TOP > 季節労働者さんのLikeしたクチコミ(登録日時順)

13件中 1〜5件表示

goldenlilacさん
goldenlilacさん 100人以上のメンバーにフォローされています
  • 53歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿302
ゲラン / シャリマー スフル ドゥ パルファン(オーデパルファン)

ゲランゲランからのお知らせがあります

シャリマー スフル ドゥ パルファン(オーデパルファン)

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:50ml・13,860円 (生産終了)発売日:2016/12/1

5購入品

2017/2/8 11:11:16

2016年版の限定ボトル、まだ帝国ブティックなどに在庫があるそう。ご検討中の方はお急ぎを。

北風が吹き荒れ、厳寒の今が一番きれいに香りそうです。

オープニングはビミョー。空港免税店の香水売り場の香り。そこは世界の国々から来た旅人が、思い思いの香りを大量にスプレーする酔いそうな場所。柑橘とアクアと甘みって、どうかするとガソリンぽいわ笑。真冬をお勧めするのも、このトップが抑えられて多少ましなので…(乱暴な物言い、ごめんなさい)

でも続くミドルは夢のよう。ワッサー氏の香水を複数所持していますが、ゲランが彼を迎え入れたわけが心底納得いきました。こんな美しい香りを作る人だったんですね。

それはジャスミンとオレンジブロッサム。どちらも香りとしては大御所ですが、スフルでの両者はかつてないほどきれいです。軽く明るく若々しくて、例えはアレですが、落ち目だった女優さんが春の新作メイクで見違えるように可愛くなった感じ笑

スフル(=風)の命名は納得です。そよ風のようにどこからか素敵な香りが漂ってきて、終日わくわくそわそわが止まりません。

そしてシャリマーらしく温かみのあるバニラでおしまい。ここまで辿り着くとようやく「そういえばシャリマーだった」と思い出します。終わり良ければ総て良し、本当に素敵、明日もつけようって思うんです(で、翌朝スプレーするとガソリンでげんなりするという笑)

ところでラストにパチュリ、入っていたんですか?日本の公式HP見てきたところです。普段はGuerlain Fr /Guerlain USA /Fragranticaの3サイトをメインに確認していますが、そのどれにも記載がなく知りませんでした。どちらが正しいのか。。

少しでも節約したくてパリで買ってきてもらいました。6千円台です。通常ボトルです。青ですが微かにピンクに偏光し美しいです。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
かえーでさん
かえーでさん 100人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 37歳
  • 乾燥肌
  • クチコミ投稿344
ゲラン / ネロリ ウートルノワ

ゲランゲランからのお知らせがあります

ネロリ ウートルノワ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:100ml・46,200円 / 200ml・66,000円発売日:-

ショッピングサイトへ

7購入品リピート

2020/1/6 02:20:23

最初に試香した時はピンとこなかった香り。ベルガモット大好きなのでトップはおっ!となりますが、途中からエグミが気になって。
なのに一昨年、体臭か肌質が変化したのか嗅覚の変化かわかりませんが、ある日突然スッと自分に馴染んできて、そっと自分に寄り添うイメージがあり購入。


比較的拡散性が強いと感じますが、香り自体が重くないためつける場所は悩まないです。一年中使えます。

ネロリはラストまで続きます。華やかと爽やかの共存。私、ゲランのネロリってあまりハマらないのですが調香師が外部のせいか不思議とピタリと寄り添ってくれます。
ネロリといえばトムフォードのネロリポルトフィーノが好みですがあちらはキラキラ、いやギラギラした太陽を浴びたネロリならばこちらはもっと落ち着いた凪の海のような大らかさのあるネロリ。どちらも好きな香りですが持続の面ではゲランの勝利。
トムフォードはコロンレベルの持続ですが、それでも好きなのでもう何本消費したかわかりません。こちらは少なくとも6時間は持続します。真夏などで汗をかいてたらもう少し短くなります。


特に好きなのは、トップの柑橘が消えてミドルで紅茶が出るあたり。気温や体温によっては甘みも出てくるので紅茶の渋さとネロリの華やかさ、そこにまろやかな甘みが出た時がたまりません。

でもラストも捨て難く。
フレグランスは胴体につける場合が多いですがこちらは、たまに耳の裏につけます。皮脂が多い場所のせいか、香り方が柔らかくなり、体温も高い場所なのでさっさとラストにいってしまうのですが、体臭と混ざった甘さがたまらなくいい。
胴体につけた時とはラストが異なるので、あれ、私今日は何つけてきたっけ?となるくらい違います。

胴体での少しミステリアスな雰囲気のラストも、ネロリの存在がしっかりありつつ重くなりすぎず好きですが、耳の裏ラストの至高さには勝てない、、
混む電車に乗る時などは耳の裏は控えるのでどうしてもあのラストが恋しくなったら寝香水とか家にいる日に。


単品であまりに完成された香りなので、デリスドゥバンのローションやドゥーブルヴァニーユとのレイヤリングをしようと思ったことがないです。

ユニセックスで使える香りなので服も選びませんし、一番使い勝手がいいので減りも早めです。
なくなったら間違いなくリピートします。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
★キャプテンD★さん
★キャプテンD★さん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 42歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿168
ル ラボ / GAIAC 10

ル ラボ

GAIAC 10

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)香水・フレグランス(メンズ)]

税込価格:1,650円 / 15ml・17,050円 / 100ml・61,600円発売日:-

7購入品

2017/10/2 23:49:53


私がルラボに強い興味を感じたのは、ネットで創業者のエディ・ロスキーのインタビューを読んだ時に、彼が日本人というアイデンティティを実に的確に捉えていたからだ。
特に、彼自身が実際に体験したという華道について、ただ花を観るという結果だけではなく、そこに辿り着くまでのステップバイステップというプロセスをすごく大事にしていることを、とてもいい文化だと感じた、その感性に興味を持った。
さらに2007年、創業の地ニューヨークにつづく2店舗目の路面店を、パリやロンドンでなく、正直、ほとんどフレグランスが売れないこの日本(代官山)を選んだことに、思いっきり好感を抱いた。

ガイアック10はそんな日本を象徴した、東京限定の香り。2008年発売。

この香りは禁断の香りだと思う。
なぜなら、ガイアック10のコンセプトは、賦香率が30%とパルファム級に高いも関わらず、その香りは周囲にフレグランスを付けている印象を与えないくらい、繊細さや気遣いをキーワードにしているからだ。
それくらい香りが優しく肌になじむため、“スキンパフューム”と呼ばれているとのこと。
このフレグランスを理解するには、時間と知識も必要になってくるとのこと。

こういう香りに触れて、こういう香りを理解してしまうと、もう後戻りできないのでは、と距離を置いていたが、何回か店頭で試しているうちに、ついに我慢できず買ってしまった。

ガイアック10にはトップが存在しない。店頭でムエットにつけても、繊細すぎて店内にあるさまざま香りに埋もれてしまい、ほとんど香りを感じ取れないため、外で香りを嗅いでくださいと言われるほど。

実際には、アルコール臭が飛んだ後、ガイアックの少しだけスパイシーで、硬さのあるウッディ感に、ウエットなムスクが合わさった、スモーキーなウッディ・ムスキーな香り。
スモーキーな中に、少しずつオリバナムのミルキなー酸味が加わり、透明感、清潔感が増していく。
2時間ほど経つと、ガイアックとセダーウッドのドライなウッディ感が増して、さらにオリバナムの酸味がアクセントになることで、柔らかいムスクに沈むことなく、硬いウッディが香る。付けてから2時間くらいは至福の時間を味わうことができる。

さらに2時間ほど経つと、オリバナムが弱まり、ウッディの余韻と、柔らかいムスクの香り。その後は儚げなムスクの香りが6時間以上続く。
男性にはムスクの香りに気づきにくい人が多いという。もしかすると、ウッディが抜けた後のムスクの残香が分からないのではと感じてしまうくらい、柔らかいムスクの香り。
そもそも香り立ちもソフトなため、両腕に1プッシュずつだと、周囲の人にほぼ気付かれないレベルだ。

このフレグランスの主役は、何と言ってもガイアックウッドとオリバナムだと思う。
ガイアックウッドのスモーキーで、バニラのようなふくよかな甘さのある香りは、人をリラックスさせ、身をゆだねるような気分にさせるため、瞑想をするときに役立ち、神経の緊張を和らげる作用があるとのこと。
また、オリバナムはフランキンセンス、和名では乳香といい、柑橘系の酸味と、樹脂のクリーミーな甘さを合わせたような香り。古代エジプト時代から、その金色の樹脂を焚いて、不安や緊張、強迫観念を取り去るために使用していたとのこと。
このガイアックウッドとオリバナムを、上質なムスクがフレグランスとしてまとめ上げたような香りだ。

個人的には、ムスクに包み込まれてしまう手前の、ガイアックとオリバナムが肌に寄り添って、安らかな癒しを与えてくれるところまでが好みだ。

トップに効く香りもなく、賦香率も高く、アルコールが少ないため、香りはほとんど拡散しない。電車などで近くにフレグランスを付けている人がいると、完全に負けてしまう。鼻に刺さってこない香り。

周囲に気付かれず、自分だけが柔らかくて、少しだけ甘さのあるウッディに包まれているようで、完全に自己満足の世界。贅沢なフレグランスだと思う。

しかし、フレグランスが好きな人間としては、この素晴らしい香りを、少しだけ広範囲に、少しだけ強く香ってほしいと願ってしまう。

いや違う、このフレグランスのコンセプトはそうじゃない。このフレグランスを理解するのには、もう少し時間と知識が必要だと感じる。

まだまだ理解するところまでは至っていないが、周囲に香りを拡散せずに、過度なストレスから安らぎ感を得て、自分自身をリセットするための香り。少しずつではあるけど、こういう香りがあってもいいのではと理解しはじめている。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
★キャプテンD★さん
★キャプテンD★さん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 43歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿168
フレデリック マル / フレンチ ラバー

フレデリック マル

フレンチ ラバー

[香水・フレグランス(メンズ)]

税込価格:100ml・33,000円発売日:-

6購入品

2019/7/14 10:14:49

フレデリック・マルの香りは面白い。

フレデリック・マルのコンセプトは、エディション ドゥ パルファム(香りの出版社)として、12名の調香師たちと共に、至高の嗅覚の世界を創り上げることとしている。
マル自身は編集者として調香師たちに寄り添うのみで、あとは調香師たちに任せる。
依頼主のオーダーに応えるという制約や、時間・原料・コスト等の一切の制限がなく、創造の限界が取り払われているため、当然、ぶっ飛んだ香りが多い。キャラが濃すぎて、肌につけることすら躊躇してしまう香りすらある。
まさに香りの万国博覧会で、鑑賞していて面白くないはずがない。

なかでもピエール・ブルドン作のフレンチ ラバー(2007年)は、確固たるキャラと、上品な男らしさを兼ね備えたメンズフレグランスの名品だと感じている。


トップはスパイシー-グリーン。唐辛子を思わせる強いホットスパイシー、そしてウッディ要素を持った非常にメタリックなガルバナムグリーンの組み合わせ。ここまではっきりガルバナムを感じる香りは少ない。パンチの効いたオープニングだと思う。

ミドルはグリーン-ウッディ。キーの高いところでスパイシーを香らせながら、ガルバナムのグリーンの部分をアンジェリカが、ウッディの部分をセダーウッドが、それぞれ厚みを持たせていくようなイメージ。このグリーンやスパイシーの爽快さと、ウッディの奥行きがとてもバランス良く、颯爽としつつも、深みのある男性的な香り。

ベースはウッディ-アーシー。インセンスやベチバーで徐々にウッディの深みや硬さが増していくが、オークモス、ホットスパイシーの残香も効かせているため、キリッとした印象も残している。そこからインセンスやセダーウッドやサンダルウッドのビターなウッディ感が増していくが、ムスクを合わせることで、最後まで暗く沈むことなくウッディの余韻に浸れる。

全体的に大きな変化はなく、爽快な香り出しから、徐々にウッディの深みが増して、落ち着きのある香りにたどり着く。
カチッとしたアンジェリカやスパイシー、そしてウッディ、その中間にガルバナムを配置したシンプルな設計であるが、このバランスが秀逸で、知的だけれど硬派な男らしい香り。じじくさくなく、颯爽・精悍とした表情も見せてくれる。
特にアンジェリカの使われ方が特徴的で、いわゆる森林系ウッディや、シトラス系ウッディ、ハーバル系ウッディ、マリン系ウッディに当てはまらない都会的なグリーン系ウッディの香りで、キャラもしっかり立っている。

通年使える香りだと思うが、夏にはもう少し爽やかさが欲しくなり、冬にはもう少し甘さが欲しくなるため、春秋向けの香りと感じていた。しかし、気温が上がらずでもジメジメした、使うフレグランにも困る今年の夏、このフレンチ ラバーがぴったりとはまった。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品
★キャプテンD★さん
★キャプテンD★さん 500人以上のメンバーにフォローされています 認証済
  • 43歳
  • 普通肌
  • クチコミ投稿168
ジャンパトー / ジョイ

ジャンパトー

ジョイ

[香水・フレグランス(レディース・ウィメンズ)]

税込価格:15ml・50,600円発売日:-

7購入品

2019/3/10 15:39:38

「JOY」という名のフレグランスは、ジャン パトゥのジョイ以外考えられない。
なぜなら、ジャイのパルファムは真のプレステージなフレグランスだから。
あえて「真」にこだわるのは、ジョイはストーリーでもなく、ボトルでもなく、調香でもなく、ましてやプロモーションではなく、フレグランスでもっとも大切な素材そのものにこだわった香りだから。ジョイはジャスミンやローズなどがふんだんに使用された、世界でも最も製造費のかかる香水の1つと言われている。

オートクチュールデザインで名声を博したジャン パトゥであるが、彼の本当の伝説は、贅沢な素材をふんだんに使用し、完璧を追求する姿勢から生まれたフレグランスにあるとされる。なかでも1930年に発売されたジョイは、世界恐慌の憂鬱のなか、暗い時代に生きることの純粋な喜びのシンボルとして大成功を収め、「伝説の香水」と言われるに至った。

先日、香水コレクターの友人から状態の良いジョイ パルファムのビンテージ品をいただいた。改めて、伝説の香水ジョイを嗅いでみると、、、

トップはフローラル。いきなりフローラル全開! ハンパないフローラルの濃さ。まず最初に鼻を刺激するのはチュベローズ。ジャスミンからオレンジフラワーの華やかさをさらに強くし、フルーティな甘さを合わせたようなとてもナチュラルなチュベローズの香り。チュベローズにイランイランが女性らしさを添えることで、みずみずしく華やかな花々の香りがパッと拡散する。

ミドルはフローラル。みずみずしさが収まってくると、艶のあるローズが香る。うっとりする上品なローズの香り。そこからローズの甘さと酸味が出てくると同時に、奥からは強いジャスミンが香る。スパイシーやインドールの効いたアニマル調の強いジャスミンではあるが、ローズの甘さや酸味と重なることで、豊潤なフローラルを楽しむことができる。

ベースはウッディ-ムスキー。ミドルのローズやジャスミンが乾いていきながらも、サンダルウッドとムスクが、その乾いたフローラルをパウダリーな石鹸がやさしく包み込む。最後は上品なソープ調ジャスミンの香り。

記憶ではジョイ パルファムはもっとアルデハイドの効いたフローラルだと思っていたが、とんでもない、直球フローラル全開な香り。どうやらオードゥパルファムと勘違いしていたようだ。

ジョイは高品質な天然香料を惜しげもなく配合しているといわれ、1オンス(30g弱)に約10,600個のジャスミンと28ダース(336個)のローズ・ドゥ・メが凝縮されているとのことで、実際に香りに触れてみると、これでもかと香ってくるローズとジャスミンの香りに驚かされる。
特に最近の香りに慣れてしまうと、ここまで強いフローラルは、逆に香水らしく映らないかもしれない。
天然香料の場合、残香が良くないなどクセがあるのも事実。ところがジョイは、ローズやジャスミンのクセを、そのローズとジャスミンを絶妙なバランスで合わせることで、見えにくくしている。伝説の香水と呼ばれる所以が、贅沢な素材を作ったからだけではないことがわかる。

ジョイを肌に合わせてみると、トップこそ「ここは花畑?」と感じてしまうほど強いフローラル香が部屋に充満するが、ミドル以降はピタッと肌に馴染んでしまったかのように、それほど拡散しない。下半身に乗せてみると、ほんのり上品なフローラルの香りがほぼ1日香ってくれる。

クラシカルなフローラルの香りといえば、やはりシャネルN°5(1921年)を思い浮かぶ。N°5はフローラルに加えてパウダリーや甘さや深みが強く、きちっとメイクアップしたような香りで、上品な色っぽさ、包容力や自信など、完成された女性を感じる。まさに「女性の香りのする、女性のための香り」。
一方ジョイは、上質なフローラル感のみが強く、もっともっとナチュラルメイクに近い女性をイメージしてしまう。※とはいえどちらもつけすぎ注意
やはり、どちらも長きにわたって世の男性女性の心を離さない魅力的な香りであることは間違いなく、どちらも手元置いておきたいフレグランスだ。

心配なのは、ジャン パトゥ社を買収されてしまい、ディオールから「ジョイ(JOY by DIOR)」が発売された。伝説の香水ジョイがこれから先も続いていくことを切に願う。

使用した商品
  • 現品
  • 購入品

13件中 1〜5件表示

季節労働者さん
季節労働者さん 認証済

季節労働者 さんのMyブログへ

プロフィール
  • 年齢・・・31歳
  • 肌質・・・混合肌
  • 髪質・・・普通
  • 髪量・・・多い
  • 星座・・・牡牛座
  • 血液型・・・O型
趣味
    未選択
自己紹介

持ってるor欲しい香水の備忘録してます。 好きな香りは季節と気分によるので統一感はありません。↓ エンヴィ、ギルティ オー、ブルーム/グッチ マ… 続きをみる

  • メンバーメールを送る