と茎、それぞれが主張しながら調和した1つの花の香りになる。ただ、常に奥に「日本の煎茶」の香りがスッと流れている。

トップからミドルは、それほど変化する感じではない。香料イメージとしてジャスミンやヴァイオレットとあるので、おそらくヘディオンとβイオノンをミックスしてお茶の香りを再現しているのだろう。これはジャン=クロード・エレナが多用するグリーンティーノートの作り方だ。ただ、海外のグリーンティー香水と違って、ひょうげの緑茶ノートは、本当に日本のお茶らしく爽やかであっさりスッキリしていてとてもいい。花の香りに美しい透明な緑色の影を垂らしているようなイメージだ。まるで織部焼きに施された緑色の釉薬のように。

織部焼きは、古田織部が作った前衛的な陶器で、今なお人々に親しまれている。当時の茶碗の名品は「名物」と呼ばれたが、形もいびつで愛嬌のある彼の作品は「へうげ(ひょうげ)もの」と呼ばれた。

ひょうげを付けて1時間ほどすると、お茶の花を模したようなシトラス&ジャスミンっぽい花の香が次第に消失し、ベースにあったお茶の香りが穏やかに広がってくる。ラストはベースのお茶+パウダリーがゆっくりたゆたう。抹茶の香りと評されるのは、こうしたラストのあたりかも知れない。イオノンとアイリスのパウダリーが柔らかく感じられ、和服の装いや白粉の匂いにも感じられてくる優しいラストだ。パルファンサトリの香水は、どれも出力はそれほど強くないが、しっかり一点で香り続ける。持続時間は6〜8時間ほど。近くに寄ってプライベートゾーンに入れる者だけが、このお茶と花と和の装いの香りを聞くことができるだろう。

ひょうげには、西洋香水の「これでもか」とばかりに濃厚な花の香りを組み合わせるのではなく、最小限の厳選された香料を用いて注意深くバランスをとって組み合わせた繊細さが感じられる。まさに、ムダと虚飾を一切廃し、千利休が大切にした侘数寄(わびすき)の心を大切にして作った引き算の香水、彼の茶室そのものの香りだ。

千利休が大阪を去る日が来た。弟子達はみな秀吉の怒りに触れることをおそれ、淀の船着き場には織部と細川忠興の2人しかいなかった。船が出る。織部は見つめた。師の凛とした後ろ姿を。誰に対しても厳しく、そしてどこまでも優しかった師匠を

へうげものが いつまでも 見送っている

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿116
シャネル / レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル 1957

シャネルシャネルからのお知らせがあります

レ ゼクスクルジフ ドゥ シャネル 1957

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:200ml・50,600円発売日:2019/3/8

4購入品

2021/12/25 12:28:32

トップはシャネルらしいクラシカルなアルデヒド。5番や22番を思わせるスタート。そこにみずみずしいベルガモットと、軽く弾けるピンクペッパー、そして少しパウダリーなホワイトムスク。うーん、あまり面白みはないかも。

すぐにミドルへ移行し、クリーンなホワイトムスクを中心に、うっすらとホワイトフラワーを重ねた清潔な香りになる。ここのホワイトムスクがソーピーな印象が強いため、いわゆる石鹸風の香りに落ち着く。

ドライダウンになると、乾いた印象のシダーウッドに、ソーピーなホワイトムスクが少し暖かさを帯びてくる。おそらくカシュメランだろう。そこにほんのりバニラの白い甘さが出てくるともう終わり。ミドルまででニ、三時間、ドライダウンは四時間ほど。

トップからラストまで複数のムスク(8種類らしい)を効かせたこの1957、香り全体の印象は、徹底的に「清潔、クリーン」。トップのクラシカルなアルデヒドさえ消えれば、割と万人に好かれやすい香りだと思う。

しかし、どうにもこうにもお行儀が良すぎる。今のシャネルの香水のイメージを作り上げた三代目専属調香師ジャック・ポルジュのクリエイションとどうしても比べてしまう。こんな当たり障りない香りは、ココ・シャネルのイメージには合わないのだ。

かつてココ・シャネルは「センスのいい香りをほんの少し身につけろ」とは言ったけれど、そのセンスのいい香りはおそらくこんな香りではない。


トップ:ホワイトムスク、アルデヒド、ピンクペッパー、ベルガモット、コリアンダー
ミドル:ホワイトムスク、オレンジブロッサム、ジャスミン
ベース:ホワイトムスク、オリス、シダー、カシュメラン、ハニー、バニラ
調香師は、オリヴィエ・ポルジュ。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿116
シャネル / ル リオン ドゥ シャネル オードゥ パルファム

シャネルシャネルからのお知らせがあります

ル リオン ドゥ シャネル オードゥ パルファム

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:200ml・50,600円発売日:2021/1/8

5購入品

2021/12/10 18:45:21

ガリガリと粗く挽いたブラックペッパーのようなスパイシーさに、生っぽいベルガモット。でもそれはすぐに荒っぽいウッディムスクにかき消される。レザーっぽさもあって、ムスクといえばふんわり広がる優しい香りと思っていると少しびっくりする。

続いてラブダナムとバニラが展開していくが、かなり辛口な甘さ。シャネルのバニラは甘いけど食べられないバニラ。たしかに、シャネルのファッションにわかりやすいグルマンな香りは似合わない。そしてこの段階でも、荒々しいムスクの影は充分過ぎるほど感じ取れる。

ラブダナム+バニラの甘さとベースの力関係が逆転するとドライダウン。トップから感じていたウッディムスクが全面に出てくる。ここまでくるとサンダルウッドのウッディだけでなくパチュリもかなり効いているのがわかる。持続は10時間以上、とても長持ちだ。

海外レビューを見ていると、「ゲランのシャリマー(ヴィンテージ)に似てる」という意見があった。たしか、シャリマーも昔のレシピは今よりもっとムスキーだったとワサ夫も言っていた。

でも、やっぱりこれはシャリマーではない。遠目だとちょっと似ているだけの別人だ。どちらかというとフレデリックマルのムスクラヴァジュールに近いと思う。


トップ:ベルガモット、レモン
ミドル:ラブダナム、アンバー
ベース:パチュリ、マダガスカル産バニラ、ムスク、サンダルウッド
調香師は、オリヴィエ・ポルジュ。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
新真昼さん
新真昼さん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 32歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿116
ゲラン / オー デ バン

ゲラン

オー デ バン

[香水・フレグランス(その他)]

税込価格:-発売日:-

5購入品

2021/12/4 09:34:41

オーデバン=風呂の水。そう考えるとお風呂の残り湯か?と思ってしまうがもちろんそんなことはない。オードトワレ=身支度用の水と同じように、お風呂で使う用のフレグランス、という意味だ。バスルームに使用したり、風呂上がりにまとうための香水。

青い液体をスプレーすると、甘いオレンジブロッサムの香りが拡がる。この感じはどこかで嗅いだことあるなと思ったら、ワサ作のプティゲランのトップに似ている。でもプティゲランと比べると少し甘さ抑えめで大人びているのは、オレンジフラワーの後ろに少しグリーンの気配があるからだろう。

ミドルになると、オレンジフラワーの残香の下からふんわりとムスキーな香りが漂ってくる。ほんの少しアーモンドのツンとした苦味を伴いながら立ち上るムスクの香りは、ソーピー過ぎずパウダリー過ぎずふわふわとその中間をキープしている。

ムスキーな香りに、バニラの甘さが感じられるようになるとドライダウン。持ちはニ、三時間といったところ。


レビューの最初でプティゲランに似ていると言ったが、そちらと比べるとわかりやすい甘さやソーピーな印象は控えめ、よりファインフレグランスらしい香りに仕上がっているように感じた。

バスルームでも使えるものなのでもちろん実際に使用してみた。だいたいニ、三プッシュで充分とのこと。シャワーの湯気に温められてオレンジブロッサム、ムスク、バニラが一気に香り立つ贅沢なバスルームに。いつもの風呂なのになんだか広くなったような気がする(※気のせい)。


旧ボトルは終売してしまったが、今ではラールエラマティエールのEDTライン「レマティエールコンフィダンシエル」のひとつ、「オースクレット(秘密の水)」という名前で値上げして販売されている。オースクレットはキュヴェセクレットの改訂ではないのでご注意を。


トップ:オレンジブロッサム、ベルガモット、レモン、グリーンノート
ミドル:アーモンド、ホワイトムスク
ベース:バニラ、プレシャスウッド
調香師は、ティエリー・ワッサー。
(fragranticaより)

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

136件中 1〜5件表示

芍薬と金木犀さん
芍薬と金木犀さん 25人以上のメンバーにフォローされています 認証済

芍薬と金木犀 さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・64歳
  • 肌質・・・敏感肌
  • 髪質・・・未選択
  • 髪量・・・未選択
  • 星座・・・未設定
  • 血液型・・・未選択
趣味
  • 音楽鑑賞
  • 写真

もっとみる

自己紹介

お越しいただいてありがとうございます。 「自分はぼんやりしているな〜」と 最近気が付きました。 ブランド名「新庄」のすもも。 それから… 続きをみる

  • メンバーメールを送る

フォローメンバーの最新情報

フォローメンバー 一覧へ